diary of planet

仕事で感じたこと、つづってます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エゴ

2013-03-11 | Weblog
誰かを好きになると、

その人に嫌われたくないという思いが強くなって、

楽しかった時間が、楽しくなくなったりする。


楽しい時間は出来るだけ長く。

その思いが徐々に自分を追いつめる。

追いつめられた自分はエゴが強くなり、

自分さえも見えなくなる。


そんなとき、意識する。


「相手はどんなことをしたら喜ぶかな?」って。


悲しい表情の思い人より、

楽しい表情のその人を思い浮かべるほうが

楽しい気持ちになれる。


エゴが強くなっている苦しんでいる自分は、

相手を苦しめている原因でもあるんだ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コミュニケーションで自分を知る

2013-03-10 | Weblog
受容すること。受け容れるということ。
これはとても難しい。



私は主に誰かの相談役になることが多い。
自分と同じ価値観のものや想像内の考えであれば、共感まではいかなくても
受容はできると思う。

だけど、自分の価値観とは異なるものを言われた時、思考が停止してしまう。
わからないからだ。
酷い時はイライラしてしまう。


正しいか正しくないかの答えは求めているわけじゃなくて、
話を聴いてほしいだけ。
違う価値観がやってきたとき、それが突如出来なくなる。

それは自分の中で許可していないからだ。


例えば、不満ばかりを言う人がいる。
私は不満ばかり言うのは嫌なので(もちろん言うときはいいますけど(笑))、
その人の話を遮ってしまう傾向がある。
そしてその人に対して嫌な感情を抱いてしまうのだ。

別に自分の悪口を言われたわけじゃないし、攻撃されたわけでもない。

じゃあなぜ私はその人に嫌な感情を抱くのか?


自分が自分に許可していない『不満を言う』と行為を何のためらいもなくするから許せないのだ。

じゃあどうしたらいいか?

って考えると、

まずは、自分がイライラしてる状態を知ること。

次に、何の話題でイライラしたか。

そこ話題の中に自分のなかのトラウマみたいなものがあるのかもしれない。


自分のコミュニケーションの傾向を知ることで、
自分自身も分かるような気がする。

もうこの年齢になると、自分に嫌なことがあっても知らんぷり。
落ち込んじゃうと次に進めなくなってしまうと思うから。
だけど、その嫌なことはちょっとずつ蓄積されて、ここ数年で満杯。


嫌なことは我慢せず。
吐きだすことが全てではないけど、
嫌な気持ちを偽ると、その分の感度が喜びも減ってく気がしちゃって。

そんな感じです(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

執着を手放そう!

2013-03-04 | Weblog


今日の私は頭がへろへろ。
やっぱり春はみんな心の中がざわざわするのかな。
駅でみた「自殺予防月間」ポスター。

一説によるとそのポスターで自殺者が増えるという噂も。
精神疾患を患う方は真面目な方が多いから、
「自殺したくなるくらい苦しんでいる人がいるんだ。
 自分はそこまで至らないから…。        」
と言って精神科に行ったりするのを我慢してしまうそうだ。


今日は失恋から立ち直れない人の話を聴いていた。

「告白したときには言われなかったんだけど、
 あとあと聴いたら結婚する相手がいた。裏切られた気持ちで。
 なんでそんな酷いことをするのか。」

ホントは言いたかった、

「ショックを与えるのを最小限にしたかったのかもしれないよ?」と。

怒りとか憎しみとかで自分の好きな人のことをずっと思っているのは辛いから。
そこへ執着すると前に進めなくなるから。
自分の中で楽な答えを選んでしまえばいいと思うのと、


好きな人付き合いたいのは誰しもそう思うこと。
だけど、私は好きな人が自分の理解者とも限らないのかなぁとも思う。

恋愛とは難しいものですな。

そんなこと言っている私も…orz

好きな人をすぐに忘れちゃうのはなんかすごく冷たい気もするけど、
それはそれで私は良いような気がする。
だってもう関係ないんだもん。

やっぱ元カレとか元カノって言葉がおかしいんだよなー。
これも執着のひとつか。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

好きになる方法

2013-03-03 | Weblog
ときどき思い出す友達の言葉。

「そんなに自分のこと好きになれないなら、私のために好きになって。
 自分の為に自分を好きになれないら、私のためになって。
 あなたのことを好きだと思っている私に失礼だよ!        」


これを心の糧にして生きていた。
今では別人のように明るくなった気がする。
何かに執着することがすごく減った。

今度はこの言葉で誰かを元気にしたい。

自分のこと好きになれなくて困っている人、

誰かのために自分を好きになってみてはどうでしょう?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

引っ張られる

2013-02-24 | Weblog
誰かの愚痴を聴いていると、どうしてもそこに引っ張られる。
それがお互い共通の知人だと、どんなひとなのか分かってしまうからさあ、大変。

でも、それは相手の問題なだけであって私には関係ない。
引っ張られる私に問題があるわけだ。

気を付けないと。

真ん中に立つことと、
相手を気持ちを考えながら話を聴くことが出来たら
話を聴く人としてすごい技術者だと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人間観察って?

