ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



ソ連って国がなくなって、ロシアになってからだいぶたつけど、ソ連が信奉してた社会主義とか共産主義の考え方(マルクス主義思想)って、宗教の立場からは、どう考えればいいの? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『幸福の科学原論②』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 マルクスは一八〇〇年代後半の社会を見て、独自の経済主義理論をつくったわけですが、その一八〇〇年代後半の世界というのは、一部ブルジョワジー・資本家と、下部の人・搾取されている人たちとの乖離(かいり)がきわめて激しく、下部の人たちは鉱山の鉱夫などの労働者に象徴されるように、きわめて劣悪な労働条件下にあったのです。そして、この劣惑な労働条件下にある人びとを救いたいという彼の熱意が、その哲学理論を組み立てたところがありました。
 しかし、彼の思想におけるいちばんの欠落部分は何であったかというと、「生産性の向上」という概念、ここが欠けていたということです。マルクス的な考え方においては、ようするに単位時間に一人の人が生みだすもの、この価値というのはだいたい同一だとみているわけです。(中略)
 一人当たり、一時間当たりの生産性というものはきわめて違うものがあります。それは、事務労働をしても、人によって五倍、十倍のひらきがありますが、もっとそのなかに創造性が加わってくる仕事になると、生産性の差はさらに高まります。そして、一時間当たりの価値というのはきわめて違ってくるわけです。(中略)
 さらにいうならば、機械を使うことによる生産性の向上もあるわけです。機械文明の発達によって、一人当たりの生産性は飛躍的に増大しました。
 ですから、マルクスの『資本論』は、本来は資本主義社会において経済的没落、および階級闘争が起きるという予言であったにもかかわらず、実際マルクス理論が適合したのは農業国ばかりだったのです。社会主義革命はソ連であるとか、中国であるとか、東ヨーロッパであるとか、こうした農業国ばかりに起きました。それは彼の基本概念であるところの労働価値説、すなわち労働が生みだす価値、一時間の価値についての考え方が、まだ生産性の高まらない段階での人間の労働を前提にしていたからです。(中略)高度の資本主義社会、工業社会では適用できなかったということなのです。
 したがって、彼のユートピア建設という理想そのものは正しかったのですが、その学説の成り立ちの部分に、やはり根本的な違いがあったということで、彼も時代の子であるという限界は否めなかったということです。
(105~108ページ)

マルクスには、「生産性の向上」という概念が欠けていた。

1人当たり1時間当たりの生産性は、人によって五倍十倍のひらきがあるし、創造性が加わってくる仕事では、1時間当たりの価値というのはきわめて違ってくる。

だから、マルクス理論が適合したのは農業国ばかりで、高度の資本主義社会、工業社会には適用できなかった──。

このご論考は、1989年に刊行されたものです。

1991年にソ連が崩壊して以降、大川隆法先生の教えの正しさは、ますます輝きを増していると言えるのではないでしょうか。

いまだにマルクス主義を奉じるような間違いは、少しでも早くただされなければならないと、改めて私は強く思っているのです。

 


『幸福の科学原論②』

 大川隆法著

 

(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 反省ってどう... 笑顔で生きる... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。