私の知人所有のしょぼいプロレスマスクコレクション等です。 どうぞ、お暇なら見て笑ってやって下さい。とほほ…

マスカラスのマスクが欲しくテレビ局へ応募
タイガーマスクの四次元殺法に狂喜
休刊した週刊ファイトの元愛読者の彼

【非売品】 NWA世界チャンピオン 直筆サイン

2017年11月02日 15時35分40秒 | プロレスグッズ

歴代のNWA世界チャンピオンの直筆サイン。

(画像1枚目)鉄人ルー・テーズ 直筆サイン色紙2枚、WRESTLING LEGENDS直筆サインカード1枚、直筆サインポートレート1枚

(画像2枚目)野生児バディ・ロジャースWRESTLING LEGENDS直筆サインカード1枚、ディック・ハットン 直筆サイン色紙1枚、マットの魔術師 パット・オコーナー 直筆サイン色紙1枚、荒法師 ジン・キニスキー 直筆サイン色紙1枚、直筆サインポートレート1枚

(画像3枚目)ドリー・ファンク・ジュニア 直筆サイン色紙1枚、テリー・ファンク 直筆サイン色紙1枚、美獣 ハリー・レイス 直筆サイン色紙1枚、南部の麒麟児 ジャック・ブリスコ 直筆サイン色紙1枚、直筆サイン入ブロマイド1枚、アメリカン・ドリーム ダスティ・ローデス 直筆サイン色紙1枚 

その他 ジャイアント馬場/トミー・リッチ/リック・フレアー/ケリー・フォン・エリック/ロニー・ガービン/リッキー・スティンボート/スティング/藤波辰巳/蝶野正洋/ザ・グレート・ムタ/バリー・ウインダム/ダン・スバーン/小川直也/ビル・ゴールドバーグ等/以下 ジュニアヘビー ダニー・ホッジ/ヒロ・マツダ/ケン・マンテル/ネルソン・ロイヤル/レス・ソン・ソントン/ジェリー・ブリスコ/タイガーマスク/ザ・コブラ等 以上 直筆サイン色紙各1枚

NWAは、アメリカ合衆国プロレスプロモート連盟。正式名称はナショナル・レスリング・アライアンスNational Wrestling Alliance、全米レスリング同盟)。

複数のプロレス関連組織がNWAを名乗ったが、今日において一般的にNWAと呼ばれるのは、このナショナル・レスリング・アライアンス(全米レスリング同盟)である。そのため、本項では全米レスリング同盟についてを中心に記述している。

歴史

発足

1948年7月に、アイオワ地区のプロモーターであるピンキー・ジョージが中心となり、セントルイスのサム・マソニックやミネアポリスのトニー・ステッカーら5人のプロモーター達と共に結成された。第二次世界大戦後、プロレスを再興させるために「世界タイトルの認定」を行い、世界王者を抱えることによって興行的に大都市のプロモーターに対抗する意図があった。あくまで連盟であるため非営利組織であったが、談合カルテルとしての側面を持ち合わせており、1956年には独占禁止法違反により司法省に告訴された。

黄金期

当初、ピンキー・ジョージは、アメリカ中西部地区に限った統一世界王座の構想を持ち、NWA結成を呼びかけたが、瞬く間に加盟するプロモーターの数が増え、間もなく発足メンバーの1人であるサム・マソニックに実権を奪われた。以降、1960年代から1970年代にかけては、マソニックのリーダーシップにより黄金期を形成。ボブ・ガイゲルフリッツ・フォン・エリックエディ・グラハムジム・バーネットジム・クロケット・ジュニアなどのプロモーターが繁栄テリトリーを築き、フラッグシップ・タイトルのNWA世界ヘビー級王座はプロレス界における世界最高峰の王座とされた。しかし、1980年代前半に入り、ケーブルテレビの普及やオイルショック以降のガソリンの高騰(当時多くのレスラーは現在以上に車で移動していた)、WWFとの興行戦争などにより、低迷する加盟地区が続発、NWAの力も衰退していくことになった[1]