2013-02-22 | Weblog
最近よく

「人間観察が好き」

と、言うセリフ。

いつからこんな言葉出来たのかなぁ。
人間観察って言葉、私は嫌いです。

なんか、人間を人間として扱っていない気がするから。
言葉のニュアンスだからこれは私個人の意見です。
ただ、自分の見ず知らずの人なのか知人のなのか分からないけど
人に対して「観察」って言葉を使うのは、実験をされているような気がして気分が悪い。

人間観察が好きって言葉の意味はよく分からないけど、
私はそのセリフを言われた瞬間にその人に疑問符を抱く。

職業上「観察」はしなければならないんだけど、
それは普段と様子がおかしい、呼吸がおかしい、顔色がおかしいといった
状態に対する危険を察知するためのものなんだけど、

人間観察ってなんのためのものなんだろう。

上から人をみているような気がしてならない。


「私は人のことをよく見ています」アピールなのかな?

だとしたら、その人は自分自身がどうみられているのか、自分自身が
どうなのか見直すことが先だと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まさか

2013-02-17 | Weblog
一年前の記事がメールが届き、開いてみたらまったくブログが変わっていた。
それはさておき、一年前の私が感じることは今も思っていることには変わりない。
ただ「真ん中に合わせる」っていうのは違うかなぁ。

良くするために話し合って折り合いをつける、、、真ん中なのかな?(笑)

仕事の考えの中で個人の人間関係を持ちこむからおかしくなるんのだ。

「みんな仲良く」ってプライベートも仕事も、ってことじゃないと思う。


合わせる

すごくすごく悲しくなる。「スタッフへの対応が、患者さんへの対応にも繋がるんだよ」と教えられた若かりし頃。時を経て、それを実感することが多い。スタッフ間のコ...

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正解は?

2012-09-11 | Weblog
言葉というものは難しいもので、

ストレートに伝えれば冷たく聞こえるし

内容が薄っぺらなようにも思える。

でも、その病気に対する治療において明確なものはなく、

事実として、「感知することは難しい」と言うことなんだと思う。


まだまだ運転も自分で出来て、電車も自由に乗れて…

そんな若い頃であれば治療できる病院を探して探して

大変だとしても通うだろう。

だけど、もう運転することも難しく、移動が大変と思われる人に

遠くの病院を紹介出来るのだろうか。
でもきっと望んでいるんだよね。少しでも良くなるのであれば。
それが患者さんとそのご家族の思いだ。


だから選択肢として提案するのは一つであると思う。

治したいという患者さんの気持ちと、

もうこれは対処療法しかないという医者の気持ち。

真逆のこの意見を近づけるためには…

生活習慣病ではないだけに…辛い事実。

そして何も出来ない閉塞感…。

自分がしたことは果たして合っていたのか…

今も悩む。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

場違いな思い

2012-09-10 | Weblog
妻の病気について質問してくる夫。



世の中には色んな家庭があって。


病気というものは治るものもあれば

一生付き合わなければいけないものもある。


その人の病気は後者のほうだ。

妻のいないところで、その病気について質問している夫。


病気自体はとても悲しいことだけど…


だけど。


とても大切な、

そして唯一無二の幸せが


そこにはあるような気がした。

そんな、空気の読めないことを思ってしまってごめんなさい。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

悩み

2012-09-09 | Weblog
悩みと言うのは人それぞれで。

「毎日うんちが出て心配です」

と、相談された。


私としてはそれはすごくハッピーなんだけどね(笑)

よくよく話を聴くと手術をしてから、毎日出るようになったから
何かおかしなことが起きているのか心配になったそうだ。

でも毎日便が出てなかった人が急に出るようになったら
なんかしら体調が変わったのかと不安になるよね。


ささいな悩み程相談しずらいし、
きちんとした回答ってなかなかされないんだろうなぁと。

「なぜ」そう思うか、
「なぜ」の先にあることが本当の知りたいことなんだろうなぁ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加