ミセスファーマーの『農家の嫁日記』

東京から北海道の農家に嫁いで12年目に突入!
毎年が一年生の気持ちで勉強中のファーマーが日々の出来事を綴ります。

暴風の被害

2017-04-18 | 日記

自然は、なんて酷いことをしてくれるんだろう・・・。 台風でもこれほどの暴風は経験したことが

ありません。昨日訪れたばかりの真狩村では最大風速42メートルを記録し、留寿都でも大きな

被害がでたとニュースでやっていました。我が家地方でも立っていられないほどの暴風です。

朝のうちはまだそれでも風が強いなぁという程度で、これから屋根をかけるハウスに括り付けた

紐が真横になびく姿をカメラに収めたりしていましたが・・・

豚舎掃除を終える頃には徐々に被害が出てきました。これは敷地内に設置してある簡易トイレ。

風の力でひっくり返されていたのです。

車庫のシャッターがめくれてバタバタとなびいていました。この面のシャッターは普段は閉めてあり、

物置にしていたのですが・・・とりあえず何とか二人がかりでシャッターを一番上まで収納して、

後日縦のレール部分をはめて直すことに。

 

しかしこちらのシャッターはどうにもなりませんでした。すだれのようになってしまい、もう見守るしか

ありません。この倉庫の反対側(入り口側)のシャッターも、同じような状態です。風が強くなったので

閉めておいたことが仇になりました。

暴風で何度も何度も揺らされた結果、午後になると無残にもちぎれて飛んでしまいました。

壁のトタンも一枚はがれて舞い上がりました。危険なのでこの大きなトタン板は建物の中へ。

早い段階で大きな木が倒れて、今は使っていない元豚舎だった建物を直撃。屋根は凹み、窓ガラス

が割れてしまいました。辺りには木の枝などが散乱しています。

直径70~80cmはあろうかという太い木がポッキリ折れたのです。

 

でも今回一番の被害はハウスです。とにかく紐を締め直さなければと作業を始めた途端に、今までより

更に強い風がゴォーゴォーという不気味な音を立てながら吹き荒れ、あっという間に端から捲れ上がり

紐を引きちぎりながらパイプとビニールが暴れ出す様を、なす術もなく見つめるしかありませんでした。

ここは一昨日植え付けを終えたばかりのスイートコーンのハウスでした。無残にも、午後には四分の一

くらいを残して全ての屋根がはがれ、紐もパッカーもワイヤーも、何がどこに行ったのかも判らない状態に。

朝、紐がゆらゆらしていた骨組みだけのハウス。屋根のビニールをかけていなかったから被害が出る事

はないと思っていたら、一番端の面が倒れてしまいました。

これは5棟先のハウスの屋根から飛んできた鉄パイプです。こんなに長いものまでが3本ほど一度に

宙に舞い上がり、風下にいた私たちの方へ飛んで来た時は恐怖でとにかく必死で逃げました。

それがこのハウスのものです。ここは一番被害が大きく、屋根はすっかり飛ばされて、その屋根がねじれ

ながら一つまたいだ2棟目のハウスとの間に落ちたので、被害を隣り2棟のハウスにまで広げないよう

ダンナさまがワイヤーを切ったりしながら完全に骨組みから外す作業をする間、ミセスファーマーは必死で

全体重をかけて風で舞い上がろうとするビニールとパイプを押さえつけていました。手を離せば麦畑の

方へどんどん持って行かれそうになり、それが畑で止まれば良いけどそのまま舞って近隣の家のほうまで

飛んで行く可能性も充分あったので、とにかく押さえておかないと・・・轟音の中、大声を張り上げても相手に

声が届かないし姿も見えなくなるしで、泣きたくなるほどの怖さと風との闘いでした。

ちなみに、ここはほうれん草の芽がやっと出揃い、畝が見えてきたばかりのハウスでした。

まるで春先の、これからビニールをかけるハウスのように、屋根には何もなくなりました。結局、ビニールが

使えなくなって張り替えが必要なハウスは3棟です。

豚舎の方にも被害がありました。屋根のトタンがはがれて飛んだりめくれ上がったりしているのが3ヶ所、

ただ幸いにも天井に穴が開いたところはどこもたまたま豚が入っていない部屋の上でした。まだ明日までは

雨も降るので、豚がいなくて助かりました。

これだけ一度に被害を受けたのは初めてで、雨上がりに一体どこから手をつけて良いのか途方に暮れます。

昨年の台風や大雨の影響はなかったわが家地域も、さすがに今回は免れませんでした。暴風はコントロール

がまったく効かなくなるので怖い・・・心底そう思います。 ただこんな状況でも、家族や生き物たちが全員怪我

もなく無事であったことに感謝です。

 

にほんブログ村に参加しています。応援のポチ!お願いします
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おでかけ日和に | トップ | 片付けと復旧作業開始 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
言葉になりません (リン)
2017-04-19 21:31:51
大変な被害が出ましたね。
農家は自然と直結しているので、何か事があると被害が大きくなりますね。
和歌山は台風銀座と呼ばれ、台風の上陸が多いので、ミセスファーマーさんのお宅の被害は、他人事ではありません。
後片付けに大変な労力が必要でしょうが、お疲れが出ませんようお祈りしています。
リンさんへ (ミセスファーマー)
2017-04-19 23:35:25
お見舞いコメントありがとうございます。
今まで各地で起こるいろいろな自然災害で、特に農家の被害状況を見るにつけ心を痛めていましたが
とうとうわが家にも順番が回ってきたのかなという思いです。本当に他人事ではなかった・・・と。
昨日のうちにさっそくビニールやその他ハウスの修理に必要なものを注文しましたが、
これから畑も忙しくなる時期に復旧作業が優先されるというのがまた痛手です。
近年の激しい気象の変化に人間がついていけるのか・・・何だか自信が無くなる気がします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む