衰退期

1984年、WWF(現:WWE1983年まではNWAの一員だった)が豊富な資金とケーブルテレビの活用を背景に全米に勢力を拡大し始めると、次第に興行に行き詰まる地区が続出。AWAバーン・ガニアと組んで対抗しようとしたが、資金力と団結に劣るNWAに勝ち目はなく、衰退の一途をたどり始める。1980年代後半に入ると王者リック・フレアーを擁するノースカロライナ州のプロモーター、ジム・クロケット・ジュニアの権限が強大化しNWA内部のバランスが崩れ、アライアンスとしてのNWAの体制は形骸化。ダラスのプロモーターで元会長のフリッツ・フォン・エリックのようにNWAからの独立に活路を求める者まで出る始末だった。しかし、ジム・クロケット・プロモーションズもWWFとの興行戦争に敗れ経営難となり、1988年11月の当時、テレビ放映権を持っていたテッド・ターナーに買収され、新団体、WCWが発足する。WCWでは買収後はNWA王座とWCW王座のタイトルマッチを並行して行っていたが、1993年にWCWもNWAから脱退した。

衰退後

WCWの脱退後もNWAは団体として存在するものの、マイナータイトルの1つという位置付けにすぎず、かつての威厳はない。1994年8月、当時加盟していたECWにおいてNWA世界ヘビー級王座の王座決定戦が行なわれたが、王座を獲得したシェーン・ダグラスは「こんな王座に価値はない」とチャンピオンベルトを投げ捨てる暴挙に出た(この一件でECWは脱退している)。かつての権威を取り戻す動きを起こしても、WWEの勢力が強く、また当時とはプロレスの位置付けや見方が大きく変わっているために、苦戦している。

その中でも2002年に設立されたTNA(Total Nonstop Action)はNWAに所属する団体の中で急速に勢力が拡大している団体であり、単一メジャーのWWEに次ぐ勢力となりつつある。元WWE出身の選手も多く在籍する。しかし、2007年5月にNWAと業務提携を終了、NWAからタイトルを剥奪され 、TNA独自の新タイトルに切り替えることになった。

その他、ジョージア地区のNWAアナーキー(NWA Anarchy)は、2005年4月まで存続した団体、NWAワイルドサイド(NWA Wildside)の後を継いで、毎週全米とカナダで週1回のテレビ番組を供給している。NWAプロ・レスリング(NWA Pro Wrestling)は、ルチャ・リブレを取り入れたスタイルでアメリカ南西部地区、カリフォルニア地区、ニュージャージー地区を中心に興行を行なっている。

2008年には、EMLL(現:CMLL)のスターであったブルー・デモンの息子、ブルー・デモン・ジュニアがNWAメキシコ(NWA Mexico)を創立。彼はルチャドールで初めてNWA世界ヘビー級王座に就いた。

現在

2012年テキサス地区のブラウンズビルのプロモーターで、NWA会員のブルース・サープが加盟団体の保険制度に不正があるとし、NWA理事会に提訴するが、NWAの専務理事がこれに応じなかったため、裁判となり、同年8月にサーブがNWA標章の権利を勝ち取り実権を掌握。これ以降、NWAは加盟プロモーターによる合議制から、加入希望者がNWAに対し標章使用料を支払うライセンス制度に変更され、現在に至っている。

日本のプロレス団体との関係

日本では、日本プロレス(以下日プロ)が1960年代後半にNWAへ加盟したが、それ以前にも正式な加盟はしていなかったものの、力道山の存命中から、当時の世界王者であったルー・テーズの招聘を実現させタイトルマッチを組むなどNWA本部とは友好な関係を構築し、正式な加盟後も日プロは崩壊までメンバーであった(名義人は芳の里淳三)。

全日本プロレス(以下全日本)に関しては、ジャイアント馬場アメリカ遠征時代からNWAとの関わりが強く、全日本創立直後に芳の里がすでに加盟していたにもかかわらず臨時総会まで開いて加盟が認められている(全日本と友好関係にあったアマリロのプロモーター、ドリー・ファンク・シニアの強力な働きかけによるとされる)。1984年より馬場は、全日本の会長の立場で4期に渡って日本人唯一のNWA第一副会長を務めた。だが、ジム・クロケット・ジュニアの権限が強大化したことによってNWA内部のバランスが崩れ、アライアンスとしてのNWAの体制が形骸化したことや、NWAから「鶴田天龍の世界ヘビー級王座への挑戦は認めない」という指示が出たことにより、全日本はNWAとの関係を見直すようになり、最終的には脱退し、団体内での闘いにシフトしていった。

