土曜日は古寺を歩こう。

寺勢華やかな大寺も、健気に法灯を守り続ける山寺もいにしえ人の執念と心の響きが時空を越え伝わる。その鼓動を見つけに…。

矢田寺、天下の紫陽花寺。

2017年06月15日 | 奈良の古寺巡り





(2017.06.10訪問)
郡山第二弾は、あじさいの寺矢田寺です。慈光院から西へ10分余り、矢田山系の中腹にあるあじさい寺を訪ねます。参道手前から参
詣の人が急に増えたように感じ、駐車場を探すのに四苦八苦、花の寺はやはり人気があるようですネ。
侘び寂び閑のお寺から、花のある華やかなお寺へ、それにしてもピーカンの今日、生き生きとした元気なあじさいを見ることが出来
るのでしょうか。





▼あじさい寺の今。
受付のオネーサンとの会話「満開かな」「そうですねぇ~50パーくらいでしょうか」「そんなんで500円とるの」「もちろんでーす」







[ 矢田寺 ]
●山号 矢田山 (やたさん)
●寺号 矢田寺 (やたでら) 正式名称 金剛山寺( こんごうせんじ)
●宗派 高野山真言宗 (こうやさんしんごんしゅう)
●勅願 天武天皇 (てんむてんのう)
●開基 智通僧正 (ちつうそうじょう)
●開創 天武九年 (680年)
●本尊 地蔵菩薩立像
▲大和郡山市矢田町3549 Tel. 0743-53-1445
▲拝観料 通常無料 紫陽花時期6月上旬~7月上旬 500円 ご朱印300円
▲時間 8:30~17:00
▲http://www.yatadera.or.jp/
▲近鉄橿原線「近鉄郡山駅」駅下車 奈良交通バス「矢田寺」下車
  西名阪自動車道「大和まほろばスマートIC」から北北西へ20分
        
         「法隆寺インター」から北北東へ25分             
  第二阪奈道路 「中町ランプ」から南へ25分 





▼境内マップです。なかなかのもんです、一生懸命描いたんでしょうネ、ベリーグー!







矢田寺縁起 (矢田寺 HPから抄出)
今から約1300年前、大海人皇子 (天武天皇) が、 壬申の乱戦勝祈願のため矢田山に登られ、即位後の白鳳四年、智通僧上に勅せられ、
七堂伽欄四十八カ所坊を造営されたのが当山の開基です。当初は十一面観世音菩薩と吉祥天女を本尊としていましたが、 弘仁年間に、
満米上人により地蔵菩薩が安置されて以来、地蔵信仰の中心地として栄えてきました。





            ▼金剛山寺が本名です。







▼山門。何やらイヤーな感じ、石段があるじゃないですか。

       





▼参道石段。何やらイヤーな感じ、相当長そうじゃないですか。
 何度か訪ねているこのお寺、このイヤ〜な石段の記憶がないんです。記憶が飛んだか、はたまた○○のはじまりか。







▼本堂手前、紫陽花に囲まれたみそ嘗地蔵。別名地蔵寺の名があるこのお寺、本尊を初めとして境内には沢山おられます。







▼本堂です。桁裄七間、梁間七間、入母屋造、本瓦葺、三間向拝付。平成大修理の後平成十五年落慶。
 濃朱が落ち着きを醸しています。いい色になってきました。







▼三間向拝。







▼外陣に掛る寺号が書かれた大きな扁額。







▼内陣の様子。内陣拝観料別途500円。







            ▼三尊形式の本尊地蔵菩薩立像 (重文)。像高161.9cm、木造、彩色、彫眼。平安時代初期。
             通常お地蔵さんは右手に錫杖をお持ちですが、この方は持たずに施無畏、与願印の印相で
             左手に宝珠をお持ちです。「矢田型地蔵」と呼ばれているそうです。



             (本尊写真はネットより借用)





            ▼内陣の板襖絵「羅漢図」。



            (写真は矢田寺ハガキを複写)





▼本堂側面。







▼鐘楼。境内一の貫禄、袴腰の重層、入母屋造、本瓦葺。屋根の傾斜が半端じゃありません。







▼梵鐘 (重文)。寛元四年在銘、鎌倉時代。







▼閻魔堂。このお堂も特別公開中。本尊木造閻魔倚像。







▼蓮花池。蓮は姿無し、そのかわりミズカンナの葉が池面をうめていました。







▼六地蔵。







▼開山堂。開基智通僧正をお祀りしているそうですが、堂内を窺うことが出来ません。







▼春日神社 (重文)。矢田寺の鎮守社。







▼板碑が集められています。







▼御影堂。方三間、入母屋造、銅板葺、一間向拝付。
 本堂裏山をしばらく上ると広場にポツンと建ってます。天武天皇をお祀りしているそうですが、これはお気の毒としか云えず疎外
 感ありあり、隣に見えるのはトタン小屋ですよ。







天下のあじさい園へ行ってみましょう。
園は回遊路が巡っています。この咲き具合でも人の列が途切れません。



















































あじさいはいいとこ撮りをしても、マダマダの感じ。今週末頃から見頃になるようですよ。





▼御朱印です。

               



矢田寺これにて オ シ マ イ





↓ ポチッと押していただければたいへん嬉しいのですが。

神社・お寺巡り ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 慈光院、武家茶道石州流の家元。 | トップ | 一心寺、ジャカランダの花、... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アジサイの寺 (越後美人)
2017-06-16 14:22:17
一度行ってみたいと思いながら行けずにいます。
アジサイの寺と言われるだけあって、さすがに株数が多くて見ごたえがありそうですね。
見頃はもう少しのようですが、この時期の色づき始めた感じも素敵です(^_-)-☆
Unknown (きょろ)
2017-06-16 21:41:52
こんにちは
お寺に紫陽花
ケタが違いますね
アジサイの寺 (hdepon)
2017-06-16 23:51:28
越後美人さん、こんばんは。

矢田寺のあじさいは、約60種10,000株だそうで、
園内は相当広く、鑑賞回遊路を上手く巡らしています。
何度か訪ねているのですが、まだ満開見頃には縁がありません。
花のお寺も花が無けりゃただの寺ですよネ。
ボクにとってはそれがグーなんです、が。

いつもコメントありがとうございます。
Unknown (hidepon)
2017-06-17 00:15:38
きょろさん、こんばんは。
紫陽花の有名寺院は各地にあるみたいですが、
このお寺も見頃の時は凄いそうですよ。
ボクはまだ縁がありません。
コメントありがとうございます。

コメントを投稿

奈良の古寺巡り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL