ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



アトランティスって、大陸ごと沈んでしまったというんだけど、ものすごくたくさんの人が死ぬことになったんでしょ。なんで、仏や神は、そんなひどいことを許されたの? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『宗教選択の時代』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

このアトランティス大陸の陥没は、
「現在がその時代に似ている」という、私の言葉を前提に考えるならば、
その後、人類を偉大なる高みから谷底へと落とし、
もとの高みまで戻るのに一万年もかかるような、
大きな後退であったことを、
あなたがたは忘れてはならない。

その最期の時に、
仏は、みすみす人類を見捨てたのではない。
その一千年も前から、何度も何度も光の使者を地上に送って、
「あなたがたは悔い改めなさい」と言いつづけてきた。
されども、科学文明と経済に驕(おご)って、
彼らの言うことを信じず、
むしろ、その正反対の悪魔、
当時、べリアルといわれていた悪魔を神だと信じて、
怪しげなる超能力信仰をし、人々を狂気に陥れた、
そういう宗教的な力があった。
そちらを信ずる者が数多くなり、
ましてや、次々と地上に送った光の使者たちを迫害し、
大量殺我を行なうに及んで、
天は最後の引金を引いた。
それが大陸の陥没である。
その前に、心ある人たちには、
「南へ逃げよ、西へ逃げよ」、
あるいは「東へ逃げよ」と教えてはいた。
そうしたことがあった。

そのアトランティスの末期に生きていたは、
現在のあなたがたであり、
また、ヨーロッパやアメリカやその他の国に、
いま生きている人たちである。
(288~291ページ)

なぜ、一つの文明全体が大陸ごと、そこに生きるすべての人々とともに、突然、海に沈むような恐ろしい事件が起きたのか──。

21世紀に生きる私たちも、知っておかなければいけない大事な問題じゃないかと思います。

社会全体、文明全体が魔に蹂躙されることとなるような極端な場合には、天上界はそんな荒療治を、あえて行なうこともあるのだ、ということなんだと私は思うのです。
 

『宗教選択の時代』

大川隆法著

 

(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« なんでいじめ... 煩悩なんて出... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。