模型製作記

個人的な模型製作の過程を記録していくブログ

Ex-S リファイン9

2017-01-04 | Ex-S リファイン版

本日はEx-Sリファイン版の続きです。

今回はS→Ex-Sへと換装されるときに追加される脚部の追加アーマーのフィン部分について見栄えや塗り分けを考慮して作り直しました。

まず写真の左がキットの状態、右がフィン部分をくりぬき、大きな羽をプラ板で切り出して接着した状態(その他もろもろ基本的な処理もしている状態)です。

 

 

 

次に2段になっているフィン部分をプラ板で再現します。

このフィン部分は片足で2か所(両側分)あるため、両足分で4つ作る必要が出てきます。ただそれだけ集中してつくると途中でやる気がなくなるのが目に見えているので、段差部分をまず再現し、それを切り分けて4つパーツを作ることにしました。

下の写真のようにまずプラ板を大きく切り出し1枚の断面形状(緩いC面)を整え、それを貼り合わせて2枚のフィンの基本形状を作成します。そのあと必要な形状に切り出すことで比較的簡単に4つ部品を作成することができました。ちなみに形状を切り出す際は2枚のフィンの間に1枚プラ板を挟むことで、カッター等で押し切ったときに貼り合わせた部分からはがれることを防止することができます。

ちなみにこのフィンの作成にはwaveのグレーのプラ板を使っています。特に深い意味があって選んだわけではありませんが、形状が見やすくていいですね。

 

これにより下の写真のようにいい感じにフィンを別パーツ化できました。

精度はどうあれ時間と手間をかけて製作を行っているとキット化されないかという不安が出てきます。以前作成したガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナの時もキット化におびえながら制作していました(今となってはいろいろなシリーズでキット化されています。。。)。このEx-Sリファイン版もRGやHGリヴァイブシリーズで出るのではないかという恐怖がありますので、やることに区切りをつけてまずは形にしたいと考えています。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゼータプラス 1 | トップ | Ex-S リファイン10 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Ex-S リファイン版」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL