ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



なんだか暗い気分だなあ。明るくした方がいいって、よく言われるけど、何の意味があるんだろ。いいじゃん、暗かったって。・・・とか思ったりしてる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『発展思考』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 私は、もっとも簡単で、素朴で、そして宗教嫌いの現代人にとっても受け入れやすい信仰形態が、すなわち「光明的人生を生きる」という考え方だろうと思います。それは、明るく物事を見、考えていくことが素晴らしい人生を拓くという考えです。
 この単純な真実を信じてくださりさえすれば、大仰な信仰というものを振りかざさなくても、結果的には八十パーセントぐらいの成功を収めることができるのではないか、というように思うのです。
 たとえば、「神を信じよ」という場合に哲学的な神の概念のようなものを、抽象的に説明して鵜呑みにさせようとしても、それは喉にひっかかった薬のカプセルのようで、なかなか簡単に飲み込めるものではありません。
 しかし、神に至るための道はその他にもあるわけです。もし、神の持っておられる属性を身につけることが、いちばん神の側近くに行きやすいということになるならば、そうした思考のための思考、学問のための学問、抽象性のための抽象化というようなこととは無縁に、実際、神そのものを受け入れることとほとんど同じような効果が得られるのではないかと思うのです。
「神の本質は光である」と言われます。それは違った説明をするならば、私は「明るい」ということだと思うのです。すなわち人間が、あの太陽の光のように底抜けに明るく、真実、明るい思想を持ちながら生きる、ということが幸福への道であり、神に至るための道であると単純化して割り切ってもよいと思うのです。
 ですから、みなさん方の頭が、いろいろな考え方で複雑になりすぎているならば、いったんその頭のなかのしがらみを断ち切ってみてください。複雑に考えすぎている物事を、ちょうど蜘蜂の巣を掃除でもするように、サッと箒(ほうき)ではらってください。そして、単純に「明るく生きる」ことが出発点であるということを知っていただきたいのです。
 そして、「明るく生きよう。明るく見、明るくふるまい、明るく考えよう」と思うこと自体が信仰への道であり、神そのものを自らの内に引き入れる行為であるのだということを知っていただきたいのです。
(78~80ページ)

仏とか神とか、信仰といか言われても、自分にはちょっと、という人も、この「明るく生きる」こと、という教えは、受け入れることができるんじゃないかな。

そして、一定限度ではあるけど、確実に幸福になれる。

まず、やさしいところから受け入れてみるって、とても大切なことだと私は思うのです。

 

『発展思考』

大川隆法著

 

(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 信仰って何なの? どうしてこん... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。