新日本プロレス(以下新日本)に関しては、当時の社長であったアントニオ猪木が加盟を申請したが、NWA側から拒否され、坂口征二新間寿が新日本側の加盟名義人として申請し加盟を認められている。だが、NWAへの加盟は認められたものの、世界ヘビー級王座のタイトルマッチは全日本のみに限られ、新日本では、世界ヘビー級王座のタイトルマッチが行うことはできなかったりと、待遇には差があった。猪木はこれを逆用して「NWA王者は俺が恐くて挑戦を逃げた」と国内で宣伝し、日本のファンには受けたが他のレスラーやプロモーターからは顰蹙を買った。その背景からNWAを脱退していたWWWF(現:WWE)と提携を結び、WWWFがNWAに再加盟してWWFに改称した後もNWA反主流派同士として関係は続いた。その後、WWFと提携解消に至ると、全日本がNWAと徐々に疎遠になっていったのとは対照的に、NWAとの関係を深め、当時提携していたWCWと連携し空位になった世界ヘビー級王座の決定トーナメントを開催するなどしていたが、WCWがNWAから脱退したことで、新日本もNWAとの関係を見直し、脱退している。

女子では日本女子プロレス(以下日女)が創立して間もなく松永高司を名義人として加盟していたが、松永は日女を離脱して全日本女子プロレス(以下全女)を旗揚げしたためそのまま全女に移るも、1970年にWWWAの権利を獲得したのもありNWAとの関係は疎遠になっていた。しかし、1970年代末期に全女はファビュラス・ムーラとその一門をNWAチャンピオンとして招聘し、ムーラの女子王座をナンシー久美に、女子タッグ王座を横田利美&塙せい子にそれぞれ挑戦させている。2000年にはNEO女子プロレスが加盟しNWA女子パシフィック王座&NEOシングル王座を創設している。

2001年橋本真也率いるプロレスリングZERO-ONE(以下ZERO-ONE)がNWAに加盟し、実質的な日本支部として活動を行い、「NWA」の冠の付いた王座を複数認定していた。2004年にZERO-ONEが崩壊したことで関係は一時途絶えるが、後継団体のZERO1では引き続き独自に「NWA」の冠がつくタッグ王座の管理・認定を続けた。2011年にはZERO1がNWAに加盟(実質的には再加盟)したことで、これらZERO1が管理するNWA王座もNWA側により追認された。しかしザ・シーク(2代目)が持つNWA世界ヘビー級王座の剥奪に抗議したため同年限りでNWAから脱退し、同じNWAの略称を持つ独自の組織たる「ニュー・レスリング・アライアンス(New Wrestling Alliance)」を立ち上げた。一方、ZERO-ONE崩壊後、当時新日本取締役だったサイモン・ケリー猪木がNWAに加盟し、再び新日本と関係を持つが、サイモンの新日本退社とIGF旗揚げに伴い、新日本はNWAから脱退し、代わりにIGFが加盟して現在に至っている。IGFでは澤田敦士がNWAヘリテイジ王座を獲得しており、NWA傘下当時のZERO1主催の大会「火祭り」にNWA枠として出場した。

なお全日本と新日本の他にも、国際プロレスの社長、吉原功も1970年に加盟申請しているが、日プロによる妨害工作で却下されている。また、大木金太郎韓国のプロモーターとして加盟している。新日本脱退からZERO-ONE加盟まではI.W.A.JAPANレッスル夢ファクトリーUFOが加盟していた。I.W.A.JAPAN創始者のビクター・キニョネスプエルトリコのプロモーターとして1994年から2001年まで加盟していた。

2013年3月、NWA側から新日本へ挑戦表明の映像が公開され、同年4月開催予定の新日本両国国技館大会への参戦を直訴し、世界ヘビー級王座、世界ジュニアヘビー級王座、世界タッグ王座のタイトルマッチが行われるなど、再び交流を持つようになった。だが、あくまで新日本では、同団体の王座であるIWGPを格上の王座として対応している。

2015年、NWA世界女子王者サンタナ・ギャレットスターダムに参戦し、同団体にて世界女子王座のタイトルマッチが行われることになった。

Wikipediaより

 

 

 

 

『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【非売品】 AWA世界チャ... | トップ | 【非売品】 力道山 日本人選... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

プロレスグッズ」カテゴリの最新記事