私の知人所有のしょぼいプロレスマスクコレクション等です。 どうぞ、お暇なら見て笑ってやって下さい。とほほ…

マスカラスのマスクが欲しくテレビ局へ応募
タイガーマスクの四次元殺法に狂喜
休刊した週刊ファイトの元愛読者の彼

【非売品】 GHCタッグチャンピオンベルト(初代)本物

2017年11月02日 15時39分57秒 | プロレスグッズ

レジー・パークス製GHCタッグベルト(初代・本物)。

期間は短命でしたがベルト誕生当初の授賞式で取り扱われたもの。

小橋建太(第6代・第12代)、佐々木健介(第18代)、高山善廣(第3代・第21代)、永田裕志(第7代)、秋山準(第5代・第14代・第23代)、丸藤正道(第10代・第16代・第27代・第34代・第39代)、KENTA(第25代)、杉浦貴(第16代・第27代・第31代・第38代)、潮崎豪(第26代・第36代・第40代)、マイバッハ谷口(第25代・第30代・第36代・第39代)歴代王者10名の直筆サイン入り。

全長約1,260mm。

重量約2.7~kg

ストラップ本革。

収納袋無。

刻印無

 21世紀に誕生した新たなる王者、それがGLOBAL HONORED CROWN(通称GHC)である。直訳すれば"地球規模の崇高なる王位"。ただ強さだけを追い求めるのではなく、レスラーとして、1人の人間としてより完成された王者を目指し、己を磨き上げていく。つまり向上心なきものはその座に値しない、まさしく崇高なる王位なのである。ベルトのデザインは文字通り地球を中心のシンボルとして配置し、下の部分にはプロレスリングNOAHのイメージともいえる荒波、上部の左右に2匹の一角獣が見守り、中央に王冠が位置されている。この一角獣は中世ヨーロッパの物語に出てくる想像上の生き物であり、大変誇り高く、かつ荒々しく獰猛といわれ、この王座を狙う屈強なるレスラーの面々に例えればピタリとはまるかも知れない。いずれにせよ、真の王者を目指して繰り広げられる今後の防衛活動に男たちは苦闘の連続を強いられることとなるだろう。しかしそんな戦いを経験してこそ、王座の権威というものは高まっていく。そして権威が高まっていけばそれと同時に、王者としても心身共により自分を磨き上げていかなければならない。

プロレスリング・ノア公式サイトより

GHCタッグ王座

 

GHCタッグ王座は、日本プロレス団体であるプロレスリング・ノアが管理するタッグ王座(タイトル)。

 

グローバル・オナード・クラウン

 

グローバル・オナード・クラウンGlobal Honored Crown)は、プロレスリング・ノアが管理するチャンピオンベルトの名称。略称はGHC

 

ノアに存在していたチャンピオンベルトは他に秋山準が管理委員長を務めていたグローバル・ハードコア・クラウンがある。

 

概要

 

2001年4月15日、グローバル・オナード・クラウンを創立。GHC管理委員長にはジョー樋口が就任していたが2010年11月8日に死去したため、GHC管理委員だったハーリー・レイスがGHC管理委員長に就任。樋口の入院中はGHC管理委員を務める永源遙が認定証を読み上げた。2012年1月15日にケビン・フォン・エリック、7月23日に力皇猛がGHC管理委員に就任。

 

直訳すれば「地球規模の崇高なる王位」の意味で、ただ強さだけを追求するのではなく、繰り広げられる激闘の中でプロレスラーとして1人の人間として誇り高い王者の権威の完成を目指している。

 

ヘビー・タッグ・ジュニアヘビー・ジュニアタッグの王座それぞれにテーマ曲が設けられており、選手権の選手入場前には各王座のテーマ曲が流れる。これを実施している団体は当初はノアだけだったが近年、新日本プロレス全日本プロレスでもヘビー級王座前にはテーマ曲が流れている。

 

GHC選手権ルール

 

  • 試合時間は60分1本勝負。
  • 試合の決着はフォール、ギブアップ、KO、TKO、レフェリーストップ、リングアウト、試合放棄、反則で決まる。いずれの場合も挑戦者が勝利した場合は王座が移動する。
  • 引き分けは時間切れのみ。両者リングアウト、両者KO、両者反則、無効試合で終了した場合は即日再試合を行う。いずれも対戦者同士の合意があればルールを変更することができる。

 

GHC王座

 

 

封印された王座

 

Wikipediaより

 

 

『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【非売品】 NWA世界ヘビー級... | トップ | 【非売品】 CMLL世界ヘビー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

プロレスグッズ」カテゴリの最新記事