日々、日常

日本酒、ワイン、プロレスや興味のあるライブ鑑賞の感想です。

11月ワイン会

2014-11-20 10:29:17 | 日記
1、ラブレロワ・マコン・ヴィラージュ・ヌーボー2014 シャルドネ100%
 料理:ブリとアボカドのブルスケッタ
2、ガレス・ガメイ・スパークリング2014 ガメイ100%
 料理:鳥砂肝と冬野菜のエスカルゴバターソテー
3、ラブレロワ・ボージョレー・ヌーボー2014TOMORROWLANDデザインラベル ガメイ100%
 料理:骨付き鴨肉とキノコのマスタードクリーム煮
4、ドメーヌ・ド・ボージョレー・ヌーボー2014 ガメイ100%
 料理:ギアラとペンネのアラビアータ


オプション ピエールポネルボージョレヌーヴォー
      ピエールポネルボージョレヴィラージュヌーボー

恒例の新酒が出ました!!1本目は良く白のボージョレーと間違えて伝えられるマコネ地区の新酒いつも聞いてはいたけど初めて飲みました。先月のシャブリと同じ葡萄を使ったワインだが、シャルドネらしくグレープフルーツっぽい香りがあって飲み口はレモンのような酸味の立つ味わい、新酒っぽくやや舌がぴりぴりとした感覚がありました、シャブリのように硬質なイメージはなくやんわりとした、口当たりと飲み口でした。
料理はパンの香ばしさが風味となってうまし、アボガドのもさっとしたクリームのような食感と身の引き締まったブリのゴロッとした身が漬けにしてあって味がのっていて、すごくマッチ、パンとの相性もグッド!!

2本目は色合い鮮やかなロゼスパークリング、香りは食用葡萄のような甘い香り、飲むと苺のような甘酸っぱいがサッパリとしていて喉越し抜群のスパークリングしゅわしゅわ~
料理は蓮根ぱりぱりの歯ごたえ、大ぶりにカットされたエリンギの食感とふんわりバターの香りがお気に入り、更に鳥の砂肝の柔らかさがすごいことに、まるで鶏肉のように柔らか、砂肝特有のゴリっとした歯ごたえはなく食べやすい、ちょうど良い塩分ものっていて、ほいほいと口に入っていくおつまみ、爪楊枝にさして日本酒のお通しに欲しいかも・・・

3本目はようやくのボージョレー、しかし、飲み口は軽やかで軽快だが、そんなに上立ち香はなかったかな、飲むと甘みを感じて、最後に桃のような香りが残りました。ボージョレーのようには感じられなかったかな?
料理は鳥のボリュームがすごい、まるで一足先にクリスマスが来ちゃった感じ。何でこんなに柔らかいの鴨なのに、と思えるほどにほろほろ崩れるように食べられる、クリームがまろやかに纏い、絡んで美味、キノコの香りもうつっていて美味しいソース、パスタを絡めて食べたいくらい、満足な鳥

4本目はなんというか、マグネシウムや鉄を思わせる金属臭をまず感じました。飲むとラズベリーのような甘酸っぱい酸味がある、飲み後の残り香が土っぽい、感覚でした。
料理はピリッと唐辛子の辛味の利いた、アルデンテのペンネにトマトソースが良い具合に絡まって美味しく食べられました。ギアラのホルモン感が好きな人には好きな食感かも、ペンネの中に入っていても一人がんばって主張していました。

オプションピエールポネル 一番、自分が思っているいかにもなボージョレー、苺っぽい香りに、飲んでやや甘みも感じられ、すごく軽い、イタリアワインのサンジョベーゼのような軽さを感じさせる、最後にややマスタード臭もあったかな?

ピエールポネルヴィラージュ しっかりとしたと言うイメージか?やや渋みのタンニンを感じられ、あとに残りボディーを感じられる、じっくり煮込み料理とかにあわせて飲むと良い感じのボージョレーでした。

最近のお買い物
CD いきものがかり「GOLDEN GIRL」
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

11月日本酒会「しぼりたてのお酒を楽しむ」

2014-11-13 10:45:45 | 日記
やや、微妙にしぼりたてには早かったけれども・・・

1、紀土 KID 純米吟醸酒しぼりたて(和歌山県) 日本酒度:非公開 酸度:非公開
 料理:イカ刺しと大葉の塩糀マリネ
2、鳳凰美田 初しぼり純米吟醸酒(栃木県) 日本酒度:+1 酸度:1.8
 料理:鰯のイタリアンフライ、オーロラソース
3、八海山 越後で候 青ラベル しぼりたて原酒(新潟県) 日本酒度:+4 酸度:1.4
 料理:ボリートミスト
4、羽根屋 純吟 煌火生原酒(富山県) 酸度:+3 酸度:1.4
 料理:安納芋と舞茸のリゾット


オプション 極上秘幻 大吟醸 浅間酒造 (群馬県吾妻軍長野原町)

1本目はヨーグルトのような乳酸菌の香り口当たりが、まずは甘みが口に広がり、飲みきるとスッキリとした辛味が沸いてくる感じ、麹の香りの余韻がすばらしい!!まさにフレッシュ、瑞々しいと表現したいお酒。
料理はイカの身の甘みが感じられ、大葉の香りがふわっと香るお通し!!
2本目は香りこそ1本目より少ないが、飲んだときの甘みと辛味のバランスがすばらしく良くて飲みやすい、ちょっとした微発泡したぴりぴり感が良い感じ、料理とあわせると甘みが増し増し
料理は鰯の身が厚くしっかりしていて尚且つカリカリに揚っていてうまい、オーロラソースの中のケチャップの甘さが引き立っていて美味しい、久しぶりだがナツカシイ味わい
3本目は藁っぽいかおり、濃い目のとろっとした口当たりが甘いが喉元通り過ぎるとぴりりと辛味が効いて来る強い辛味が印象的。
料理はイタリアンのおでんと言うがトマト煮込みだよね、ジャガイモさんに、玉子さん、厚切りベーコンにソーセージ、満腹感いっぱいのお料理ぼりゅーみー、あったまる味、ちょいとパンでも欲しくなった。
4本目は3本目よりも更に濃厚、甘酸っぱい感じに感じるのは、安納芋の甘さに引っ張られたのかもしれないが、アルコール感がずしっと利いたこの日の中では重めの飲み口だった、印象に残る一本
料理は口に含んだ瞬間に舞茸の香りが一気に広がる、その後に芋の甘みがずーっと続くリゾット、感覚では栗ご飯的な味わいでした。
オプションは山田錦の香りがあってすっきりとしながらもキリリと引き締まった味、やや酸味があるが、飲みやすく、水のような口当たりで危険でした。

お買い物
松田樹利亜 ライブDVD「REVIVE」
八奈川景晶、賀東招二 「甘城ブリリアントパークメープルサモナー1巻」
賀東招二「甘城ブリリアントパーク5巻」
和田竜「小太郎の左腕」
鈴木輝一郎 「対決!片桐且元 家康」
宮下英樹「センゴク一統記10巻」
ポルノグラフィティ「ワン・ウーマン・ショー~甘い幻~」CD
等など・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/1新日本プロレスに行って来たよ ぱーと3

2014-11-04 02:41:27 | 日記
第6試合はスーパーJrタッグトーナメント準決勝
この試合はさすがに空気感が違った入場もタイチのエア歌、とデスペラードのギター引きまねで入場、対するヤングバックスは良い動き、テレビではまずいだろう頃のDX張りのSUCK ITポージング、そしてハーディーズを思わせる連携のすばらしさ、この日のベストバウト、まぁはじめはゴング直後から「タイチは帰れ」チャントだったけど、試合は小ずるいタイチ、デスペラード組の立ち回り、途中デスペラードが2人抱えてエアプレーンのように抱えていたのはすごい、タイチの軽く見えるアックスボンバーとはちがったなぁ、しかし一度流れが変われば、やっぱり一味も二味もヤングバックスのほうがレベルが高かった、場外に向けてのトペのスピードも勢いも段違い、さすがに両チームがどちらも場外に飛び技を見せたけれど、最終的には合体技の豊富さで、モア・バンク・フォー・ユア・バックの流麗な技を決めて、ヤングバックス勝利!!
タイチのマイクは凶器です!!
第7試合は後藤、柴田、真壁、棚橋VSオカダ、中邑、石井、YOSHI‐HASHIの対決、こちらは1.4に向けてまた、ベルト抗争に向けての組み合わせ、中邑と柴田でゴング、緊張感のある探りあい、どちらも意識しあい張り詰める空気が良かった、中邑の滾りがぷるぷる見えたよ、そしてオカダ、棚橋へスイッチ、こちらも様子見、声援は五分五分か?顔を見合わせる程度で真壁と石井に交代、みごたえたっぷりのエルボーのどつきあい、エルボーで優勢に立った真壁が後藤へスイッチうーんなんか、NEVERのベルト挑戦は真壁にやってもらいたいと言った感じかな?なんか、後藤の試合は好きになれないんだよな、連携で中邑が串刺しニーを慣行、続けて石井の雪崩式ブレーンバスター、ぐったりして捕まる後藤に対してまたしても中邑の滾るぷるぷる、といつの間にか棚橋、オカダ二度目の対決へここでは両者の得意ムーブメント、リバースネックブリーカーツームストンへ行こうとするもかわしてドラゴンスクリュー、そのまま場外乱闘、棚橋が投げられて目の前にそして鉄柵で締め出すオカダ、楽しいなぁそして、試合は流れて最後は真壁がYOSI-HASHIにキングコングニーで勝利!!!その後は各対戦相手ごとににらみ合い、その後真壁がマイクを持って「おい、お前ら最高だろ!スカッとしただろ、またスカッとしたかったらよ、新日本身にコイよ!」と締めかと思ったら「おまけがあんだよ、チャンピオン」と棚橋にマイクを渡し最後は「新日本が帰って来たぞー」「じゃあ、最後に、皆さんあいしてまーす」で終了、大満足の試合でした。

