「日本文学の革命」の日々

「日本文学の革命」というホームページを出してます。「日本文学の革命」で検索すれば出てきますので、見てください

電子同人雑誌の可能性 94

2016-11-05 13:48:27 | 日本文学の革命
テレビとの関連でもう一つ言うと、今テレビ業界でテレビ番組を作っている様々な担い手たちが、電子同人雑誌がメディアとして成長してくるとそこに舞い降りて来る可能性があるのだ。
たとえばテレビや新聞などの報道は、報道のプロやジャーナリストたちや様々な専門家や事情通たちによって作られているが、彼らプロ集団はもちろん今は大手メディア内で仕事をしているが、電子同人雑誌がメディアとして成長し、市場として拡大し、十分な活躍の場・十分な収入の場として彼らが認識したら、彼らが副業的あるいは本業的に電子同人雑誌の世界にやって来てもおかしくないのである。
電子同人雑誌の同人とは、別に素人の市民や創作家の卵だけである必要はなく、彼らのようなプロ同士が同人となって同人雑誌を結成してもいいのである。プロの報道記者やフリージャーナリストたちが同人的チームを結成し、それぞれが築いてきた取材源や取材方法を駆使して様々な現代の問題を取材してゆき、雑誌作りも自分たちで行い、電子同人雑誌的にそれぞれの素顔や人間性も表に出し、購読者たちと人間的な交流もし、電子同人雑誌を発行してゆくのである。数万部も売れたら彼らプロも納得のゆくほどの収入も得られるだろう。なによりいいのは自由にできることである。大手メディアによってガチガチに縛られることなく、自由に独自取材ができ、ジャーナリストの原点に還ったようなワクワクするような仕事ができるのである。

また各種制作会社やプロダクションも降りて来る可能性が考えられる。彼らは今は他に番組を流せる場所がないので、テレビ局に下請けとして酷使されているのだが、電子同人雑誌が一つのメディア市場として機能し、ここでも利益を出すことができると分かったら、やはり喜んでやって来るだろう。ただ会社組織だとなかなか利益を出すことが難しいので、様々な工夫をする必要があるだろうが。たとえばギャラの高い芸能人は使わずに親しみのわきそうな素人を使うとか、素人の集団に彼らが豊富に持っている映像技術や番組制作のノウハウを伝授して彼らに番組を作ってもらうとか、いろいろ考えることができるだろう。

ジャーナリストや制作プロダクションなど今は大手メディアに仕えているプロ集団が、電子同人雑誌という新たに開けたメディア市場にやって来る可能性は十分に考えられるのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電子同人雑誌の可能性 93 | トップ | 電子同人雑誌の可能性 95 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本文学の革命」カテゴリの最新記事