大リーグ好き、集まれ!

大リーグ情報&意見交換の共有場

玄人・素人『大リーグ通』お待ちしてます。 他人・社会の風評攻撃は、御法度です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

MLB情報の拾い物&駆り集め、最新記事『 Roundup 』 ・ 3/07 ; 第3稿 《訂正&加筆》

2013-03-07 16:00:58 | Weblog
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●  【 [ ピオリア〔AZ〕、( ・球場)]、--- 2013年2月18日(月) : - 資料写真ファイル〈'13年月日()〉:、… シアトル・マリナーズ先発、日本人選手の岩隈久志投手は、大リーグ野球の春季オープン戦の練習で投げます。 】

   ※ 《 試合内容と会見の模様は、MLB.com球団別の公式HPで、: http://seattle.mariners.mlb.com/video/play.jsp?tcid=mm_sea_vid&c_id=sea 》
--------------------------------------------------------------------------------


-------------------------------------------------------------------------------- 
   ※ 「 MLB.com の シアトル・マリナーズ ツイッター公式サイト 」; http://twitter.com/Mariners

    * 「  〃   岩隈久志投手の公式ブログ 」; http://ameblo.jp/hisashi-iwakuma/ 

   ※ 「   〃   フェイスブック 公式サイト 」; http://www.facebook.com/Mariners 

   ※ 「   〃   Google+  公式サイト 」: https://plus.google.com/+mariners?prsrc=1#+mariners/posts?prsrc=1

   ※ 「   〃   マリナーズ 公式ファンクラブ 」; http://seattle.mariners.mlb.com/fan_forum/index.jsp?c_id=sea

   ※ 「   〃    〃    公式モバイル 」; http://seattle.mariners.mlb.com/mobile/?c_id=sea《登録が必要》

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   ※ 「 地元紙のスポーツ欄 」; http://seattletimes.com/html/mariners/?from=stnv2 《(見出しは、『 マリナーズのラインナップ;対ブリュワーズ戦: グッチが口火を切ること、次に打つオーキー。』:〔 シアトル・タイムズ紙/ラリー・ストーン記者、[2013年3月6日水曜日(午前7:17)]〕、… グレンデール(AZ)- しかし、恐らくこれをあまりに見抜いて、ダスティン・アクレーおよびフランクリン・グティエレス選手は、今春初めてラインナップにともにいます。また、グティエレス選手は開始(彼がすべてのスタートの中で行ったとして)に打撃を与えるグティエレス選手です。アクレー選手は次に打っています。エリック・ウェッジ監督は、彼がラインナップ・コンビネーションの実験に行きグティエレス選手が最初に打つ可能性を除外しなかった、と言いました。

ここに、ラインナップがあります。

1番: フランクリン・グティエレス中堅手。(CF)。/交代:モーバン中堅手。
2番: ダスティン・アクレー二塁手。(2B)。/交代:アンディーノ二塁手
3番: マイケル・モース右翼手。(RF)。/交代:べル右翼手。
4番: ジェーソン・ベイ左翼手。(LF)。/交代:タームズ左翼手。
5番: ラウル・イバニェス選手。(DH)。/交代:ペギュエロ選手。
6番: ・スモーク一塁手。(1B)。/交代:ジェーコブス一塁手。
7番: イエス・モンテーロ捕手。(C)./交代:ショパッチ捕手。
8番: ビニー・カトリカーラ三塁手。(3B)。/交代:シーガー三塁手。
9番: ブレンダン・ライアン遊撃手。(SS)。/交代:トリンフェル遊撃手

先発:右腕ブレーク・ビーバン投手。(RHP)。

*  中継ぎピッチャー: #31. キャメロン・ロー投手。(RHP)。/ #39. ダニー・ファーカー。(RHP)。/ #41. 左腕チャーリー・ファーブッシュ。(LHP)。/ #50. エラスモ・ラミレッツ。(RHP)。/ #52. ジョニー・ヌニェス。(RHP)。/ #53. ジョシュ・キニー。(RHP)。/ #71. ローガン・バウコム。(RHP)。/ #73. カーソン・スミス。(RHP)。/ 

*  内野手: (控え)

#1. カルロス・トリンフェル選手。(INF)/ #35. 左打者マイク・ジェーコブス一塁手。(1B) 。/ #61. ニック・フランクリン。(SS) 。/ #75. スティファン・ロメロ選手。(INF)。/ #77. 左打者ブラッド・ミラー。(INF)。

*  外野手: (控え)

#4. 左打者カルロス・ペギュエロ選手。/ (L) 。/#10. 左打者エリック・テムズ。(L) 。/ #66. フランシスコ・マルチネス。/ #76 フリオ・モーバン。(L)。

*  キャッチャー: (控え)

#2. イエス・スクレ。(C)。/ #5 マイク・ズニーノ。(C)。/ #9. ジョン・ヒックス。(C)。/ #27. ロニー・ポウリーノ。(C)。 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   ※ ; http://www.seattlepi.com/sports/baseball/ 《(見出しは、『 カクタス・リーグ・ゲーム12(マリナーズのブリュワーズ)。』:〔 seattlepi.com紙/U.S.S. Mariner、[2013年3月5日(午後5:47)]〕、… フェニックス(AZ:・球場);2013年のシアトル·マリナーズは、本当に驚くべき捕食者である。彼らの攻撃陣のほとんどは、ストライキを待ち伏せであるか、レンジャーズとエンゼルスのような強者をストーカーの様に強襲。理由は何であれ、多くの餌の動物はまだマリナーズの著名なチームの家紋または 'S''はその象徴と"帽子に逃走反応をしていない。これは、新しい地区に移動したマリナーズの結果であるかもしれないので、地元の球団が侵入者のための健全な敬意を開発するためにまだ持っている。プライドの何人かのメンバーは非常に背が高く、長時間練習が必要で未熟であるため実際には、驚きや急所攻撃は、マリナーズの強みをプレーでできていません。ブレイク・ビーバン投手はこれらの本当の大規模な見本である。…以下省略…》

