ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



宗教をやっていれば、信仰の力でガンが治ったりするものなの? 実際に治ったという話も聞くのに、治らないまま帰天してしまった人がいるのは、なぜなの? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、信仰による奇跡について、例えば、『愛は風の如く2』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 みなさんのなかにも、「物質化現象」という言葉をお聞きになった方も多いかと思いますが、実在界のエネルギーが、なんらかの意図によって、地上界に物質化して現われることあるのです。たとえば金粉現象というのもそうですし、それ以外にも、霊界からみごとな宝石を出したり、あるいは薬を出したりというように、いろいろなものを出すというケースがあります。(中略)
 じつは、宗教によって病気が治ったりする奇跡も、この延長線上にあるのです。体内にガンが巣くっていて、そのガンが信仰によって治ったりする場合も、レントゲンで写真を撮るならば、ガンは物質的には確実にあるものなのですが、それが一瞬にしてなくなるということがありえるわけです。これなども、霊的エネルギーがはたらいて、そういう物質界のつくり変えに力を貸していると思わざるをえないのです。(中略)
 こうしたことが、日常茶飯事に行なわれるわけではありませんが、天上界の諸霊も、必要に応じてこうした物質化現象を起こし、生きている人たちの信仰心を強くする場合があります。
 ただ、なんでもかんでも物質化現象を起こしはじめると、これは地上の人間を甘やかすことにもなりかねません。なぜなら、欲しいものをねだれば、すぐ現われてくるということになりますと、彼らの地上での修行が意味を持たなくなるからです。(中略)地上人はなにゆえに地上に生まれ、赤ん坊から育って大人になって、努力して生きていくか、その意味がなくなってしまいます。
 それゆえに、こうした物質化現象なども、あくまでも例外措置として認められているのであり、それに意味がある場合にのみ許されていると考えてよいでしょう。
(86~89ページ)

祈りの力で、病気が治ることは、実際にあります。

正しい信仰生活をしていると、ほんとうに体験できることがあります。

しかし、残念だけど、いくら祈っても、治らないことも、ある。

そのときは、そこに魂の修行課題があるのだと悟って、その事実を受け入れつつ、自分ができることを精一杯、努力していくこと、ということなんだろうと私は思うのです。

だって、何度もご紹介しているとおり、「人生は一冊の問題集」、なんですから。

 

『愛は風の如く 2』

 大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 子どもたちに... この国のある... »
 
コメント
 
 
 
気付きました (たか)
2017-03-18 13:33:02
はじめまして。たかと申します。
突然の病で死にかけました。
明日は当然にやって来るものと思っていましたが、今日の夜にはいなくなっているかもしれないことに気が付きました。それと同時に永遠に生き続けることも。どこにいようとより良く生きたい、そう思います。
 
 
 
Re:気付きました (ゆーぱ)
2017-03-18 23:49:48
たかさん、はじめまして!

私なりに理解してみると、「一日一生」と「永遠の生命」という二つの学びを得られた、ということなんでしょうね。とても貴い学びですし、それは一つの悟りでもあるんだろうと思います。

またときどき遊びに来てくださいね!
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。