探鳥チャンネル

主として、「瀬板の森」における探鳥記録写真を掲載します。

探鳥の成果が無い場合は、旅日記、花日記等を掲載します。

7/31奥州街道紀行-4日目(太田原宿から氏家宿:2012.05.17)

2014-07-31 05:00:22 | 旅日記
 危ぶまれた天候も、問題なく、「那須与一」の里大田原宿から佐久山宿・喜連川宿を経て「氏家宿」を目指し約26kmを歩く事ができました。緑豊かな田園風景と対象的な大震災の爪跡を見せられました。全行程おいて屋敷塀の崩落とその補修の姿をいたるところで見ました。遺跡は素朴な石像が多く見られました。明日は奥州街道の最終歩行日で宇都宮を目指します。 . . . 本文を読む
コメント

7/30奥州街道紀行-3日目(芦野宿から太田原宿:2012.05.16)

2014-07-30 05:00:54 | 旅日記
 昨日とはうってかわったようなすばらしい天気の中、35000歩、約21km完歩できました。奥州街道は古い歴史街道だという事を再認識いたしました。白河では戊辰戦争、本日の芦野宿から大田原宿間では、源氏にまつわる遺跡を二つ見ることが出来ました。八幡太郎義家の愛馬が蹄を巨石にきざみつけたされる葛籠石、もうひとつは那須与一の立像でした。東北で力をつけた源氏を垣間見た思いでした。 . . . 本文を読む
コメント

7/29奥州街道紀行-2日目(白河宿から芦野宿:2012.05.15)

2014-07-29 05:01:43 | 旅日記
2日目、キツイ雨の試練を受ける事となりました。約20kgの荷物を背負い、傘をさしての行軍?であります。電車・バス等公共交通機関が全くないコースでした。一里塚等の史跡を見物しながら、19kmを完歩し、目的地の「芦野温泉」に到着。「那須の御用邸」と同じ泉質の柔らかい温泉につかり疲れを取りました。夕食でのビール・焼酎を酌み交わしながらの懇談は格別なものでした。 . . . 本文を読む
コメント

7/28奥州街道紀行-1日目(移動日、白河宿:2012.05.14)

2014-07-28 05:08:25 | 旅日記
2012年5月14から25日まで、12日間をかけ、友人2人と「奥州街道(白河~東京)」を歩きました。その紀行を掲載します。出発日の5月14日が来ました。二日市に住むN君、岡山市に住むK君共々、山陽新幹線、東海道新幹線、東北新幹線と乗り継いで、新白河駅へ到着。 . . . 本文を読む
コメント

7/27長崎:平戸への旅-2

2014-07-27 03:45:10 | 旅日記
2日目、「オランダ井戸」「オランダ商館跡」「オランダ塀」「フランシスコザビエル記念碑」「三浦按人のお墓」等を見物し、北九州へ戻りました。 . . . 本文を読む
コメント

7/26長崎:平戸への旅-1

2014-07-26 04:02:52 | 旅日記
本日は、平戸の代表的観光スポットである、「幸橋(=オランダ橋)」、「ザビエル記念聖堂」、「寺院と教会が見える坂」等を掲載します。 . . . 本文を読む
コメント

7/25九州のお城めぐり-10(平戸城)

2014-07-25 05:01:21 | 旅日記
今から約11年前の2003年9月に平戸への旅をしました。本日は「平戸城」を掲載します。 . . . 本文を読む
コメント

7/24九州のお城めぐり-9(島原城)

2014-07-24 05:06:52 | 旅日記
「島原城」を訪れるのは、約50年ぶりです。これまでは城内の見学のみでしたので、今回は立派な石垣と濠を一周してじっくり見ることにしました。かっては城内であった「島原文化会館」の駐車場を起点に、北側→東側→南側→西側(本丸入り口)→北側と時計周りに一周しました。  . . . 本文を読む
コメント

7/23夏が来ました。芦屋町:はまゆう公園のハマユウが満開です。

2014-07-23 05:00:45 | 花日記
鬱陶しかった梅雨も明け、本格的な夏がやって来ました。3連休で賑わっていた芦屋町:はまゆう公園へ昨日(7/22)「ハマユウ」を見に行きました。夏井ケ浜のコバルトブルー色の響灘の海を背景にした「ハマユウ」と「オニユリ」のコラボレーションは正に夏到来を思わせるものでした。 . . . 本文を読む
コメント

7/22九州のお城めぐり-8(熊本城)

2014-07-22 05:00:38 | 旅日記
熊本城は大阪城、名古屋城と並んで日本3名城の一つです。諸氏、城主を替えた後、加藤清正が天正16年(1588)に入り、ほぼ現在の形に完成させたようです。城郭周囲は5.3km、面積は98万㎡m。象徴的な連立式大天守閣、小天守閣他多数の櫓、櫓門、城門を備えた堂々たるお城です。加藤家の改易後、細川家が入り約240年に渡り存続しました。 . . . 本文を読む
コメント