思いつくまま

思いついたことを書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フィギュアスケートグランプリシリーズNHK杯女子、浅田真央優勝、村主2位でファイナル出場決定。

2006年12月02日 18時50分07秒 | フィギュアスケート
フィギュアスケートグランプリシリーズ最終戦のNHK杯、女子のフリーが行われた。NHK-BShiで生で、ウォームアップからしっかり見た。解説は、今日も佐藤有香さん
村主章枝さん、上・紫と下・オレンジの衣装、ファンタジア・魂の歌(コーラス入り に乗って、3-2コンビネーションジャンプ、3フリップ、3トゥループ、スグリワールド全開、3ルッツ、3フリップ+2トゥループ、スパイラル、おっと3ジャンプが跳べず失敗、ステップ、最後は高速スピンで終了。終了後は笑顔だった。179.31点で2位。 
ディフェンディングチャンピオンの中野友加里さん、うすいピンクの衣装、シンデレラの音楽に乗って、いきなり3ジャンプが跳べず、次のコンビネーションは跳んだ。その後のジャンプは成功し、スピンもうまく回っていた。しかし、またもや3ジャンプが跳べず。ジャンプ以外は良かったので残念だった。(自分のホンネは、申し訳ないが、今回はそれでイイのだ)160.93点で3位。
あとは、真央ちゃんがプレッシャーで失敗しないことだけを願って見た。
浅田真央ちゃんは、赤の衣装にチャルダッシュの音楽に乗って、3アクセル、ちょっとヤバかったが、頑張って支えた。2アクセル+3トゥループ、3フリップ+3ループ、ステップ、スピン、2アクセル、3ルッツ、スパイラル、3フリップ、スピン、会場からも手拍子、3ルッツ+2ループ+2ループのコンビネーションも跳んだ。やはり素晴らしい演技だった。佐藤有香さんも、村主さん以上に褒めていた気がした。結果は、199.52点のパーソナルベスト更新で、ぶっちぎりの優勝だった。
日本人選手の1・2・3表彰台独占だった。
この結果、グランプリファイナルには、安藤ミキティに加えて、浅田真央ちゃん、村主章枝さんが出られることになった。またまた、楽しみが増えた。
『ウィンタースポーツ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名古屋グランパスエイト対京... | トップ | ドーハアジア大会サッカー男... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ファイナルへ! (秋雀)
2006-12-03 16:23:54
こんにちは。本当に素晴らしかったですね~!中野選手だけジャンプが決まらなくて残念でしたけど、村主選手も真央ちゃんも素晴らしかったです。個人的に、どっちもいまいち迫力が足りないような気はしましたが…でも、真央ちゃんは最高得点でしたね!これで本調子になったらどうなってしまうんでしょう。ファイナルが本当に楽しみです!
コメントありがとうございます。 (まっちゃ)
2006-12-03 22:56:05
>秋雀様
迫力がない----そう言われれば、スケートアメリカで優勝した安藤美姫の演技に比べると、なんとなく迫力が足りなかったような・・・。それでも、真央ちゃんは、歴代1位の高得点でした。
グランプリファイナル、めちゃ楽しみです。
futo。のblog削除されちゃったんですね。

あわせて読む