ウォーク更家の散歩 (東海道を歩く、中山道を歩く)

「東海道五十三次を歩く・完全踏破の一人旅」
(http://www.minedayo.com/)

平塚の七夕 (神奈川県平塚市) 2017.7.9

2017-07-11 21:35:35 | Weblog

(写真は「ひらつか七夕まつり」)

一昨日(7/9)、日本三大七夕まつりの一つ「湘南ひらつか七夕まつり」に行って来ました。

7/7~9の三日間で、155万人の人出が見込まれるそうです。

しかし、”三大七夕まつり”と銘打ってはいるものの、やはり、全国区の「仙台の夕まつり」に比べると、
地元の平塚の七夕は、メインの七夕飾りが何となく貧相な感じがするのは否めません・・・

(仙台七夕まつりについては、2012.8.20の「白神山地と平泉金色堂」の最後の方を見てね。)


それでも、会場の入り口となるJR平塚駅北口の出口は、午前11時にも拘わらず、早くも多くの人々でごった返しています。



真夏の強い日差しの中、人込みの流れに従って、約500本のカラフルな七夕飾りが並ぶという中心商店街へと向かいます。





















吹き流しが、写真の様に、風で激しく揺れています。


1枚100円で短冊を売っていますが、大勢の人が買って、願い事を書き込んでいました。

上の写真の様に、ドサッと束ねて重ねて飾られていますが、最後は、平塚八幡宮に奉納されるらしいです。


メインストリートには屋台が並びます。

金魚すくい等に子供たちの歓声があがります。



意外に、冷やしキュウリ(300円)や、アユの塩焼き(500円)が人気です。



昔懐かしい”お化け屋敷”や、”ゾンビ村”まで出現して、お祭り気分は最高潮です。







(福原愛と浅田真央と宮里藍)

特設会場では、松岡修造の”熱血指導”などもやっているみたいなのですが、人混みでなかなか進めないのと、
余りの暑さに耐えかねて、お昼過ぎには早々に撤退しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JR鶴見線・浜川崎駅  201... | トップ | 「金魚アート展 2017」 (日... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
平塚の七夕 (hide-san)
2017-07-12 16:16:53
平塚の七夕は有名で、飾り付けも素晴らしいですが、
人でもすごいですね。

東京の福生市の七夕も凄いですよ。
市内に横田基地がありますので、米国人も繰り出して大変な賑わいです。

他に仙台の七夕も楽しいですね。
平塚の七夕でお祭り気分を満喫 (ウォーク更家)
2017-07-12 17:01:18
そうですね、平塚の七夕は仙台の七夕には及ばないものの、会場の雰囲気が結構盛り上がっていて、ワクワクする様な七夕のお祭り気分は満喫できました。

そうですか、福生の七夕は、横田基地の米人も繰り出して、また違った雰囲気で面白そうですね。
こんばんは。 (Komoyo Mikomoti)
2017-07-14 20:13:07
平塚駅に行ったときに、平塚の七夕が有名だということは知ったのですが、それが平塚の七夕なんですね。

たいへんな賑わいですね!
平塚七夕の人混み (ウォーク更家)
2017-07-14 21:00:00
そうですね、平塚駅には、普段でも七夕を飾っていますね。
ええ、人混みでは、仙台の七夕に負けないかもしれません。

Komoyo Mikomotiさんは、平塚の宿場町をコマめに歩いておられるので、町中の様子は私より詳しいかも知れませんね。
七夕さま (iina)
2017-07-16 09:35:59
仙台七夕は、伊達政宗時代から続く伝統行事なら歴史的には平塚より仙台に軍配が上がりますね。

平塚七夕はことし67回目だそうですが、一時は大掛かりな飾りつけでした。平塚が7月開催で、1か月後の8月に仙台七夕ですから、
平塚で使ったものを一部飾っているとも聞きます。

iinaが平塚七夕を楽しんだのは、8年も前のことでした。 (^_^;)
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/dd6e78498833966e70161bf6e6cb0fa1

8年前 (ウォーク更家)
2017-07-16 10:31:03
そうですね、やはり仙台七夕には色々な面で勝てないけど、それでも67回目というのも立派です。

ええっ~!平塚で使ったものの使い回しですか!、驚き!

飾りつけは、8年前とほとんど変わらない感じです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL