身近な発見と出会いのブログ

普段見慣れている風景や身近な出来事などを話題にみなさんとご一緒に散歩しましょう。写真はクリックすると拡大表示します。

初詣と初ウォーキング・・・

2017年01月04日 | Weblog
1月4日は恒例の「寒川神社」への初詣、そこで購入する「破魔矢」。
毎年神社の駐車場は第4駐車場何故かというと、神社周囲の駐車場は駐車料金が1000円だが、ここは無料だからだ。
駐車場の看板には有料駐車場と書いてあるが実際には無料、お!正月早々縁起が良いと気分が良くなる(笑)
今年は例年と違って参拝客が少なく縁起物を売るところも殆どが幕を下ろしており2カ所が開いていたのみであった。


 

 

 

天気も良く暖かな日和なので車を走らせ、寒川から大井町のブルックス大井へ向かい
コーヒーを飲み一息入れたところでブルックス敷地内をウォーキングすることにした。
先ず歩き出して目に飛び込んできたのは富士山の姿だ


 

 

 

また梅林では早咲きであろう紅白の梅が咲き始めていた。

 

 

ブルックス敷地の一番北側からは東名高速の松田インター付近を見る事が出来る

 

 

吾妻山緑地中腹には「ふれあい富士見ひろば」があり、松田町の奥に富士山の姿を見る事が出来る

 

 

 

ここを下りて行くと東名高速大井松田料金所の横に出る

 

平地に出て少し歩くと「最明寺」があります。
1221年(承久3年)頃、浄蓮上人源延は夢告げを受け、信州善光寺如来を一髪に至るまで違わず模写し、
松田庶子山(現最明寺史跡公園)に安置しました。
鎌倉幕府の執権 北条時頼公は善光寺如来への信仰篤く、最明寺に荘園を寄進したといいます。
応仁の乱などの戦乱を経て、寺領を現在の金子に移し、江戸時代には辰年毎の善光寺如来の御開帳が始まりました


 

さてそろそろ出発地へ戻ります。
ブルックスの駐車場へは少々坂道が続きます。しかし富士山の姿を左手に見ながら歩けるため疲れも気になりません。


 

 

 

 

ブルックス駐車場へ到着しました。出掛ける時は駐車場には2台しかなかった車が
帰ってみると数十代と増えていました。


 

 

今年初めてのウォーキングは
 約12000歩 距離約4.2km でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第93回東京箱根間往復大学駅... | トップ | 開花が進む梅花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL