ウォーク更家の散歩 (東海道を歩く、中山道を歩く)

「東海道五十三次を歩く・完全踏破の一人旅」
(http://www.minedayo.com/)

「金魚アート展 2017」 (日本橋) 2017.7.12  

2017-07-16 16:45:39 | Weblog
  
(写真は、金魚が泳ぐカプチーノ)


所用で日本橋に出かけましたが、地下鉄の駅のコンコースに、涼しそうな”金魚の涼”のポスターが
貼ってありました。

お昼前の異常な暑さに耐えかねて、見るからに涼しそうな金魚展に入場して、暫くの間、猛暑を凌ぐ
ことにしました。

会場は、写真の「コレド室町1」の5階にある「日本橋三井ホール」で、「日本橋 金魚アート アクアリウム 2017」
(江戸・金魚の涼)を開催していました。

(入場料1,000円 :期間 7月7日~9月24日: 昼の部 11:00~19:00、夜の部 19:00~23:30(夜の部では酒類を提供))


平日のお昼どきにも拘わらず、会場内は満員で、6割が若い女性、2割がオバサンのグループ、残りが
外国人や子供連れ、といった感じでした。


嬉しいことに、会場内は写真撮影OKです。

無数の金魚が舞い泳ぎ、そこに照明や映像、音楽などの演出が加わり、和をモチーフにした水中アートが
繰り広げられています。

水槽の水の色は、青になったり、赤になったり、と七色に変化していきます。

まるで、江戸時代の花街に迷い込んだかの様な、幻想的な世界が広がります!

金魚を観賞して涼をとっていた「江戸の文化」を現代に蘇らせよう、という作者の意図を強く感じます。

この金魚アート展は、毎年、この時期に開催されているらしく、今年のテーマは「龍宮城」だそうです。


上の写真は、“玉手箱”をモチーフにした「タマテリウム」で、玉手箱の型をした水槽の中を金魚たちが
泳いでいます。


上の写真は、龍宮城の世界を表現した「龍宮四季絵巻」の映像で、その手前の水槽を鯉が泳いでいます。


上の写真は、「江戸切子の水槽」を泳ぐ金魚で、涼しそうです。

江戸切子の装飾も見応えがあります。


メイン会場の水槽の設置は、写真の様にひな壇状になっていて、そこに横長の水槽が並べられています。



ひな壇の階段に、ジグザグに配置された水槽が、ライトアップされて幻想的です。



上の写真は、”3,000匹もの金魚”が泳ぐ「花魁(おいらん)」をモチーフにした水槽です!!

水槽は、高さ2.5メートルの巨大なもので、泳いでいる金魚はぎゅうぎゅう詰めです!

この「花魁」の作品は、金魚を、江戸の花街に生きた花魁に見立てて、花魁が「金魚鉢」でしか
生きられない世界を描いているのだそうです。

なるほどね、納得。


上の写真は、日本の伝統工芸である九谷焼で製作された「九谷金魚品評」です。

また、他にも大小さまざまな形の水槽が設置されていました。












金魚アート展を見終わって、会場に併設された「金魚カフェ」で、写真の「金魚すくいのカプチーノ」(600円)を飲んで一服します。

カプチーノの背景は、道路向いの三井本館ビルです。


出口には、金魚関係のお土産グッズがたくさん売られており、こちらも若い女性で賑わっていました。




全般的な感想としては、個々の作品の完成度が非常に高く、単なる”金魚展”を超えて、文字通りの
立派な”アート展”といった感じで、クオリティの高い”日本の夏”を満喫出来ました。

ps.アクセス
 東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅直結 A6出口
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平塚の七夕 (神奈川県平塚市... | トップ | 麻布十番 界隈 散策 ( 1/2 ) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
金魚 (船橋原人)
2017-07-17 05:59:34
最近は色んな物をテーマに展示会などが開催されているようですが、「金魚」が色んな形で表現されていて見て楽しそうですね。
暑さも忘れるのでは??
金魚アートの世界 (ウォーク更家)
2017-07-17 09:16:27
ええ、暑さを忘れて、金魚アートの世界に没頭してしまいましたよ。

最近は色んなテーマの展示会が開催されていますが、これは、近くて交通の便もよいし、絶対にお勧めですよ。
こんばんは。 (Komoyo Mikomoti)
2017-07-19 19:36:22
金魚アートというのは初めて見ましたが、毎年開催されているのですね。
入場料もそれなりのものですが、なかなか面白いですね。
それに、真夏には涼しげでいいですね。

お客さんは、ほとんどが女性ということでしょうか?
ほとんどが女性 (ウォーク更家)
2017-07-20 06:23:18
ええ、毎年開催されているのらしいですが、私は、たまたま通りがかりで、金魚アートは初めてでした。

内容は、入場料以上の充実したもので、涼しげでよかったし、なかなか面白かったですよ。

ええ、お客は、ほとんどが女性で、こちらが恥ずかしくなるくらいでした。

場所が日本橋なので、若い女性は、近くに勤務して情報を得ているのかも知れませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL