ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



日蓮宗って、とっても排他的な宗派でしょ。当然、神道なんて間違ってるって考えてるんだよね? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『幸福学概論』(幸福の科学出版)で、以下のように教えておられます。

 日本仏教の歴史においても、いろいろな仏教が次々と出てきましたが、そのなかで最も戦闘的で、最も排他的で、他宗から見れば、ある意味、最も独善的に見えるものは、日蓮宗でしょう。
 「日蓮の教え以外には正しい教えはなく、『法華経』にしか正しい教えはない」という、非常に排他的、独善的であり、もし、政治的に現れたら、ナチズムのようにもなりかねないような思想と行動を、その背景には持っているようにも思われます。
 ただ、この日蓮でさえ、彼の直筆で書かれた掛け軸の曼荼羅を見れば分かるように、天照大神を中心に据えています。
 つまり、日蓮は、実は極めて日本神道的な宗教を、「日蓮宗」として法華経至上主義のなかに説いていたのです。これは、日本に現れた珍しい一神教的な宗教であるのですが、日本神道に対して非常に尊崇の念を持ち、根本的な日本神道に対する忠誠心、信仰心を持っていたことは明らかです。他宗排撃をしていた人が、「南無妙法蓮華経」と書いた経文の掛け軸のなかに、「天照大神」と、はっきりと書いているのです。
 したがって、日本古来の神に対する信仰を持っていたことは明らかであり、「日本で最も排他的な宗教であっても、日本の神々の歴史を否定するには至らなかった」ということは知っておいてほしいと思います。
(144~146ページ)

日蓮宗は、日本仏教の歴史において、最も戦闘的で、排他的で、ある意味、最も独善的に見える。

しかし、その日蓮は、直筆の曼荼羅を見れば分かるように、天照大神を中心に据えている。

つまり、日蓮宗、日本神道に対して非常に尊崇の念を持ち、日本神道に対する根本的な忠誠心、信仰心を持っていた──。

たしかに、日蓮直筆の曼荼羅をネットで検索してみると、天照大神とはっきり書かれています。

日蓮という方の霊言集を、大川隆法先生は最初期から何冊も出しておられますが、特にその思想とお人柄がよくあらわれている『日蓮の新霊言』は、興味ある方に特にお勧めしておきたいと思います。

いずれにしても、日蓮という鎌倉時代の偉人の思想や行動は、21世紀のいま、改めて見直される必要があると私は思っているのです。
 

『幸福学概論』大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!)
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 台湾の新総統って? シンプルな理論っ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。