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆  ミルウォーキー・ブリュワーズ。(4勝-6敗)。

1番; #7. 左打者:青木宣親右翼手/(L) 。(RF)。
2番: #9. ジーン・セグラ遊撃手。(SS)。
3番: #23. リッキー・ウィークス二塁手。(2B)。
4番: #57. クリス・デイビス選手。(DH)。
5番; #22. 左打者:ローガン・シェーファー中堅手/(L) 。(CF)。
6番: #2. ボビー・クロスビー三塁手。(3B)。
7番; #15. 左打者:カルブ・ジンデル左翼手/(L) 。(LF)。
8番; #92. 左打者:ハンター・モーリス一塁手/(L)。(1B)。
9番: #40. ロビンソン・ディアス捕手。(C).

先発投手:  マイク・フィエル投手。(RHP)。#64.。…以下省略…》

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   ※ 「 対戦相手の地元紙 」; http://www.jsonline.com/sports/brewers/ 《(見出しは、『 インゲームの雑談: マリナーズ、対ブリュワーズ戦。』:〔 JS・オンライン紙 /トム・ハウドリーコート&トッド/・ロジアック記者、[2013年3月06日(曜)、午後1:30]〕、… フェニックス(AZ); ブリュワーズのジョシュ・プリンス外野手は、メリーベール野球場での最近の春季オープン戦のゲームの前に、署名します。》
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   ※ ; http://www.brewcrewball.com/2013/3/6/4071336/game-preview-thread-24-brewers-4-6-mariners-10-1 《(見出しは、『 ブリュワーズ(4対-6)マリナーズ。』:〔SB・Nation /キール・ロブナー記者、[2013年3月06日(曜)、午後00:00]〕、… ピオリア(AZ); ブリュワーズは金曜日以来ずっとカクタス・リーグ・ゲームに負けていません。しかし、マリナーズは単にオープン戦で、1敗しました。今日のゲームで、猛烈なマリナーズ(連続10試合のアリゾナ・ゲームの勝利者)に対する場合、ブリュワーズは今日、ピオリアでカクタス・リーグ・プレーを再開します。マリナーズの2月22日のパドレス戦での敗北を備えた開かれたカクタス・リーグ・プレー、しかしそれ以来、負けておらず、26日に6対-5でブリュワーズに勝つ。恐らく、事態はブリュワーズが24歳の右腕ブレーク・ビーバン投手(この春の防御率:3.60(ERA)、2012年の4.43/4.85のERA/FIP)に対する今日異なるかもしれません。彼の3試合目の大リーグ・シーズンに彼の3度目のオープン戦に姿を見せています。ビーバン投手は、2本のヒット上の2打点および1本のホームランを許して、木曜日に3イニングをジャイアンツに対して際立って投げました。彼は249.1大リーグ・イニングに通算4.37のERAを持っています。ビーバン投手の投球内容は、先発投手として彼に関するかなり魅惑的な話を話します。肯定的な評価で、彼のコントロールは非常によく見えます。マイク・フィエル投手(この春の防御率:1.80(ERA)、2012年の3.74/3.09のERA/FIP)と対戦するでしょう。この人はさらに彼の3試合目のオープン戦に姿を見せています。フィエル投手は、四死球および3個の三振のない3本のヒット上の打点を許して、木曜日に3イニングをホワイトソックス戦に対して際立って投げました。今日2回1/3イニング以上を投げれば、彼はブリュワーズ戦、カクタス・リーグのトップに躍り出るでしょう。…以下省略…》


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  ◆  『 ミルウォーキー・ブリュワーズの選手登録簿報告書 』  ◆

●  予想される先発ローテーション: 

1番手. 右腕(RHP):  ヨバンニ・ギャラード投手
|
2番手. 右腕(RHP):  マルコ・エストラダ
|
3番手. 左腕(LHP):  クリス・ナーブソン
|
4番手. 右腕(RHP):  ウィリー・ペラルタ
|
5番手. 右腕(RHP):  マイク・フィエル投手

ロン・ローエンニック監督は、ギャラードおよびエストラダ投手だけが鉛筆で書かれた、入るキャンプを言いました、ローテーション。

他の3つのスポットはナーブソン、ペラルタ、フィエルおよび右腕マーク・ロジャーズ投手によって戦われるでしょう。その後の3投手は2012年に印象的な成績を作りました。

ナーブソン投手(この人は回旋筋蓋の手術から離れる)は、彼が健康なことを示さなければなりません。しかし、ブリュワーズは先発ローテーションで左腕投手が好きでしょう。

ロジャーズ投手は、マイナー・リーグ・オプションが不足しており、ウェーバーをクリアーしないでしょう。したがって、先発ローテーションをしなければ、彼が恐らくリリーフ役割へ移されるでしょう。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●  予想されるブルペン陣 :


* 右腕(RHP): ジョン・アックスフォード投手(クローザー)

* 左腕(LHP): マイケル・ゴンサレス

* 左腕(LHP): トム・ゴルゼラニー

* 右腕(RHP): バーク・バーデンホップ

* 右腕(RHP): ジム・ヘンダーソン

* 右腕(RHP): ブランドン・キンツラー

* 右腕(RHP): マーク・ロジャーズ投手

アックスフォード投手は、2012年シーズンの中頃に鉛板を保護するいくつかの最高水準の問題をしていたが最終週に元の遠征ロード上で戻りました。また、ブリュワーズは役割に彼を委ねられます。

万一、何かがアックスフォード投手に起これば、ヘンダーソン投手は恐らくプランB.(交代要員)でしょう。

フリー・エージェントの移籍市場に出ている、ゴンサレスおよびゴルゼラニーの追加分は、それらになかったブリュワーズを何かに与えます、終盤のイニングに試合の中で使用する、しばらくの間-1組のベテランの左腕投手。

