うい君とりん君とれん姫

子猫との毎日の暮らしを残していきたいです

りん君も大腸炎

2017-07-23 15:41:25 | 日記
れんちゃんが17日に具合が悪くなり、
ほぼ完治だな(*^^*)と、思った20日に、りん君がゲリP_| ̄|○

間の悪いことに、かかりつけの獣医さんの院長先生が木曜は休診で(>_<)

とりあえず他の獣医さんに見て頂いて、輸液と抗生物質の注射をしていただいたのですが
どんどん悪くなってしまって、20日の夜から21日の朝にかけて
ホントに辛そうで、私もほぼ完徹で様子を見たり、トイレを綺麗にしたり
嘔吐の始末をしたり。

熱も高くて、息も早く、もう可哀相で半泣きでした。

24時間受け付けている獣医さんにも連絡して状況を話したのですが
輸液もしているし、9時からの診察で大丈夫でしょうとのことで。

もう時間が進むのが遅くて遅くて(T_T)

やっと9時になり、かかりつけの院長先生に見ていただいて
血液検査もしていただき、れんちゃんからの二次感染の大腸炎でした。

二次感染の方が症状が重いらしく。

ごめんね、りん君。
お母さんがもっと気を付けなきゃいけなかった(>_<)(>_<)(>_<)(>_<)

先生は、多頭飼いだとしょうがないですよと仰ってくれましたが。

それにしても。

21日・22日・23日と、輸液と抗生物質と鎮痛剤、整腸剤の注射に通い
22日からはご飯も食べてくれるようになりました。

やっと、出窓で外を見る余裕も出てきたようで



そして



うとうと(^^)

今日で通院はとりあえずおしまいで、後は1週間お薬です。

早く元気になろうね(>_<)


輸液が点滴なので、病院にいる時間がけっこう長く
初日はなんだかりん君、気が立ってしまって、
れんちゃんに本気のパンチをしちゃったりして
それもオロオロだったのですが、少しづつ収まってきているようです。

救いなのが、れんちゃんが



といった感じで、パンチされて、ダッシュで逃げても
しばらくすると何事もなかったかのようにりん君の近くにいる^^;

ありがとう、れんちゃん。

それでもりん君はまだちょっと精神的に不安定みたいで
寝てると思うと、急にキャンっと起きて
私に異常に甘えてきます。

病院の夢でも見ちゃってるのかもしれません。

撫でて撫でて、しばらくすると落ち着いてまた眠ります。

何日かすれば落ちつくとは思いますが。

痛い思いや怖い思いをさせてしまいました(>_<)

ごめんね、りん君、れんちゃん。







ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« れんちゃんの大腸炎 | トップ | りん君もうちょっと(>_<) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はなまゆ)
2017-07-24 13:23:26
こんにちは~

りん君も大変なことになっていたんですね・・・(>_<)
大腸炎ってうつるんですね。
そーいえば家もブリブリが子猫の時に風邪ひいてそれをゲンがもらってさらに酷い事になっていたことを思い出しました。
なかなか隔離するわけにもいかないから、うつっていまうのはしかたないのかもしれないですね。

男の子の方が甘えん坊で気弱なのかな(笑)
さすがれんちゃんしっかりしてますね♡
優しくていいこだわぁ~
れんちゃんに惚れました

りん君もれんちゃんも落ち着いてきたみたいでよかったです♡
ママさんもお疲れ様でした。

私もさらに気を付けなくては・・・って思いました。

はやく元気なりん君れんちゃんに戻りますように♡
はなまゆ様 (ms09291207)
2017-07-25 10:48:36
こんにちは(*^^*)

ちょっと心配でしたが、2人とも
少し緩いうんPなものの、元気食欲は
戻ったようです(*^^*)よかったよ~(T_T)

れんちゃんには、「はなまゆさんが、れんちゃんに
惚れちゃったって♡♡」と伝えときました(*^^*)

今回の大腸炎が感染してしまったのは
ウイルス性だったからのようです。
完全室内飼いの2人ですから、持ち込んだのは
間違いなくワタシ_| ̄|○

どうしても服やら手やらに付着してしまうらしく。
何でも無いときは問題は出ないのですが
ちょっと体力が落ちていたりすると、発病してしまうみたいです。

本当に気をつけようと思っています(>_<)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL