ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



捕まった犯人が、犯行したことを記憶してないなんて、聞くことがあるけど、ほんとにあるのかな。罪を免れたくて嘘を言ってるだけなのかな。霊的な原因で起きることがあるのかな? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『霊界散歩』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 犯罪を犯した人のなかには、よく、自分が犯罪を犯したことを全然覚えていない人がいます。「意識がなかった。それは自分の意思ではなかった。いつのまに、その犯罪を犯したのだろうか。全然、記憶がない」という人がいますが、それは、ほんとうにあることなのです。
 そういう人は、実際に魂が肉体から抜けていて、ほかのものに肉体を占領されているのです。そして、憑依されているときに、人殺しをしたり、泥棒に入ったり、万引きをしたり、いろいろな悪さをするわけですが、事が終われば、憑依霊が抜けて、本人の魂が戻ってきます。
 やがて、気がつくと裁判所にいて、「いったい何をされているのだろう」というような状況になっています。裁判所で、「あなたは、こんなことをした」と言われ、「私は、そんなことをした覚えはありません」と答えます。
 しかし、証人に、「確かに、この人に間違いない」と証言され、「×月×日×時に、あなたは、人を殺し、金品を奪って逃げた」などと言われます。それでも、本人は、「そんなことは全然知らない。私は無罪です」と言います。
 実は、その犯罪行為のときに、憑依霊が入り、それを行ったのです。そして、「しめしめ」と思い、終わったら逃げたわけです。
 霊のほうは、肉体から抜けてしまえば、本人が電気椅子にかかろうが、どうなろうが、関係ありません。しかし、本人のほうは、たまったものではなく、「こんなはずではなかった」と言って暴れるのです。
(137~139ページ)

「憑依」という霊現象は、ほんとうにある。

そして、これが原因で、犯罪の記憶がないってことも、ほんとうにある──。

でも、悪霊せいだから本人に責任がないわけではなくって、じつはそういう現象は、本人に原因があって起きていることは、しっかりと押さえておきたいと私は思うのです。
 

『霊界散歩』

大川隆法著

 

(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!) 
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« どうやったら... 学校の勉強な... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。