マイナー・リーグ・オプションが不足しているので、先発ローテーションをしなければ、ロジャーズ投手はブルペン陣へ行くでしょう。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●  予想されるラインナップ:

1番.  (RF) :  青木宣親右翼手。

2番.  (2B) :  リッキー・ウィークス二塁手

3番.  (LF) :  ライアン・ブラウン左翼手

4番.  (3B) :  アラミス・ラミレッツ三塁手

5番.  (C) :  ジョナサン・ラクロイ捕手

6番.  (1B) :  アレックス・ゴンサレス一塁手、あるいはボビー・クロスビーか、テーラー・グリーン一塁手。

7番.  (CF) :  カルロス・ゴメス中堅手

8番.  (SS) :  ジーン・セグラ遊撃手

ロン・ローエンニック監督は、投げる試合によって、彼が打順の先頭の2つの場所での青木およびウィークス選手を時々位置変更してもよいと言いました。

一塁は、膝手術を受けた後に最初の6~8週を逃すと予想される、コーリー・ハート選手との疑問符です。

ゴメス選手は伝統的に低い出塁率選手でした。また、セグラ選手は初めてフルシーズンの間先発メンバーになるでしょう。したがって、ブリュワーズ打線のラインナップの底から貢献の多くを得るだろうかどうかは今のところ不明です。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
★  期待のトップ・ルーキー:

* 控え ; 右腕(RHP)ウィリー・ペラルタ投手は先の9月、彼の後ろに揺れるクラスAAAのシーズン(7-11、28のスタートでの4.66のERA)を置きました。また、非常に見事に[2-1、6ゲームでの防御率:2.48(ERA)]行なったので、彼は、先発ローテーションでスポット枠を乗り組ませるために戸口に足を持っています。ローガン・シェーファー外野手(クラスAAA「ナッシュビル」での124ゲームのうち、打率:.278)は、他のものが春季キャンプで何を行うかに依存して、デプス・チャート上のバックアップ・センターおよび恐らく4位の外野手になるでしょう。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■  医療監視 :「 治療経過と復帰時期 」

(1B)、 マット・ガメル一塁手(裂かれた正しい前十字靱帯)は、2月16日に傷つけられました。彼は全シーズンを逃すでしょう。

(1B)、 コーリー・ハート一塁手(2013年1月の右膝の手術)は、4月後半までに戻ることを望みます。

(RHP)、ウィリー・ペラルタ投手(少しの肩凝り)は、春季トレーニングの中で初期に遅くなりました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■  『 MLB情報の拾い物&駆り集め、最新記事 』  ;  MLB関連記事の『 Roundup 』 3月07日、2013

◆ 『 MLBパワー・ランキング 2013 : ここで春季トレーニングが始まるとともに、チームはそれぞれの位置に立っています。』

  * アメリカン・リーグ【西地区】。

 ★ オークランド・アスレティックス;《94勝-68敗、勝率:.580、(ホームで50-31、ロードで44-37)、AL【西地区】第1位の場所 》

●  『  予想される先発ローテーション  』

1番手. 左腕(LHP):  ブレット・アンダーソン投手
2番手. 右腕(RHP):  ジャロッド・パーカー
3番手. 左腕(LHP):  トミー・ミローヌ
4番手. 右腕(RHP):  A.J.グリュブス
5番手. 右腕(RHP):  バートロ・コロン(薬物使用による出場停止の処分終了の後…)

昨年、トミー・ジョン症の手術からリハビリ治療する時、アンダーソン投手は、20ポンド程度やせました。また、彼は彼が8月に戻った時、これまでより調子がよく見えました。パーカー投手はルーキーとしてほとんどのカテゴリーでアスレティックスの先発メンバーをリードしました。また、彼およびミローヌ投手は両方とも13の勝利を計上しました。グリフィン投手は15試合の先発スタートで印象づけました、行くこと、防御率:3.06(ERA)を備えた7勝-1敗および右腕ダン・ストレイリー投手、5つのAの先発ローテーション枠でのルーキーのうちの1人、そのシーズンの最終の2週、コロン投手のための少なくとも1つの先発枠に書き入れるだろう。この人は彼の50ゲームの薬物使用による出場停止の処分終了する間に最初の5ゲームを逃すでしょう。

●  『  予想されるブルペン陣  』

* 右腕 (RHP)  :  グラント・バルフォア(クローザー)
* 右腕 (RHP)  :  ライアン・コック
* 左腕 (LHP)  :  ショーン・ドゥーリトル
* 左腕 (LHP)  :  ジョーダン・ノルベルト
* 左腕 (LHP)  :  ジェリー・ブレビンス
* 右腕 (RHP)  :  フェルナンド・ロドリゲス投手。

ブルペン陣は、2012年のセットポジションおよびルーキー(クックとドゥーリトル投手)を下って特に、特にそのように印象的でした。
バルフォア投手の火の気質は、ポストシーズンへAのを押し上げるのを支援しました。したがって、最終の3イニングはオークランドのためにほとんどセットされます。
ノルベルト投手は肩腱炎の繰り返し発現から離れますが、彼がそのシーズンの準備ができると予想されます。
ブルペン陣の最後のスポット枠は、ノルベルト投手が完全に健康ならば、最近獲得したロドリゲスと中継ぎトラビス・ブラックリー投手の間にあるでしょう。この人は昨シーズン、先発メンバーとリリーフ投手としてオークランドには価値がありました。

●  『  予想されるラインナップ  』

1番.  (CF) :  ココ・クリスプ中堅手。
2番.  (2B) :  ジェッド・ローリー二塁手
3番.  (LF) :  ヨエニス・セスペデス左翼手
4番.  (RF) :  ジョシュ・レッジック右翼手
5番.  (DH) :  クリス・ヤング/セツ・スミス選手
6番.  (1B) :  ブランドン・モス一塁手
7番.  (3B) :  ジョシュ・ドナルドソン三塁手
8番.  (C)  :  ジョン・ジェソ捕手
9番.  (SS) :  中島裕之遊撃手。

アスレティックスの起用された、5選手、昨年、またラインナップは得るだろう、さらに予測可能でない、4番目の先発外野手の追加を備えた今シーズン、ヤング選手、また内野手、ローリー選手、両方とも至る所でプレーすると予想されます。
ジェソ選手は、高い出塁率で、順にしばしばより高く打つかもしれません。また、一度、アスレティックスは、中島選手がバットでできることのために感触を得ます、さらに、彼はよりしばしば動き回るかもしれません。
スコット・サイズモアおよびジェミール・ウィークス選手は、また可能な内野陣オプションです。

★  期待のトップ・ルーキー  :

* 控え ; (SS)  中島裕之遊撃手は彼の米国でプレーする最初の年に30歳のルーキーになるでしょう。; 彼は日本で、打率:.302の打者でした。Aは、彼が、それらがいつか場所に中へ持ったより多くのオフェンス陣を提供するだろうと予期します。8月3日に昇格した時、右腕ダン・ストレイリー投手は190個の三振を備えた主戦投手でした。また、彼はメジャーに行きました、7試合の先発スタートでの防御率:3.89を備えた2勝-1敗。

■  医療監視 :「 治療経過と復帰時期 」

(INF)、 スコット・サイズモア選手(死球を受けた)は左手の上に当たりました。しかし、X線は破損を示しませんでした。サイズモア選手は、昨春練習の1日目に彼の左膝中のACLを裂いた後に2012年シーズンをすべて逃しました。

(OF)、 クリス・ヤング外野手(左の大腿四頭筋緊張)は2月24日のゲームから出て来ました。病気は、小さいと考えられました。彼は4ゲームを逃し金曜日にラインナップに戻りました。また、彼には日曜日まで過去の3ゲームでヒットが出ていました。

(RHP)、 グラント・バルフォア投手(2013年2月の関節鏡検査法の右膝の手術)は半月板を治療しました。彼は2月後半に水平な地上で投げていました。また、彼は開幕初日のためにリリーフを期待されています。

(RHP)、 アンドリュー・カリグナン投手(2012年7月のトミー・ジョン症の手術)は秋に投球プログラムを始めました。彼の回復がうまく行き続ける場合、リリーフ投手は、シーズン半ばによって再び投げているかもしれません。

 
 ★ テキサス・レンジャーズ;《93勝-69敗、勝率:.574、(ホームで39-25、ロードで35-29)、AL【西地区】第2位の場所 》

●  『  予想される先発ローテーション  』

1番手. 右腕(RHP):  ダルビッシュ・有投手。
2番手. 左腕(LHP):  マット・ハリソン
3番手. 左腕(LHP):  デレク・ホランド
4番手. 右腕(RHP):  アレックス・オギャンドー
5番手. 左腕(LHP):  マーティン・ペレスあるいは右腕(RHP)カイル・マクレラン投手。

トップ2つのスポット枠は全く強固です、しかし、どちらが一番手かと質問した場合、意見は多い。2011年の終わりに期待されるピッチャーへ成熟したホランド投手、しかし、彼は投球ミスを犯し続けるでしょうか、ストライク・ゾーンで揺れる不安定さ、いつ、有利なカウントで攻められるか?
オギャンドー投手は、オフスピードピッチおよびスタミナ問題の彼の不足がレンジャーズを2012年のためにブルペン陣に彼を返すことヘ導く前に、2011年の前半の間彼が行ったローティーションの中に同じ有効性を持つことができるでしょうか。誰が5番手のスポット枠を勝ち取るでしょうか。
ペレス投手が今季のトップの予想である間、彼は2シーズンで投球していません、トリプルAで…。
マクレラン投手は、右腕コルビー・ルイス投手がDLから戻るまで、2か月程度の間合うことができる代役のピッチャーで勝利を提供します。
その他では、さらに、左腕ロビー・ロスおよび右腕ジャスティン・グリムがいます。

●  『  予想されるブルペン陣  』

* 右腕 (RHP)  :  ジョー・ネーサン投手(クローザー)
* 右腕 (RHP)  :  ジェーソン・フレゾアー
* 右腕 (RHP)  :  ジョシュ・リンドブロム
* 右腕 (RHP)  :  ターナー・ショパーズ
* 左腕 (LHP)  :  ロビー・ロス
* 左腕 (LHP)  :  マイケル・カークマン
* 右腕 (RHP)  :  カイル・マクレラン、右腕エバン・ミーク、あるいはRHPランディー・ウェルズ投手。

ブルペン陣は、フリーエージェント制(マイク・アダムズおよび上原浩治投手)の、および先発に右腕オギャンドー投手を移動させることによる著しい損害に苦しみました。右腕ジョアキム・ソリア投手(この人は5月に準備ができているかもしれない)および右腕ネフタリ・フェリツ投手(この人はオールスター戦の休みの後に戻ってもよい)をリハビリする際に、途中で増援軍が潜在的にあります。しかしながら、オープン戦がスタートするとともに、1つの役割だけが定義されます: ネーサン投手は、クローザーです。フレゾアー投手は、アダムズ投手が持っていた頑丈さおよび競争力をすべてもたらします。しかし、彼の経歴のDLへの昨年の最初の遠征旅行の後、彼の傾く材料がどれくらい上手に遊ぶだろうかに関する質問があります。彼は、鋭ければ、有望な首謀者です。他のものは何も、解決に接近して遠隔にさえありません。リンドブロムとショパーズ投手には才能がいます。しかし、どちらも、メジャーにおける長期成功をしていません。ロス投手は先発の戦いに関係することができました。カークマン投手は、オープン戦に球速と伝統的に戦いました。また、中継ぎ投手役割は、1握りのノンロスター・ベテランの間で完全に早い者勝ちになりえます。

●  『  予想されるラインナップ  』

1番.  (2B) :  イアン・キンスラー二塁手
2番.  (SS) :  エルヴィス・アンドルス遊撃手
3番.  (DH) :  ランス・バークマン選手
4番.  (3B) :  エイドリアン・ベルトレ三塁手
5番.  (RF) :  ネルソン・クルーズ右翼手
6番.  (LF) :  デービッド・マーフィ左翼手
7番.  (C) :   A.J.・ピアジンスキー捕手
8番.  (1B) :  ミッチ・モアランド一塁手
9番.  (CF) :  レオニス・マーティン/クレイグ・ジェントリー中堅手

キンスラー選手が標準以下の年から立ち直る場合、およびバークマン選手が負傷から立ち直れば、オフェンス陣はジョシュ・ハミルトン選手のいない中軸にとって今までどおり有力かもしれません。その後、再び、クルーズ選手は、薬物使用(PED)の疑いで調査中です。また、処分保留はラインナップの中で別の穴を作ることができました。打順の後半は左打者でいっぱいです。また、打線の小つぶの可能性は大きくありません。左腕投手に対する対策が必要で、マーフィ選手は、魅力的な右打者のオプションには違いありません。ピアジンスキー捕手(左腕投手打者)はメジャーリーグ中の任意のキャッチャー以上にプレーします。モアランド選手(もう一人の左腕投手)は彼がレギュラーかどうかのために感触を得るために左腕投手に対し始めなければなりません。ただ一つの打順は、センター(左腕投手を打つマーティンは右腕投手に面し、ジェントリー(右打者)が左腕投手に対するだろう)にあります。

★  期待のトップ・ルーキー  :

* 控え ; (INF)   ジュリクソン・プロファー選手は、ベースボール・アメリカ誌によって新人で期待の1番の予想にランクしました。しかし、レンジャーズは、彼のための専任職を持っていません。彼は、中間中のエルヴィス・アンドルスおよびイアン・キンスラー選手をバックアップしなければならないか、あるいはその年のスタートを切りにクラスAAAに行かなければならないでしょう。(INF)マイク・オルト選手(システムでの2番目の予想)は、ルーキーで出場できないベンチのプロファー選手と競争することになりました。オルト選手は昨年、クラスAA「フリスコ」で28本のホームランを持っており、メジャーリーグ(彼は足問題によって制限されていましたが)中のそのシーズンの過去2か月を過ごしました。両方の選手で、メジャーリーグ中の限定的役割の利点がマイナーリーグ中の一貫したプレーする時間より重要でも、レンジャーズは正当化しなければならないでしょう。

■  医療監視 :「 治療経過と復帰時期 」

(OF)、 ネルソン・クルーズ外野手(筋肉の緊張)は、痛みを経験した後、金曜日にテストのために病院に送られました。チームは、土曜日に野球活動を再開するためにストレステストの後にクルーズ選手(彼があの朝起きた時この人は苦痛を経験した)が追い出されたと言いました。

右腕(RHP)コルビー・ルイス投手(2012年7月の右肩の手術)は3月前半までにマウンドを取り除いているつもりです。彼は5月に先発ローテーションに戻ることができました。

右腕(RHP)ネフタリ・フェリツ投手(2012年8月のトミー・ジョン症の手術)は7月後半、あるいは8月に戻ることができるかもしれません。

右腕(RHP)ジョアキム・ソリア投手(2012年4月のトミー・ジョン症の手術)がそのシーズンの最初の月を逃すと予想されます。しかし、彼は、5月までに返す準備ができているかもしれません。

(DH)ランス・バークマン選手(2012年の2つの膝の手術)。2月28日初めて春季トレーニング試合でプレーすることを望まれ、あるいは3月1日。

右腕(RHP)カイル・マクレラン選手(2012年7月の右肩の手術)は2月後半に投げることからシャット・ダウンされました。彼はアクションを再開することができるかもしれません、3月4-10日の週。


 ★ ロサンゼルス・エンゼルス;《89勝-73敗、勝率:.549、(ホームで39-25、ロードで35-29)、AL【西地区】第3位の場所 》

●  『  予想される先発ローテーション  』

1番手. 右腕(RHP):  ジェレッド・ウィーバー投手。
2番手. 左腕(LHP):  C.J.ウィルソン
3番手. 左腕(LHP):  ジェーソン・ヴァルガス
4番手. 右腕(RHP):  トミー・ハンソン
5番手. 右腕(RHP):  ジョー・ブラントン投手。

これはセクシーなローテーションではありません。しかし、それはメジャー野球での任意のピッチャーほどよいウィーバー投手のトップで固定です。C.J.ウィルソン投手は2012年にオールスター前半を過ごし、次に、2年間にスランプに陥りました。その中で彼は肘の痛みの骨チップの故障のまま投げていました。骨のチップは治療されました。したがって、エンジェルスは、彼からよい仕事のフルシーズンを出すことを望んでいます。
後ろに、3人、ジェーソン・ヴァルガスおよびジョー・ブラントン投手はイニングを消化する人です。
違いを生ずる実際の機会を得ている人は、ハンソン投手(この人は以前、メジャー野球におけるトップの見込みのうちの1つだった)です。しかし、負傷は彼を傾かせました。彼が健康で、形式に戻れば、エンジェルスは強い先発ローテーションをすることができました。
エンジェルスがスポット枠の先発投手を必要とすれば、ギャレット・リチャーズおよびジェローム・ウィリアムズ投手はリストの一番上にいます。

●  『  予想されるブルペン陣  』

* 右腕 (RHP)  :  ライアン・マドソン投手(クローザー)
* 右腕 (RHP)  :  アーネストー・フレイリー
* 左腕 (LHP)  :  ショーン・バーネット
* 右腕 (RHP)  :  ケビン・ジェプセン
* 左腕 (LHP)  :  スコット・ダウンズ
* 右腕 (RHP)  :  ジェローム・ウィリアムス
* 右腕 (RHP)  :  ボビー・カサバー投手。

このブルペン陣・スタッフはエンジェルスが昨年の終了を伸ばすことを望む、最も大きな理由です。
トップ5人のリリーフ投手はすべて、最終イニングを終了する選択のマイク・ソーシア監督に信頼を与えて、終盤のイニングにおける成功をしました。
大きな質問は、ライアン・マドソン投手(この人はトミー・ジョン症の手術から戻る)が健康だろうか有効だろうかどうかでしょう。
そうでなければ、アーネストー・フレイリー投手は恐らく9回の登板機会を得るでしょう。

●  予想されるラインナップ:

1番.  (LF) :  マイク・ツロート左翼手。
2番.  (SS) :  エリック・アイバー遊撃手
3番.  (1B) :  アルバート・プホールズ一塁手
4番.  (RF) :  ジョシュ・ハミルトン右翼手
5番.  (DH) :  マーク・トランボ選手
6番.  (2B) :  ハウイー・ケンドリック二塁手
7番.  (3B) :  アルベルト・カラスポ三塁手
8番.  (C) :  クリス・イアネッタ捕手
9番.  (CF) :  ピーター・ボウジャス中堅手

これは、昨シーズン(ジョシュ・ハミルトン、マーク・トランボ、アルバート・プホールズおよびマイク・ツロート選手)30本のホームランを打つ27人の選手を4人含む野球選手で、最良のラインナップのうちの1つです。他のチームには2人以上の強打者がいません。エンジェルスは、さらに速度とスイッチヒッターのよいミックス、および任意の反対するピッチャーのためにこれをタフなグループにしてボールをフェアグラウンドに打ち返すことができる選手を持っています。

★  期待のトップ・ルーキー  :

* 控え ; (LHP)  ニック・マロンド選手(エンジェルスの2011年のドラフト指名の第3位の選択)は昨年、簡潔な仕事のための大リーグへ一挙に出世しました。彼は2012年に3試合のマイナー・リーグ・レベルで防御率:2.26を持っていました。彼はブルペン陣を担ったか、あるいは誰かがけがをすれば、先発メンバーとしてそれを作るかもしれません。
* 控え ; (OF)  コレ・カルフーン外野手は、エンジェルスの5番目の外野手の職を勝ち取るよい試みをしています。彼は昨シーズン、トリプルAで、.877のOPSを持っていました。

■  医療監視 :「 治療経過と復帰時期 」

(LHP)、 ショーン・バーネット投手(後ろに強堅)は、訓練キャンプの中で初期に遅くなりました、しかし、彼は一週間を逃した後に2月後半に捕らえることをプレーし始めました。彼は10月に行なわれた、残された肘の手術から回復しました。

(RHP)、ライアン・マドソン投手(2012年4月のトミー・ジョン手術)は2月後半に彼の投げるプログラムを増加させて、3月後半までにオープン戦で投げることを望んでいます。彼は、恐らく初日の準備ができないでしょう。

(1B)、アルバート・プホールズ一塁手(2012年10月の右膝の手術)春季トレーニングの中で初期に守備する光を打っており行っていた、しかし、彼はまだ2月25日時点で全速力で走っていません。彼は3月中旬までカクタス・リーグでプレーしないかもしれません。しかし、エンジェルスは、彼が開幕初日に適すことを期待しています。


 ★ シアトル・マリナーズ;《75勝-87敗、勝率:.463、(ホームで39-25、ロードで35-29)、AL【西地区】第4位の場所 》

●  『  予想される先発ローテーション  』

1番手. 右腕(RHP):  フェリックス・ヘルナンデス投手。
2番手. 右腕(RHP):  岩隈久志
3番手. 左腕(LHP):  ジョー・サーンダーズ
4番手. 右腕(RHP):  ブレーク・ビーバン
5番手. 右腕(RHP):  エラスモ・ラミレッツあるいは左腕(LHP)ダニー・ハルッチェン投手。

マリナーズはそれらがどんな打順もシャット・ダウンする機会を得ていることを知って、5日ごとに競技を開始することができます。しかし、ヘルナンデス投手の後、関係の多くの理由があります。シアトル・バッターを起用するのを支援するように新しく、より小さな野球場を設計したまま、マリナーズは、キング・フェリックス投手の後ろのいくつかの一貫した先発メンバーを見つけなければなりません。チームは背中合わせのシーズンオフ中の若者マイケル・ピネダおよび一貫したベテランのジェーソン・ヴァルガス投手を約束することを諦めました、ハルチェン、右腕ティジュアン・ウォーカー投手および左腕ジェームズ・パクストン投手のような前途有望な見通しのために多くの機会にシアトルを託すこと、右腕ジョン・ガーランド投手、2011年の肩の手術以来外に、キャンプのスポット枠を得ようとするでしょう。

●  予想されるブルペン陣 :

* 右腕(RHP): トム・ウィルヘルムセン投手(クローザー)
* 左腕(LHP): チャーリー・ファーブッシュ
* 左腕(LHP): オリヴァー・ペレス
* 右腕(RHP): カーター・キャップス
* 右腕(RHP): スティーヴン・プライア
* 右腕(RHP): ルーカス・リューティジ
* 右腕(RHP): キャメロン・ロー投手。

マリナーズは、そのクローザーの近況だったとしても、ブルペン陣の未使用のダイヤモンドを見つける、ベテランを若返らせる、あるいはトップレベルのレベルにファームの新人を繁栄させることに信じられないほどに熟達しています。ウィルヘルムセン投手(この人は数年前に彼のメジャー野球経歴に見切りをつけた)は昨シーズン、閉鎖役割の中で成功しました。ペレス投手は彼の経歴を再開し、マリナーズにベテランの左腕投手を与えます。

●  予想されるラインナップ

1番.  (2B) :  ダスティン・アクレー二塁手。
2番.  (3B) :  カイル・シーガー三塁手
3番.  (DH) :  ケンドリス・モラレス選手
4番.  (LF) :  マイケル・モース左翼手
5番.  (C)  :  イエス・モンテーロ捕手
6番.  (1B) :  ジャスティン・スモーク選手
7番.  (RF) :  マイケル・サーンダーズ右翼手
8番.  (CF) :  フランクリン・グティエレス中堅手
9番.  (SS) :  ブレンダン・ライアン遊撃手。

いくつかの明白なラインナップ改良にもかかわらず、マリナーズは、まだ大部分は大リーガー特にラインナップでのような次のステップをとる必要のある、若い選手の精通しているグループに頼るでしょう。アクレー選手は、彼が先頭のスポット枠(彼は昨シーズン苦闘した)へ戻るように見えます。シーガー選手は、2012年からの彼のファースト・シーズンを複写し、セットポジションを下ってより多くの成績を示す必要があります。モンテーロ捕手(さらに、この人は指名打者として2012年のうちのほとんどを費やした後に今シーズンもたんとうする義務を扱うだろう)は、自分を証明する必要があります、として、1つの、真実、3番打者。また、スモーク選手は、彼が確かに大リーガーであることを証明する必要があります。近年ラインナップに、だがほどではなく多くの穴があります。シアトルの忍耐がスモーク、アクレー、シーガーおよびマイケル・サンダースのような選手でチームの成績をあげる場合、このオフェンス陣は期待されたよりよいかもしれません。

★  期待のトップ・ルーキー

* 控え ; 左腕(LHP) ダニー・ハルチェン投手は、フェリックス・ヘルナンデス投手を補足するためにマリナーズが必要とする2番の先発メンバーである運命であったように見えます。質問は、それがいつごろ起こるだろうかです。ハルッチェン投手(2011年のドラフト中の2番のの全面的なピック)は、死のトリプルAのタコマ(1-4、5.92のERA)に明らかにされたサインで停止までマイナーリーグをさっと、過ぎていました。

■  医療監視 :「 治療経過と復帰時期 」

(2B)、 ダスティン・アクレー(2012年10月の残された足首の手術)は最初の3つのカクタス・リーグ・ゲームを逃しましたが、3月3日に2月の25-の週に彼がアクションを見ると予想されました。

(SS)ブレンダン・ライアン(2012年10月の右肘の手術)は最初の3つのカクタス・リーグ・ゲームを逃しましたが、3月3日に2月の25-の週に彼がアクションを見ると予想されました。

2月後半にバッターを実践するために投げると始められたRHPジョン・ガーランド(2011年7月の右肩の手術)。


 ★ ヒューストン・アストロズ;《55勝-107敗、勝率:.340、(ホームで35-46、ロードで20-61)、NL【中地区】第6位の場所 》

●  『  予想される先発ローテーション  』

1番手. 右腕(RHP):  バド・ノリス投手
2番手. 右腕(RHP):  ルーカス・ハレル
3番手. 右腕(RHP):  ヨルダン・ライルス
4番手. 右腕(RHP):  フィリップ・ハンバー
5番手. 左腕(LHP):  エリック・ベダード投手。

ノリス投手がアストロズのホームに滞在し、ハレル投手が2012年に基礎を置けば、それがアメリカンリーグに向かうとともに、ヒューストンには相当な1勝-2敗の先発スタートする必要が実際にあるかもしれません。
ライルス投手は昨シーズン、防御率:5.12を記録しました。2012年にハンバー投手はシカゴ・ホワイトソックスのための完全試合を投げただけでなく、防御率:6.44を持っており、ウェーバー・クレームによってアストロズによって得られました。スロット枠4-5で、不確実、そして中央に座るヒューストン、中央-低レベルのピッチング陣の選手層、アストロズが2013年に先発メンバーを絶えず動き回ると予想されます。ベダード投手のような苦闘しているベテランはイニングを片付けることができました。また、ブラッド・ピーコック、ダラス・コウチェル、アレックス・ホワイトおよびジョン・エリー投手のような若いピッチャーは、恐らくそのシーズン中に起用されるでしょう。

●  予想されるブルペン陣 :

* 右腕(RHP): ホセ・ヴェラ投手(クローザー)
* 左腕(LHP): ウェズレー・ライト
* 右腕(RHP): ヘクター・アンブリス
* 右腕(RHP): リナー・クルーズ
* 右腕(RHP): ジョシュ・フィールズ
* 左腕(LHP): シャヴィエル・セディーノ投手。

ヴェラ投手は、クローザーでなく、ヒューストンの柱になるように依頼されている。
フィールズ投手は大リーグ・ピッチャーだったことがない。しかし、アストロズは大きく前に一歩進むために彼を当てにしています。
それは要するにヒューストンのブルペン陣です。
ライト、アンブリスおよびセディーノ投手は昨年堅実で、それらがボールをヴェラ投手のベテランの手に委ねると予想されるでしょう。
しかしながら、ヒューストンのリリーフ投手は、切迫したAL【西地区】の動き、および流出での先発ローテーションの後部と共に、チームの25人の選手登録簿上の誰もの最もタフな状況に直面するかもしれません。

●  予想されるラインナップ:

1番.  (2B) :  ホセ・アルチューブ二塁手。
2番.  (SS) :  タイラー・グリーン遊撃手
3番.  (LF) :  クリス・カーター左翼手
4番.  (DH) :  カルロス・ピーナ選手
5番.  (1B) :  ブレット・ウォーレス一塁手
6番.  (RF) :  リック・アンキール右翼手
7番.  (3B) :  マット・ドミンゲス三塁手
8番.  (CF) :  ジャスティン・マクスウェル中堅手
9番.  (C) :  ジェーソン・カストロ捕手。

それはそうです、1つの選手、巨大な場合、しかし、大多数のラインナップが期待および年を取るベテラン(ピーナ選手)を超過することができ、アンキール選手が彼らのストロークを再発見することができる場合、ヒューストンは驚かないかもしれません、2013年の一部のために。アルチューブ選手は固定です。また、ウォーレス、グリーン、ドミンゲスおよびカストロ選手のようなほとんど知られていない選手は、MLB資料である一瞥を示しました。しかしながら、下降はすさまじい。アンキール選手がチームで活躍する保証はありません。
彼がしなければ、ヒューストンの外野陣は本当にガタガタになります。また、ピーナ選手が、打率:.200以上に達することができず、カーター選手が、彼が昨シーズンちょうど218打数で16本のホームランを打つことを可能にした力の上で成果をあげなければ、オフェンス陣は、速く急降下して、打者重点のAL【西地区】で最も弱いチームになるでしょう。

★  期待のトップ・ルーキー  :

* 控え ; (RHP)  コザート投手を起用させました、昨年クラスAAAおよびクラスAAでの防御率:3.30で、6勝-7敗でした。彼は、ヒューストンの初日選手登録簿のスポット枠を競争するでしょう。ジョナサン・シングルトン一塁手は薬物検査に失敗した後に2012年の最初の50ゲームで処分保留されます。しかしながら、彼は、恐らく7月までにヒューストンに参加するでしょう。また、強打する予想は打つことができます(21本のHR、79打点、.893のOPS、クラスAAでの昨シーズン)。

■  医療監視 :「 治療経過と復帰時期 」

(RHP)、 ヘクター・アンブリス投手(捻挫した右の足首)はピッチング練習のドリルの間に一塁をカバーする間にけがをしました。彼は保護ブーツを着用している間にいくつかの練習を逃しました。しかし、彼は2月後半にブルペンでのセッションを投げていました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   《 尚、MLBと大リーグ各球団の公式サイトの解説では、『 ミネソタ・ツインズ2013プレビュー。: 最高位のAL【中地区】・レフト編  』

  * 「 ミネソタ・ツインズ(攻撃力・守備力・機動力・組織力 」

  ※ 《 記事内容と会見の模様は、MLB関連の公式ビデオで、:  http://minnesota.twins.mlb.com/video/play.jsp?tcid=mm_min_vid&c_id=min 》

〔ダニーデン、(FL)〈USA TODAY.com〉〕--、アメリカンリーグの【中地区】はレフトが手強い。

いくらかは経歴年を経験します。いくらかは長い間スターであるように用意を整えます。また、1つは証明されていない初めての先発メンバーです。

1番 - アレックス・ゴードン選手、カンザスシティー・ロイヤルズ。

ロイヤルズの前者2番、全面的なドラフト指名のピック枠は過去2年にわたって次のレベルに彼のゲームを持っていきました。

彼は、まだ外野に移動されたチームまで三塁手として苦闘していました。

彼は、打順のいかなる場所にも打つことができますが、奪取率への四球を改善する必要があります。

2番 - ジョシュ・ウィリングハム選手、ミネソタ・ツインズ。

ツインズは、ウィリングハム選手が以前と同じくらいよいことは予期することができなかったでしょう。

彼は経歴年を過ごしました。しかし、彼が経歴中に中へプレーしたように、それは最も打者に有利なホーム球場に入りました。

ツインズ、ベテランの外野手が年で彼の成功を継続することができることを望む、チームでの2人。

彼は非常によい力およびツインズ・オーダーの最中の四球を引き寄せる忍耐を持っています。

彼はよいグローブおよび正確な腕を持っていますが、よい全面的な支持者であるツールを欠きます。

彼は速度、範囲および腕の強度を欠きます。

3番 - マイケル・ブラントリー選手、クリーブランド・インディアンズ。

数週間前まで、彼がチームのセンターであると予想されました。

ブラントリー選手は、よいプレート忍耐および一貫した接触をする能力を所有します。

彼はパワー脅威でありませんが、相当なパワー可能性を持っています。

彼は地区争いのよりよいトップヒッターのうちの1人ですが、順で他の場所で恐らくそのシーズンを過ごすでしょう。

防衛的に、彼はすさまじい範囲および速度を持っていますが、腕の強度を欠きます。

4番 - ダヤン・ビシード選手、シカゴ・ホワイトソックス。

キューバの亡命者は、彼のバットを持った顕著な力を持っており、ゴードン選手のように、三塁から外野へ体位変換の後に改善しました。

彼のゲームは、力にすべて関係しています。

しかしながら、彼は、全面的なオフェンス陣のゲームを抑制するために選球眼を改善する必要があります。

彼は、外野をプレーする方法をまだ学習しており、誤りを犯すでしょう。

5番 - アンディー・ダーク選手、デトロイト・タイガース

タイガースは、彼が日常の先発メンバーでありえることを証明していない、才能のある選手にその左翼スポット枠を譲っています。

彼は、タイトルを主張するチームのためにそれをすることができることを証明する必要があります。

彼のチームは固定した破壊的な攻撃陣を持っていますが、1つのどんな方法においても優れていません。

彼はより一貫した接触をし、左腕投手に対して改善する必要があります。…以下省略…

( ジョーゼフ・グンター記者(AP) / -- 2013年3月05日0:00p.m.〈ET〉 )。

  ※  http://www.examiner.com/list/minnesota-twins-2013-preview-ranking-al-central-left-fielders
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トロント・ブルージェイズの... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。