ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



学校なんてつまらない。なんで学校なんて行かなきゃいけないの。勉強なんてしたくないぞ。テストで成績つけられるなんて、いやだなあ・・・なーんて、考えてる人、多いんじゃないかな。

幸福の科学の大川隆法先生は、『繁栄の法』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 子供たちは、十年、二十年と勉強に追われ、成績の上がり下がりによって悲喜劇をくり返しています。そのため、非常に大変で、かわいそうにも見えます。しかし、社会人になってから振り返ってみると、「公平な、ありがたい世界に生きていた」と思えるのではないでしょうか。
 大人になって仕事をするようになると、「これだけの仕事をしたら、これだけの結果がでる」ということを、明確に測ることはできなくなります。「どれだけの努力によって、どのような結果が出るか」ということが、なかなか分からないのです。(中略)
 このように、実社会は非常に不公平な世界であり、努力に応じた結果がストレートには出ないものなのです。
 これに対して、学生時代というのは、勉強すれば勉強しただけの結果が出るという意味で、非常に公平な世界です。
 英語の勉強をすれば英語の成績が上がり、数学の勉強をすれば数学の成績が上がります。勉強をすれば、それだけ成績が上がるのです。中間テストや期末テストに向けて頑張れば、その分だけ点数が上がります。受験は厳しいといっても、二年か三年、一生懸命に努力すれば、それなりの結果が出ます。
 もちろん、努力したにもかかわらず、よい結果が出ない場合もあります。しかし、それも努力の世界の範囲内にあることは事実です。
(28~30ページ)

「一生で最も努力が報われる時代」に、一生懸命、努力する経験って、年をとればとるほど、そのありがたさの実感がわいてきて、あとで、もっと勉強しておけばよかったなあって、後悔するものなんだろうね。

うん、まずは次のテストから、頑張ってみようよ。 
 



『繁栄の法』

大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« なんでボクの... 夢ってもってる? »
 
コメント
 
 
 
Unknown (L-WIND)
2006-11-26 22:33:55
はじめまして、ゆーぱさん。
ブログいつも拝見させていただいております。
毎日のアップは大変なことと思いますが、「真理を伝えて、出来る限り多くの人に幸せになってもらいたい。」という、ゆーぱさんのお気持ちが、文章を読ませていただく中から伝わってまいります。
これからも応援いたします。頑張ってください。
私も頑張ります。
 
 
 
ありがとうございます。 (ゆーぱ)
2006-11-27 00:17:49
いやあ、あたたかいお言葉ですね! 本当にありがとうございます。

この信仰の道に入って長いはずなんだけど、思いが先行すだけで、伝える力がまだまだなんだなあって感じることが多く、仏へ、そして読んで下さる方に、申し訳なく感じてたりしています。

でも、ときどきいただくこのような励ましに力を得て、めげずに書き継いで行きたいなと思っています。

以後も、よろしくお願い申し上げます。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。