ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



好調な業界もあるみたいだけど、うちの業界はまだまだ苦しいし、ライバル会社もものすごく強くって、厳しい戦いだよね。オレはしっかり信仰持ってるのに、神仏は、なんでもっと楽させてくださらないのかね? なーんて悩み抱えてる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『説法自由自在③ 真理の発見』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 業界のなかでも、円高であるとか、いろいろな環境変化があるとつぶれていく企業があります。その企業にとってはひじょうに厳しい試練です。しかし考えてみれば、試練のなかでしごかれることによって、ほんとうは会社の力はますます強くなっていくのです。順境のとき、すなわち、景気がいいときに商売を成功させるのはだれにでもできることです。しかし、そういうところだけをあてこんで会社組織を作り、仕事の流れを作っていたら、いざ不況が来たときに、いっぺんでつぶれてしまうことがあります。
 悪い環境のなかでも生き残っていけるような、そういう生命力、耐久力をつけるために、好況のときにもライバル会社というものと、しのぎをけずるわけです。そのライバル会社というのは、たいてい自分の会社よりも、製品の開発能力や、あるいは販売能力において上であることが多いでしょう。一人あたりの収穫が高いわけです。そういうところで競い合うことによって、好況期、みんなが楽に生きていけるときにおいても刺激を与えられて、会社の足腰が強くなっているのです。
 これがなければ、完全独占というものが起こり、(中略)企業の力は弱るし、仕事のレベルは落ちてくるし、いいことはあまりないのです。(中略)
 こういう事実を知ったときに、やはり結果として、より大いなる愛はどこにあるかというと、失敗するとつぶれるかもしれないけれども、厳しい競争相手に恵まれて生き残っていくなかに、ほんとうは全体にとってよりよい貢献ができることがあるということです。(19~21ページ)

環境変化のなかでしごかれることによって、会社は強くなっていく。

好況のときにもライバル会社としのぎをけずるのは、悪い環境でも生き残っていく耐久力をつけるためである。

大いなる愛の観点からは、失敗するとつぶれたとしても、厳しい競争相手と戦い、生き残っていく努力をすることで、全体に貢献しているのである──。

要は、個人も組織も同じことなんですね。

与えられた環境のなかで必要な修行をしているのだと見切ること。

それが本当にできたときに、大いなる仏神の愛が見えてくるってことだろうと私は思うのです。

 

『説法自由自在③ 真理の発見』

大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 涅槃(ねはん... 幸福の科学の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。