日々、日常

日本酒、ワイン、プロレスや興味のあるライブ鑑賞の感想です。

6月ワイン会「チリワイン会」

2017-06-17 13:59:54 | 日記
1、グラシア・デ・チリ・ピノノワール2014 ピノノワール100%
  料理:アランチーニ、バジル風味
2、サンタ・リタ・シークレット・リザーブ・レッド2014 カベルネ・ソーヴィニヨン種、メルロー種、シラー種、プティ・ヴェルド種
  料理:オイルサーディン香草マリネ
3、ロスヴァスコス・カベルネーソーヴィニヨン2015 カベルネソーヴィニヨン100%
  料理:鳥のペペロンチーノ
4、サンライズ・メルロー2014 メルロー85% カルメネール15%
  料理:蟹のフィットチーネ、トマトクリーム




1本目は色合いが、黄緑色にも見えるような赤茶色、酸味と黒コショウのようなスパイシーさが感じられる、料理のコロッケと合わせるとライチのようなみずみずしい甘さが爽やかなワインに感じられた。
 料理はライスコロッケバジルの香りよりもチーズの味が勝っていた、外のかりかりの衣が食欲を増す香ばしさうまし!!!
2本目は色合いが黒に近い濃い目の色、私の思うシラーの感じが強く感じられた、ミントやキシリトールのような舌に冷たさを感じるあたりがそうかな?どこかでチョコのような甘さがある。
 料理はイワシにちょうどいい塩気が効いているワインのおつまみにちょうどいい、酒のあて。
3本目はいわゆるカベルネの味わい、香草やハーブ、ピーマン臭のするワイン、しかしフランス産ほどの渋みが少ないので、味わいはすっきりとしている、本格派のワイン
 料理はぶりっぶりの鳥にも辛みと味わいがしみ込んでいてうまし、またジャガイモさんにもほくほくの中にぴりりと辛みが効いて食がすすむ君、付け合わせのパンにぺペロンオイルしみ込ませて食べたらうまいのなんのっていうことなし。
4本目はカカオの香りがふんわりと香りそのあとに木苺のような酸っぱさが現れるが前のワインが結構個性派なのでインパクトにはやや劣るか。でも飲みやすく癖の少ないワインです。
 料理は蟹の香りが凄いしみ込んだフィットチーネがうみゃいぞい、トマト感よりも蟹の味わいが濃い、蟹も身が詰まっていておいしいよぅ、パスタがうまし、コリャたまらんぞう。

オプションで400年の歴史のあるフランスのワインを日本で初輸入したワインを差し入れてくれた方がいらしたので、飲ませていただいたがこの日のワインがすべて吹っ飛ぶくらいに美味しかった、すごいワインだった!!!!

最近のお買い物
夾竹桃 ジン「新・ちいさいひと2巻」
小山愛子 「舞妓さんちのまかないさん」
などなど
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月日本酒会

2017-06-10 13:49:54 | 日記
1、湘南 吟醸酒(神奈川県) 日本酒度:非公開 酸度:非公開
2、美濃菊 隠し大吟醸(岐阜県) 日本酒度:+4 酸度:1.5
OP 天上夢幻 旨口 特別純米 (宮城県加美郡)

料理:アボガドのフライ
  :フォアグラのブルスケッタ
  :アクアパッツァ
  :ツナと梅の炊き込みご飯




1本目すっきりとした辛口、すりすりとした、切れ味抜群の飲み口&のど越し夏向き、最後の余韻にやや木苺のような酸味を感じるが全体的に飲みやすい一品。清涼感がある!
2本目はこれぞ吟醸香と言わんばかりの青りんご風の甘みのある香り、ややスモーキーな樽香のようなかおりもややするか?1本目が軽い飲み口に対しややずっしりするが飲みごたえあり、香りがなにせ楽しい吟醸酒です。
 オプションはまず初めのインパクトに米の香り、口当たりにも、後味にもややザラメのような香ばしい甘さがあるがねっとりという感じではなくすっきりとしていて飲みやすい。

 料理のアボガドはフライにするとお芋のようにほくほくとしていて尚且つふわふわの食感になる、カボチャよりもおいしいかも?
 2品目はバルサミコがちょうどよい効き具合、酢の感じが少ないのでフォアグラの濃厚な味と見事に調和、パンに塗っている粒マスタードが良いアクセント、うまし!!!
 3品目はムール貝、エビ、イカ、スズキ、タラと豪華な具だくさんの料理、魚は身の閉まり方が違うので触感でも楽しめる、出汁のきいたスープがめちゃめちゃうまい、パンにつけて食べたかった。
 4品目安心してください、ちゃんと写真は撮り忘れましたよ・・・
梅の香りがふんわし、香り梅の酸味が程よく調和、最後にツナがこんにちは、と暖簾をくぐって表れてくる、青シソの葉の香りも良い感じです。美味しくいただきました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加