滾る中邑

石井の雪崩式ブレーンバスター
場外乱闘締め出されるチャンピオン
キングコングニー(またスパイダージャーマン見れなかった。。。)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/1新日本プロレスに行って来たよ ぱーと2

2014-11-03 02:52:23 | 日記
第4試合は風になれ聴いていたら会場が騒がしいと思ったら後ろから飯塚が~~キターーーー
試合は鈴木軍の奇襲で始まるもすぐにフォーエバーフーリガンズのコントが・・・内輪もめからの攻撃成功仲直り、エンドレス一リラリアット、コサックダンスキック、TAKAもコズロフの帽子を奪ってコサックキックをパクル、みのるに帽子を渡すもそこは悩みながらも帽子を捨てるみのる、試合中、矢野と飯塚の場外乱闘が自分の目の前で・・・「お気をつけください、お気をつけください」のアナウンスも聞こえたが、飯塚の振り上げた椅子が目の前にあったときはさすがにびびりました。迫力満点!!!
最後はロメロ、コズロフのコントラクトキラーにて矢野組勝利、勝った後の矢野の悪賢そうな顔・・・みのるとの相性最悪なのに面白い試合がいつも見れるからこのカードは何度見ても面白い!!!TAKAさんのスーパーキックはやっぱいいなぁ、みのるもやっぱりえぐさが際立っていて良かった。
後ろから飯塚!!
場外乱闘!!
わっるい顔

第5試合はバレッドクラブ対タイムスプリッターズ、本間、キャプテン、内藤の試合、ドクとファレはデカイいやこれマジ!!
試合は本間の小こけし、こけしロケット、シェリー、KUSHIDAのトペなど見所満載、しかしタマちゃんの動きが抜群にキレッキレ
連携の面でバレットクラブのほうが良く、キャプテンのローンバトルの展開が多かったな、会場からは「キャプテン逃げて~」と悲痛な叫びが飛ぶ始末最後はマジックキラーで、カールアンダーソンがフォールでバレットクラブの勝ち、内藤は中心にいなきゃいけないのに微妙だったな・・・高橋との絡みがちょっとあっただけで存在感はこけしとキャプテンのほうが活躍していた印象だ

カシ!ドドドドド!


飛び込むタマちゃん

試合後の対照的な姿!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/1新日本プロレスに行って来たよ

2014-11-03 02:21:15 | 日記
チャリティーで真壁、本間、タイガーに握手してもらえたよ~、そして物販コーナーにてみのるの金刺繍タオルにサイン入れてもらったよ・・・

こちらが対戦カード

1試合目はいかにもなヤングライオンの戦い試合は一進一退の攻防やや田中のほうが押していたが最後は足を刈り取り片足のハーフボストンからのえぐい角度のボストンに移行で小松勝利!!
第2試合は入場で軽快な音楽とともに踊りながらフエゴ、マスカラ・ドラダ組み、メキシコプロレス感を出していて面白し!!一方のライガー、タイガー、やっぱし人気はライガーが圧倒、試合もライガーのサーフボード、やロメロスペシャルなど見せ場たっぷり、対するメキシカン2人のルチャリブレっぷりは良い、ロープワークは抜群にうまかった、試合はタイガーがタイガースープレックスで勝利!!
しかしその後地味な2人が乱入ノアの超危暴軍のGHCジュニアタッグチャンピオン、大原と拳王が登場不穏な空気に、「ライガーの今からタッグマッチ、ベルトかけてやってやるよ、お客さんも見たがっているよ」の挑発にも透かして、今後1対1のシングルス戦に発展していきました。さすがは何かが起こる地方大会!!!盛り上がる~!!!
第3試合はROHの選手カール・オライリー、ボビー・フィッシュ組対田口、BUSHIのタッグマッチ正直最近のROHはあまり知らないのであまり知らなかったけれど、そこはROH、すごい連携の取れた良いチーム一方の田口はあまり活躍していなかったなチャンピオンなのに・・・後はBUSHI人気が結構あった、試合はROH組の連携技でBUSHIがフォールを取られたがBUSHIのトペはきれいだった!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加