ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



自民党の二階俊博幹事長って、なんだかよく分からないイメージなんだけど、ほんとはどんな人なの? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『二階俊博自民党幹事長の守護霊霊言』(幸福実現党)のまえがきで、次のように述べておられます。

 いやはや、何と言うべきか、日本の政治家というものはこんなものか、とため息をつかせる内容であった。
 この国は危うい。マスコミは提灯持ちばかり。
 衆愚政の池の中を、ウナギやナマズのようにヌメリながらひたすら延命を図る。これがこの国の政治屋たちの実態だろう。八月だけで台風が日本列島を四発も直撃するだけのことはある。
 もはや解説は不要だろう。本書をご一読下されば、安倍政権の未来は見てとれる。
 日本国民は忍耐強い。世界から“感動”を呼ぶことだろう。「これでも幸福実現党は不要ですか。」と国民各位にお聞きしたいぐらいだ。
(1~2ページ)

日本の政治家というものはこんなものか。

もはや解説は不要だろう。

この国は危うい──。

いやはや、直接的ではありませんが、かなり厳しいまえがきです。

内容を読むまでもなく、これを見るだけで、自民党の二階幹事長の守護霊の霊言は、かなりのものであることが分かります。

そもそも、本書の帯には、「安倍政権は、この国を“安楽死”させるつもりか。」と大書されているわけで、本書を開く前から、その内容が推定できるというのも、半端な話ではありません。

政権与党である自民党の幹事長の本音が明らかにされたとき、ここまで危険なものであるということが、本書では明らかになっているわけです。

ほとんど話題になっていない、政権を支える陰の実力者が、いったいぜんたい何を考えている人なのかは、もっと世間で批判にさらされるべきではないかと、本書を一読して深く私は感じているのです。
 

『二階俊博自民党幹事長の守護霊霊言』大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!)
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 小池百合子都... 幸福実現党で... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。