「日本文学の革命」の日々

「日本文学の革命」というホームページを出してます。「日本文学の革命」で検索すれば出てきますので、見てください

電子同人雑誌の可能性 91

2016-11-03 20:50:59 | 日本文学の革命
またテレビはモノのメディアであり、モノを魅力的に映し出すメディアという面を持っている。その優れた映像技術と印象技法を駆使して、様々なモノ―美男美女とか動物とか自然の光景とか都会の風物とかそして商品とか、を魅力的に映し出すのである。マスコミ的スターも一種のモノであり、偶像であると言っていい。それは魅力的なスポーツカーとそれほど変わらない存在なのである。
それに対してネットはハードよりもソフトがより大切な構造を持っている。モノの映像よりも目に見えないプログラミングの方がより重要な役割を演じているのである。内容的にも情報のような精神的価値が重視され、また映像の享受よりも心の交流が大切にされている。それはモノのメディアではなく、広い意味でのこころのメディアと言っていいだろう。

このようにテレビにはテレビの面白さがあり、ネットにはネットの面白さがある。また大衆には大衆の享受の仕方がありネットユーザーにはネットユーザーの享受の仕方がある。面白さや親しみの質の相違はあるが、どちらも同じ程度に面白く親しみのあるメディアになれるのである。
電子同人雑誌にはネットユーザー的面白さのすべてがある。能動的参加性も、身近な人間的パフォーマンスも、心の交流も、すべて可能なのである。これに電子同人雑誌の多彩多様な創作可能性が加わったのなら、十分テレビにも匹敵できるような多彩で豊かなメディアに成り得るのである。たしかに夢みたいな話だが、可能性としてはたしかにあると言える。
(続く)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電子同人雑誌の可能性 90 | トップ | 電子同人雑誌の可能性 92 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本文学の革命」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL