スポーツに人生を学ぼう!

格闘技、野球、サッカー等の試合、選手から
人生の術を学び、生かすことを目的とします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本田圭佑の意地

2014-09-14 22:40:49 | サッカー
9月9日、ベネズエラ戦で武藤、柴崎と言った新戦力がゴールを決めた。

そこで現エースの本田圭佑選手は、

『僕は当然、さらに伸びようとしています。おそらく彼らを意識すること自体が、僕が今後彼らを意識し続けるようなことがあればおそらく“食われる”でしょう。僕は彼らをまだまだ意識していないし、さらに上を意識している。その間はおそらく抜かれないという自信はあります。今後も数年は必ずそれを維持できる、もしくは僕の方が引き離せるという自信はあります。』

と発言した。

つまり、新戦力と言われている連中にはまだまだ負けないぞ、と明言された。

男はライバルに負けないぞ、取り込まれないぞ、という気持ち、意地がその人を輝かせる。

そして、現状に満足しない気持ちもその人を輝かせる。


本田圭佑選手にライバルに負けない意地、現状に満足しない気持ちを学ぶ。

スポーツ ブログランキングへ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

錦織選手の自己アファーメーション

2014-09-11 23:44:27 | 野球
錦織選手は全米オープンで準優勝でした。

明らかに今年錦織選手は急激に成長した。

その裏に自己アファーメーション(自己暗示)があったそうだ。

錦織選手はインタビューでも言われていたが『自分は誰にでも勝てる』とはっきりと言われた。

これは猛烈な練習をした裏付けもあると思うが、こうなりたい、という強い自己イメージだと思う。

誰にも負けないテニスプレーヤーになるんだ、という強い決意。

そして、頭の中でカラーでビビッとにイメージ化出来た。

だから錦織選手は世界一のジョコビッチ選手にも勝つ事が出来た。


なりたい自分を明確に言葉にして、イメージして、事あるごとに発言して常に頭の中で繰り返す。

そうする事によってその目標は実現する。

錦織選手に自己暗示の力を学ぶ。

スポーツ ブログランキングへ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

錦織選手全米オープン決勝進出!

2014-09-08 22:40:51 | スポーツ
錦織圭選手が全米オープンで、世界ランキング一位のジョコビッチ選手3-1で破り、日本人として初めてテニス4大大会の決勝に進出した。

錦織選手は小学校の卒業文集に『夢は世界チャンピオンになる事です』と書いていた。

よく『紙に書いた事は実現する』と言われるがこれは本当の事だ、という事を証明してくれた。

紙に書くことによって、手と視覚に訴えるので潜在意識という無意識レベルの意識に働き掛ける事によって潜在意識が自ら働き紙に書いた夢は実現して行く。

後、『テニスのラリーが長く激しく続く所が好きです』とも書いている。

ラリーは相手の裏をかき合うある意味厳しい局面だ。

その大変な場面こそ錦織選手は楽しんでしまう。

念じて念じまくる事。

無意識のレベルの潜在意識に夢を持ち込めば夢は実現する。

錦織選手に潜在意識を利用して夢を実現する事を学ぶ。


スポーツ ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本田圭佑の逆算力

2014-09-07 23:26:01 | サッカー
好調の要因は『言葉の壁を乗り越えたからだ』と7日のイタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトは報じている。

ACミランの本田圭佑が4戦連続でゴールを決め、ゴール以外でも動きが非常に良いが、その原因は色々とあると思うが現地の新聞『ガゼッタ・デロ・スポルト』は好調の要因は『言葉の壁を乗り越えたからだ』と分析している。

本田圭佑はイタリアでサッカーを当然しているわけだが、当然イタリアだからほとんどの周りの選手達はイタリア語を話す。

通訳がいるとしても通訳を介さない方がコミュニケーションはスムーズに行く。

コミュニケーションがスムーズに行けばプレーもスムーズに行く。
本田圭佑はそういう事がわかっているからイタリア語の勉強をしていた。

そろそろ半年近く経ち、イタリア語が調度上達して来たタイミングがこの今の時期だからという。


本田圭佑選手はサッカーで世界一の選手になる、という明確な目標がある。

それを実現する為には何をすれば良いか、という事を逆算して行動する。

その中に語学の習得という事があったという事だろう。

本田圭佑選手に逆算力を学ぶ。

スポーツ ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山本昌投手の気持ち~退路を断つ事

2014-09-06 23:54:55 | 野球
中日の山本昌投手が2014年9月5日、49歳で勝投手になる、という最年長勝利記録を更新したが、その裏で御婦人に『8月に結果を出せなければ引退する』と発言されていたという。

山本昌投手は2軍で調整を続けていたが、2軍戦で打たれる事もあった。

さすがの山本昌投手も『8月に結果を出せなければ引退する』と発言されたそうだ。

この発言は一歩も違えば弱気になったととれなくもないが、ダメだったら辞めるという気持ちを持つ事によって自分の火事場のクソ力を出す為にメンタルを持って行ったともとれる。

何かチャレンジする時、たいていは、いや100%何でもスムーズに行く事はない。

絶対に壁が出てくる。

普通の人はその壁に負けてしまう。

逆に超一流の人間はその壁を自分を成長させてくれる貴重な機会と捉える。

山本昌投手は壁をチャンスととらえた。

でもずっと壁と付き合うわけにはいかない。

だから、この壁を乗り越えなかったら辞める、と本当は辞める気持ちはないがその位の気持ちでやる事が山本昌投手に勝利投手にさせた。

山本昌投手に壁をチャンスととらえ、それを利用してメンタルを燃えさせる事を学ぶ。



スポーツ ブログランキングへ


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中日山本昌投手49歳で国内史上最年長勝利!

