マンドゥルース

ムラムラ(のんびり)の国マダガスカルでの暮らし

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

別れの季節

2008年02月07日 16時22分01秒 | Weblog
皮膚にぶつぶつができたので抗生物質を服用すると、
尻の穴から40cm長の寄生虫が出てきた。
最近、マラリアの薬やら栄養剤で体が薬漬けになっていたので、
彼も居心地が悪くなったようだ。
随分前から共生していたが、その共生生活にピリオド。

同居人のコリンも来月にはイギリスに帰国することを決めた。
アンブヒマハマシナというフィアナから車で2時間ほどの町から、
徒歩12時間かかる(徒歩しか手段がない)村でボランティアをしていたが、
あまりタマナではなかったようだ。
(注:タマナという訳語は難しいが、その土地が気に入って長いこと
住んでいる場合、その人はそこにタマナである。)

2月、3月は別れの季節??
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言葉のニュアンス | トップ | 貧窮の季節 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL