ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



幸福の科学って宗教なんだから、神さまとか仏さまとか、信仰してるんでしょ。でもそもそも、信仰って何なのよ。なんで、そんなもの信じられるの? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『無限の愛とは何か』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 神という存在への思いなくして生きているということは、子供たちが、自らの親が誰であるかということを考えることなく、人生を過ごしてゆくことと同じなのです。
 子供は、生まれ落ちるとすぐに、自分の母親が誰なのか、父親が誰なのか知ろうとするでしょう。それだけではなく、知ってさらに、求めようとするでしょう。抱きしめてほしいと願うでしょう。一歩でも二歩でも、親に向かって進んでくるでしょう。それがほんとうの姿なのです。それなのに、親子の関係で言えば子にあたる人間が、親なる神を見向きもせず、求めもせず、己れひとりでこの世に生まれてきたかのごとく振る舞っている現在の姿は、まことに恥ずべき状態であると言わざるを得ません。(中略)
 信仰と言われているものを一言でわかりやすく言い換えるとするならば、この「神を愛する」ということに尽きるのです。神を愛するがゆえに、親なる神の持っておられるすばらしい思いを、性格を、性質を、受け継ごうとするわけです。それは単なる惑わかしや思い込みといったようなものではありません。厳然たる事実のもとに、行なわれて当然のことを行なうという、ごくごく合理的と言ってもよい考え方のもとにある行為が、この信仰なのです。
 この世界の成り立ち、人間の生命の成り立ち、こうしたことを知ろうとし、知ったうえで、その本来の成り立ちに基づいた生き方をしようとすること。これはまことに筋の通った生き方なのです。これは、このうえなく合理的な生き方でもあるのです。
(160~164ページ)

人間はどこから始まったのか。

その元には人間を作った存在があるはずだ。

それが神と呼ばれる存在である。

だから、人間にとって神は、魂の親である。

魂の子が魂の親を愛するのは、ごくごく当然のことであり、それが信仰という行為なのだ。

信仰とは、親なる神を愛するということに尽きるのだ──。

ここで大川隆法先生は、そう説いておられるのではないでしょうか。

そして、ここでの「神」は、「仏」と言い換えることもできるのだと私は思うのです。

 

『無限の愛とは何か』

 大川隆法著

 

(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


« 大人の素直さ... 明るく生きる... »
 
コメント
 
 
 
人間にとって神は、魂の親なのだ。 (ふゆのあ)
2007-04-04 23:45:23
この言葉、今なら心から信じれます!
ずっと、すごく抽象的な考えだと思ってたのですが、事実なんですね!仏ってスゴイ*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・
なんでそう思うようになったかは・・うまく伝えられる自信ないのでやめときます。(^.^;)
 
 
 
Re:人間にとって神は、魂の親なのだ。 (ゆーぱ)
2007-04-05 00:10:53
ふゆのあさん、こんにちは。

そうですよね。私も、正直言って、入会(入信)したころは、まったく信じてなかったなあと思います。これはつまり、信仰心なんてなかったということであって、それを今は私も、心から信じれるというのは、この間、ものすごく成長できたってことなんだなあと、しみじみと感じます。

ほんとに、仏の教えって、スゴイですね!
 
 
 
信仰心 (ふゆのあ)
2007-04-05 01:11:19
ほんとにそうですね!すごく成長できてるんですよね☆

「信仰がなくて一番喜ぶのは誰かというと、悪魔です。」
とのこと。
悪魔を喜ばしちゃいけないですね!
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。