2014-09-06 00:18:24 | 野球
球界最年長の中日山本昌投手(49)が国内史上最年長勝利を挙げた。

49歳という年齢でプロ野球の1軍で先発して勝利を挙げた!

奇跡的な出来事だ。

プロ野球は高校を卒業して入って来た元気有り余る18歳から20代、30代の体が元気な選手達が年齢関係なく本気でしのぎ合う真剣勝負の場所。

年齢が上だから遠慮なんてされない。

普通人間の体は30代以降徐々に衰えていく。

その衰え加減を少なくする事に努力する。

49歳まで行くともうかなり衰えていてもおかしくない。

しかし、山本昌選手はそんな常識を見事にぶっ壊してくれた。

年齢が高くなるからといって体力は衰えない。

もし仮に衰えたとしても頭で戦略で補う事を証明してくれた。


最高にカッコいい!

山本昌選手はインタビューで何故こんなに頑張れるんですか?

と聞かれた。

『しつこいからじゃないですか』

と答えられた。

とてもシンプルな言葉だが大切なメッセージが含まれている。

諦めそうになってもしつこく諦めなければ輝く事が出来る、という事。

山本昌選手に諦めずに努力する事を学ぶ。


スポーツ ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

錦織選手が96年振りに4強進出

2014-09-04 23:43:25 | スポーツ
全米オープン10日、錦織選手が96年振りに4強に進出した。

「快挙」、「偉業」という言葉がぴったり当てはまる凄い事だ。

実力的にはランキングは11位であってもフェデラー、ジョコビッチに勝利しているので本当に世界トップレベルなのはわかっていたが、トーナメントは運にも左右されているので簡単にはいかないが、錦織選手はやってのけた。

錦織選手の何が凄いのか?

試合後のインタビューで錦織選手は、

「勝てると思い込む事が大切」

「集中力が途切れずにやれた」


と言われていた。

錦織選手の技術は当然世界トップレベルだが、メンタル面が凄い。

そして、穏やか。

イライラしている姿を見せない。

逆算力。


厳しい試合になる事を見込んで戦っているからスタミナ切れもしない。

錦織選手は成功者になる要素がぎっしり詰まっている。

錦織選手に成功者のマインド、振る舞いを学ぶ。


スポーツ ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

巨人山口選手7年連続50登板

2014-09-03 23:50:36 | 野球
巨人の山口投手が7年連続で50登板を達成した。

一年だけでも50登板するだけでも凄いのに、7年連続は凄過ぎる。

何事も継続する事が一番難しい。

何かパッと始める事は誰でも出来る。

でもその始めた後のモチベーションの維持が難しいし、

怪我や病気にならない事が大変。

なぜ、山口投手は継続が出来るのか?

山口投手は元々育成枠で入団した事もあり、ハングリー精神が違う。

育成枠出身でも一流になれる事を証明したい、という思いが強かった事もあろう。


イチロー選手もドラフト4位と決して最初は凄い期待されていたわけでなかった。

最初、決してエリートではない人間が絶対に認めさせてやる、という強い気持ちが人を成長させ、頂きへ導く。

山口投手にハングリー精神を学ぶ。


スポーツ ブログランキングへ







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本田圭佑選手の言葉『改革は始まったばかり』

2014-09-02 23:41:20 | サッカー
ACミランの本田圭佑選手が代表合流の為、日本に帰国された。

インタビューで出た言葉は

『まだ改革は始まったばかりですけど』

だ。

本田圭佑と言えばいわずもがな日本代表のエースだ。

さらに、世界でも有数のビッククラブのACミランの中心選手だ。

つまり誰からも一流選手と認識されいてる。

その本田圭佑選手がまだまだ進化をしようと燃えている。

人間は死ぬまで成長する事が使命だと思うが、

よく「燃え尽き症候群」という言葉がある。

何か大きな出来事が終わると気力が湧かないというような現象だ。

本田圭佑選手にはそのような現象はない。

なぜなら自分はまだまだ出来るはずだ、という強い思いがあるからだ。

今の自分に満足してはいけない。

もっと上、もっと上を目指して戦わなければいけない。


本田圭佑選手に現状に満足せずさらなる高みを目指す事を学ぶ。


スポーツ ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セリエA開幕戦・ACミラン本田圭佑ゴール!

2014-09-01 23:17:01 | 野球
セリエA第1節、開幕戦、ミラン対ラツィオ戦で日本のエース本田圭佑がゴールを決めた!

まずACミランというライバルが多いチームで先発を取った事が凄く、欲しい結果をすぐに決めた。

本田は快速を飛ばしゴール前に走りこみ味方からのパスを受け、見事にゴールを決めた。

ACミランという日本一のチームでレギュラーを取り、本田圭佑の目標である世界一のサッカー選手に大きな一歩になった。

本田圭佑の活躍を見ると、自分も頑張ろうととてもテンションが上がる。

イチローや松井秀喜選手のようなスター性がある。

本田圭佑が本気を出して来た。

怖い勢いのある本田圭佑が帰って来た。

これが本田圭佑だ。

大事な場面で本気を出せる事が本田圭佑の凄さ。

本田圭佑に肝心の本番で力を出す事を学ぶ。


スポーツ ブログランキングへ

<iframe width="560" height="315" src="//www.youtube.com/embed/6sSNWE4F3O4" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加