日々、日常

日本酒、ワイン、プロレスや興味のあるライブ鑑賞の感想です。

12月ワイン会「グランヴァンを楽しむ」

2014-12-20 13:24:20 | 日記
グランヴァン(高級・ワイン)を楽しむ会でした。今年最後の会です。

1、CHモン・ペラ2012(プルミエール・コート・ド・ボルドー)メルロー80% カベルネフラン10% カベルネ・ソーヴィニヨン10%
 料理:フォアグラと安納芋のグラタン
2、CHカントメルル2011(オーメドック、メドック格付け5級) カベルネソーヴィニヨン52% カベルネフラン5% プティヴェルド3%
 料理:鮑のステーキ、肝バターソース
3、CHブラーヌ・カントナック2011(マルゴー、メドック格付け2級)カベルネソーヴィニヨン65% メルロー30%カベルネフラン5%
 料理:鹿肉のロースト、ブルーベリーソース
4、CHオー・バタイィ(ポイヤック、メドック格付け5級) カベルネソーヴィニヨン78% メルロー22%
 料理:アランチーニのコンソメヴィライユ

あぁ、また今度は4品目取り忘れているなぁ・・・最近だめぽ・・・


1本目はブルーベリーのような濃い香り飲むと、やや酸味あり色合いはメルロー主体なのでやや鮮やか、フルボディで苺のような甘酸っぱい感覚がありました、結構アルコール感があって、最後に渋みが出てくる、複雑味のあるワインでした。
料理は安納芋がクリーミーなソースのようになっていてこってりフォアグラに絡ませて食べると、濃厚なそれこそワインに負けない料理になっていました。チーズの風味もすごく香ばしくて美味なり!
2本目はカベルネ特有のピーマン臭、コレが香ると大体重めの飲み口になるけれど、飲み口が想像よりも軽い、やや、マスタードやからしといった香りが特徴的だが、飲みやすいワインでした。
料理は鮑が柔らかい、そして肝バターソースに入ったガーリックが効いて食の進む、そして飲みが進むソース、鮑ももちろん美味しかったが肝バターソースが絶品でした、すごうまです!!!
3本目は、色合い濃い目で注いだ感覚も重そうだが、スぅーッと自然に体に浸透するように入っていく深く沈んでいく感覚を味わえた、柿を食べ終えたあとのような渋みを最後に感じるが飲み口は料理に引っ張られた感があるかもしれないが、ブルーベリーのような甘い香りもしました。
料理は甘みのブルーベリーソースとバジル効いたジェノベーゼソースとあわせて食べると美味、付け合せのフライドポテトもホックリ美味しい、しっかりした食感のある肉肉とした、野性味のある肉とソースがマッチしていて食べ応えのあるお料理でした。
4本目はまず香るのは高級品特有のセメダイン臭、ブラックチェリーやカシスのような香り飲むとなにかひんやりと冷たい舌触りのするような不思議な感覚のワイン、結構しっかりとした濃い目の味で渋みもきっちりある贅沢な感じのワイン、この日では一番重めのワインだったかなぁ?
 料理はモッツァレラチーズの溶け込んだコンソメの海にぽかんと浮かんだ真ん丸いライスコロッケ、周りにこんがりおこげがあってそれを割ると中にもチーズがいるという憎い演出、それをほぐしていただく洋風のお茶漬け風料理、こんがりおこげの香ばしさがアクセントだけど、さらさらといただける〆の一品にふさわしいお料理でした。

今年はコレでおしまいです、また来年のワイン、日本酒が美味しく飲めるといいなぁ・・・

最近のお買い物
やっぱり1.4逝ってこようというわけでレッスルキングダムのチケット
森川ジョージ「はじめの一歩109巻」
浦沢直樹 「MASTER KEATON Reマスター」
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

12月日本酒会「高級日本酒を楽しむ」

2014-12-13 13:32:15 | 日記
1、羽根屋 大吟醸 富美菊(富山県) 日本酒度:+5 酸度:1.2
 料理:川エビのフリット
2、浦霞 大吟醸 槽掛け雫酒(宮城県) 日本酒度:+3 酸度:1.2
 料理:風呂吹き大根、ウニ味噌ネギソースと
3、写楽 大吟醸 しずく取り(福島県) 日本酒度:+1 酸度:1.3
 料理:牛タンの和風シチュー
4、喜久泉 大吟醸(青森県) 日本酒度:+3 酸度:1.3
 料理:白子とイクラのクリームリゾット
オプション
松の翠 純米大吟醸 山田錦(特等)100% 精米35%(京都府伏見)

お福酒造 越後お福正宗 初しぼり 純米

あぁ1品目の川エビ取り忘れたぁ・・・


年末恒例の高級日本酒の会普段飲めないようなお酒なので楽しんできました。
1本目は香りこそ少ないが喉で香りが味わえると言うか感じられる舌では甘みを感じられるが後味がピリッと締まっている、ミネラル感が強く感じられた、時間がたつと辛味が強くなったかな? 料理は川エビがぷりぷり、軽い塩分が良い感じお酒のおつまみ、頭から丸ごとかりかりと美味しかったです。また器もチーズを香ばしく焼いた器になっていてこれまた酒のつまみになってうまい!
2本目は1本目より更に甘みを感じた、飲みやすさも抜群に良く喉をさらっと駆け抜けていくようで透き通った味わいのお酒でした。
料理はネギ味噌のネギ風味の利いた洋風風呂吹き大根、存外にバジルのソースと大根がマッチしていたな、まさしく洋風じゃない
、ウニは消えちゃっていたなぁ、わからなかった・・・
3本目は香りはやや酸味を感じたが飲むとザラメや綿アメまで思わせるような甘さを感じました、喉越し、すっきりで飲みやすさはこの日1番でした。
料理は牛タン柔らか存在感のメークインがややしっかりとした煮込みで食感のアクセントが楽しめたぽかぽかになるシチュー、冬はやっぱり、あったかいしちゅーをたべよう~、ちなみに和風とはデミソースに味噌を加えてあるそーでーす。
4本目は青リンゴを髣髴とさせるフルーティーな香り、普通に飲めばすっきりしているのだろうけれど、この日の中ではややしっかりと後味の残るお酒でした。しかし濃厚クリームリゾットとはいい相性でした。
料理は、とにかくクリーミーさが半端なく、濃厚こってり、もっさり、アクセントのイクラの塩分でちょうど味のバランスが良くなるほど、白子の濃厚さも加味してお腹がいっぱいになりました。

オプション松の翠はやや酸味がかった味、結構コクというかしっかりとした米の味わいという言葉がしっくり来る感じのお酒、最後にやや麹の香りが感じられるかも。

越後お福正宗 菰樽の藁の香りボディーしっかりアルコール感があり、酸味も結構感じる濃い目に感じのみごたえがかなりあった。ざわざわ、とざわつく感じなのは、他に飲んだお酒がスッキリしすぎていたからだろう・・・、たぶんおでんや味噌田楽や鯖の味噌煮なんかと飲むと相性がよさそう。
またいっぱい飲んでしまったなぁ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月ワイン会「ニューワールドの高級ワインを楽しむ」

2014-12-09 13:51:55 | 日記
今回テーマは楽しみでしたが、所要につき参加が1時間以上遅れてしまい、慌てて飲んだり食べたりしたので、あんまり味わえなかったのが残念Orz

1、アマヴィ・セラーズ・カベルネソーヴィニヨン2009(アメリカ、ワシントン州)カベルネソーヴィニヨン100%
 料理:フォアグラのソテー、フルーツカポナータ添え、リンゴのソルべと
2、京都丹波鳥居野産カベルネソーヴィニヨン&メルロー樽熟成2012(日本)カベルネソーヴィニヨン60%、メルロー40%
 料理:ソーセージとキノコ、ホウレン草のキッシュ
3、モンテス・パープルエンジェル2011(チリ)カルメネール100%
 料理:牛ほほ肉のグラタン
4、コノスル・カベルネソーヴィニヨン20バレル・リミテッド2011(チリ)メルロー85% カベルネソーヴィニヨン10% シラーズ4% アスピラン・ブーシェ1%
 料理:ポルチーニのクリームリゾット


1本目カシスのような香り、喉越しにはさくらんぼのような爽やかさを感じられる飲み口、しかししっかりとしたあと味が残るのでボディーもしっかり。駆けつけいっぱい目の喉を潤すと言う一杯にはもったいなかった。料理は一品目からデザート風、リンゴのソルべはからからの、喉にはうってつけでうまうまです。フルーツカポナータには柿、洋ナシ。キウイ、バナナ、などしっとり甘い煮込み、バルサミコ酢は、気にならなかったかな?その上には濃厚フォアグラがいました。もちろんそれは単独で食べますよ、美味しいですよ。別々にネ!!
2本目は国産とは思えない出来、口当たりまろやかで渋みが少ない分ややメルローの酸味がやや勝っていたのかな?バラのような香りも感じられ、華やかなワインでした。
料理は見た目ピザか、と思わせるがキッシュのパイ生地がさくさくで、尚且つベシャメルも適度ソーセージの味わいがじんわり広がるもので美味、普段キッシュはもっさり感が半端ないのであまり得意な食べ物ではないがコノくらいの食べやすさだとすごく良い感じで美味しかったです。
3本目は自分の中で勝手なイメージの高級ワイン特有のセメダイン臭を真っ先に感じ、次にマスタードを感じさせるようなぴりりとした刺激、注ぐ音が他のワインと感じが違いました(普通がトポトポならこのワインはドポッドポッと言う感じ)、液体自体に重みを感じた、しかし飲み口はまろやかですぅーっとしみこむような感じコノ日一押しのワインでした。
料理は牛ほほ肉がはらりとほどけるような柔らかさ、ラザニア生地が良いアクセントな食感、デミグラスソースのコッテリ感とワインの濃さにぴったりマッチ、満足な一品うまし!!!!
4本目はラズベリーのような甘酸っぱい香り、飲むとやや甘みを感じ、最後にバニラ臭を感じられるワイン、3本目に比べるとややインパクトに欠けてしまったかな、料理も3品目が濃厚だったので余計にそう感じたかも・・・
料理はやっぱり先ほどのグラタンが濃い目の味だったので薄めに感じたが、その分、乾燥と生の両方入ったポルチーニが香る香る、すばらしい香りが感じられ生のぷりぷりポルチーニの歯ごたえと、食べた時にまたふわっと広がる香りがまた、たまらない、香りをとても楽しめるリゾットでした。

今回は駆け足参戦だったので、まともに味わえてないから、あんまり感想があやふやかもしれないなぁ・・・

お買い物
ダービースタリオン ゴールド
DVD 「ガキの使いやあらへんで!!絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時」
北方謙三 「岳飛伝11巻」
賀東招二・大黒尚人「フルメタル・パニック・アナザー9巻」
賀東招二「甘城ブリリアントパーク5巻」
榊一郎「棺姫のチャイカ10巻」
榊一郎「神鎧猟機ブリガンド」
等など
コメント
この記事をはてなブックマークに追加