ミセスファーマーの『農家の嫁日記』

東京から北海道の農家に嫁いで12年目に突入!
毎年が一年生の気持ちで勉強中のファーマーが日々の出来事を綴ります。

深刻な鹿による被害

2010-06-26 | 日記
夕方、義母が「枝豆が“わや”だ!」(注:めちゃくちゃの意味)と憤慨しながら家に入ってきました。

聞けば枝豆や義母が植えた黒豆の芽が、先日の紫花豆の時と同じ状態になっていると言うのです。

数日前に見に行った時は異状なかったのに・・・ とりあえず夕食後、片付けをサッサと済ませて

畑を見に行ってみました。一番最後に苗で植えた枝豆は無事。 しかし・・・



中央から奥の方の枝豆や黒豆が、無残にやられています その横にはしっかりと犯人の足跡が



あ~こんなになっちゃって・・・



しかも、被害はその隣りのスイートコーンにも及んでいました



鹿の歩いた通りに、あっちもこっちも芽が摘まれているのです



足跡は新しく、かなり深くなっているところを見ると、3日前に大雨が降って地面がぬかっていた

直後に荒らされたのだと考えられます。紫花豆の畑はさすがに竹を差した後は鹿も入って行けなく

なったのでしょう。代わりの餌場を探して今度はこっちに来ていたとは



一体どんなルートでここに来ているのだろうと思い鹿の足跡を辿ってみると、水田の方から上がって

きて最初の列の黒豆、枝豆と進み、その隣りのスイートコーンを摘まみながら・・・



ジャガイモの畝をまたいで横切り



最後は麦畑のところで足跡が終わっていました。さすがに麦は背が高くなっているので横切りにく

かったのでしょうか。(麦ならこんなに沢山あるから少しぐらい食べたっていいのに、モサモサして

食感が悪いから食べないの?)その後またUターンして水田の方へ戻ったのか、麦畑の奥の林の

方へ行ったのか定かではありませんが、いずれにしてもまだ実がつく前からこの調子では、今年は

本当に鹿の餌だけ育てて、人間の口に入る前に全て無くなってしまうかもしれません



鹿は保護動物だから、こんなに悪さをしても何のお咎めも無しで頭数も増える一方だなんて・・・

鹿もキツネも狸も猿もイノシシも、みーんな動物園で見たら可愛いけれど、農家にとってはどれも

にっくき天敵なのですよ~~



こちらをクリックしていただけると嬉しいです
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加