杏奈おばさんの算命学ブログ

算命学鑑定士への道を日々精進中。算命学の基礎の基礎を
更新します。

宿命について11

2017-05-16 12:24:19 | 算命学基礎の基礎
天上には太陽と月、5惑星。それから無数の星々。

天上にあるものは地上にもあると考えた古代の人々は、地の自然も観察しました。

まず自分たちが立っている大地。

そこから派生するように色々なものが存在します。

草も木も花も、山だってそうです。

地中には鉱物があり、宝石の原石だって埋まっています。

川や湖や、広大な海もあります。

空には輝く太陽があり、闇夜を照らす灯火もあります。

これらをどんどん分類していくと、天上と同じ、5つの世界が見えてきたわけです。

木、火、土、金、水。

そしてこの5つは、互いに助け合い、また敵対していることに気付くのです。

これらが五行説へと繋がって行きます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宿命について10 | トップ | 宿命について12 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。