すぎライド…山は苦手。向かい風は嫌いです!

2009秋に2010TCRをゲットして始まったローディ生活。なかなか出掛けれなくネタも少ないけど、記録として…

10/10 師崎 往復

2016年10月11日 | ロード
久し振りにロングが走りたくて会社メンバーに知多イチの誘いをかけるも釣れたのはヒロ一人。 まぁ、固いメンバー。

夜明けとともに起床して出掛けるも寒すぎる!ウンドブレーカーベストでは全く足りませぬ、最低余分にレッグカバーくらいは欲しかった。。。。



7時に名古屋市内コンビニで集合して9時ソウリ池を目指します。
毎度のヒロの遅刻があったけど二人とも元気なので無事に予定通り到着。 ヒロは何故かフルアルミの新車、ってなんつう重さ、12,3kgはありそう。知多一なのに何故このバイク、


さすがに久しぶりの天気なので追い抜かれるわ、擦れ違うわとローディさんだらけです。

以前は往路をガンガン走っていたけど、大人になりました。復路を気にして少し抑えて走ります。 と、言っても"えびせんの里"には一時間で到着。 追い風が強いので楽ちん、楽ちん。 けど。。。帰りが怖いよ~

いつもなら"えびせんの里"からも農道を走るんだけど、ヒロの調子がイマイチらしいので247号を南下します。微妙な下り基調に追い風なので調子がよい(笑 あっという間に"魚太郎"に到着してしまう。 今日のお昼は師崎の”漁師丼”だし時間も早いので水分補修をしてリスタート。



師崎に到着したのが11時ころなのでこれも予定通り! 途中の"魚太丼"で人が並んでいたのを焦って折り返しで急いで戻るも、、、運悪く待ち時間が長い(泣





"一馬屋”"漁師丼ランチ”に舌鼓。ランチタイムだけ”漁師丼”にエビフライに大アサリが付きます。アジの活造りを卵をかまらせてシラス丼へダイブ。 食べた後はアジの骨をから揚げにして出してくれます。 しっかりと揚げているのでおっさんでも問題無し(笑


さて、お腹が膨れた後は向い風の中を帰らねば。。。13時発は一時間遅れだけど、頑張るべ~。 既にヒロはヘロヘロ状態。いつかのトロバラのよう(笑 なので内海方面に向かわずに247号から農道で帰ることにしないと夜遅くになってしまう。


247号を北上するも度々ヒロが居なくなる、って、イツノマニカ遠く千切れてる。人のペースに合わせずマイペースで走るヒロ。 このお陰か"えびせんの里"には往路と同じ一時間で到着。 疲労困憊なのでコーヒータイム、少しだけね。さてここからは農道でっせ~。

全く追いついてくれないので片足ペダリングの練習をば。となんてヒロに失礼なんでしょう(笑
後半に思いついたのはインターバル、信号の度に30秒数えてヒロにアタックするもあっという間に追いついてしまう、ほど疲労困憊のヒロでした。



毎度のごとく、相手にしてくれず淡々と走るのでソウリ池には一時間で到着。すごい、すごいぞヒロ! そこそこの休憩をとってから再出発。目標は名古屋市内だけど、まぁ、その場のノリで。
実はここでヒロをドーピングをしていたのでした(のが後で如実に。。。)

トイレ休憩で名和で一休憩。帰路ではよくお世話になってます。たいていヘロヘロになっているので休む回数が増えるんですよね~。 今回は往路も抑えて、復路はヒロがへばってくれたので脚が残っているのは初めて(笑

とここからヒロの独壇場!師崎からほぼ曳いてきたんだけど、さきほどソウリ池でのドーピングが効いてきてヒロが先に走る。ツキイチがせいぜいでした(汗 こんなにドーピングって効くの?

名和からは名古屋市内を通過して予定通りに帰宅。 素晴らしい!


今回はアタック合戦もなくほぼ自分の(抑えた)ペースで走ったので、いつもより早く帰宅出来て、余裕が残る知多イチ、否、師崎往復は初めてかも(笑

たまにはロングをしないといけないですね。
知多一ならぬ師崎往復だったので140kmはしょうがない。


距離     移動時間 高度
138.5km  5:34:23  997m

平均パワー 合計運動量
179W    3,648kJ

      平均  最高
スピード  24.9km/時  51.8km/時
心拍数   138bpm   175bpm
ケイデンス 72     223
パワー   182W    995W
カロリー       4,067
温度    19℃
経過タイム      10:49:50
PowerCALはパワーMaxがスゴい、、、汗
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/09 高蔵寺 往復 | トップ | 10/15 背割 平地練 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL