思いつくまま

思いついたことを書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サッカー天皇杯、浦和レッドダイヤモンズ優勝、2連覇達成。

2007年01月01日 16時05分05秒 | サッカー
 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

元日に国立競技場で試合をやれる、また、それを国立のスタンドで見ることができるというのは、本当に幸せなことだ。今年こそ、名古屋グランパスエイトも頑張って欲しい。

サッカー天皇杯決勝戦、浦和レッドダイヤモンズガンバ大阪。今シーズンの締めくくり(幕開けかも)にふさわしい両チームが激突した。 
主審は、珍しく西村、手前の副審はもちろん廣嶋さんだった。もう1人は山口。
立ち上がりから、ガンバが押していた。レッズは、ワシントン・トゥーリオ・三都主・坪井・酒井といったところがいないのが苦しい。それでも、レッズが20分過ぎには反撃。しかし、流れは、またガンバになり、27分には立て続けにあわやゴールのシーン。34分にもマグノアウベスがフリーでシュート、上に浮いてしまった。36分にガンバがネットを揺らしたが、オフサイド。
逆に、37分、レッズ永井が抜け出したが、決めきれず。ポンテのミドルも決まらず。
ロスタイムの二川の切り込みには、GK都築ががっちりキャッチ。
前半は0対0。
後半もガンバが攻め続けた。小野が左足を痛めたのが、痛々しい。23分・27分・28分に、ガンバがあわやのシーン。31分に小野に代えて岡野投入。
37分のバンド君のシュートもGK都築が抑えた。
42分、交代出場の和製カカ・長谷部から野人・岡野への1本のパスが通り、岡野からのパスがガンバDFに当たり、こぼれたところを走り込んだ永井がシュート、ゴーール、レッズが先制した。これが、サッカーなのか。俄然、レッズサポーターの声援が大きくなった。
ロスタイムの48分、ガンバのFKを遠藤が浮かしてしまい、タイムアップ。
浦和レッズが1対0でガンバ大阪を下した。ブッフバルト監督勇退の花道を飾った。
J発足時には、グランパスと共にお荷物球団だった浦和レッズは、リーグ優勝と共に2冠達成、天皇杯2連覇を達成した。
ジャンル:
サッカー
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2006年の十大ニュース | トップ | つボイ楽耳王2007年1月... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新年の挨拶 (DRAGONS VICTORY)
2007-01-02 12:08:19
奥ヒダツヨシです。
新年明けましておめでとうございます。
昨年中はお世話になりましてありがとうございました。
今年はドラゴンズがリーグ連覇と悲願の日本一
になれるように頑張って応援しましょう!
本年もよろしくお願いします。
Re:新年の挨拶 (まっちゃ)
2007-01-02 15:52:30
>奥ヒダツヨシ様
明けましておめでとうございます。こちらこそ、昨年はお世話になりました。本年もドラゴンズの応援、フィギアスケートなど、よろしくお願いします。
オモテ(?)blogの本年の一発目に、NHKのネタを持ってこられたのには笑えました。

あわせて読む