ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



だいぶ年齢がいっちゃったから、もう伸びていったりは、しないものなのかなあ? なーんて悩みかかえてる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『ストロング・マインド』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 やはり、「ライバルの優れたところを素直に認めて、自分たちもチャレンジしていこう」という気持ちを持たなくてはいけません。
 そのように、「人をほめられるようであれば、自分にも、まだまだ成長する余地があるのだ」ということを知っておいたほうがよいと思います。
 人をほめられなくなったら、もう、その先は行き止まりです。人の優れたところや、新しく出てきたよいものを、ほめられる心境があれば、会社であれ個人であれ、まだまだ伸びていけますが、口を開けば批判と悪口しか出なくなったら、だいたい、その先は行き止まりなのです。そういうことを知ってほしいと思います。
(193ページ)

人をほめられなくなったら、その先は行き止まりである。

人をほめられるようであれば、自分にもまだまだ成長する余地がある。

ライバルの優れたところを素直に認めて、自分もチャレンジしていこうという気持ちを持たなくてはならない──。

今日は、人生において大事なアドバイスのひとつを、またいただいたんだと思います。

人がまだまだ伸びていくかどうかは、年齢ではない。問題は心の持ち方だ、ということなんだと私は理解できたと私は思うのです。
 

『ストロング・マインド』 大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!)
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« シンプルな理論っ... 京極純一って? »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。