日々、日常

日本酒、ワイン、プロレスや興味のあるライブ鑑賞の感想です。

お買い物

2010-10-29 01:59:20 | インポート

CDポルノグラフィティ「君は100%」

フルタの方程式 バッターズバイブル

キャッチャーズバイブルに続いてかってしまいました。

ココに記事を書いてください。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お買い物

2010-10-27 03:35:54 | インポート

藤子・F・不二雄大全集 「ドラえもん10巻」 「オバケのQ太郎7巻」

北方謙三 楊令伝 最終15巻

以上購入・・・楊令伝・・・水滸伝から・・・約10年おもしろかったなぁ・・・読み物としてはすばらしい出来、いままでの水滸伝をガラガラポンしていて良かったです。

ココに記事を書いてください。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャーマンソーセージ

2010-10-22 18:16:07 | インポート

アイコンチキンジャーマンソーセージ、食しました。

このシリーズ通してバンズのこだわりを感じる今回のライ麦入りバンズもなかなか味わいがありました。ボロニアソーセージと酸味の利いた粒マスタードソースが結構利いていました。だけど、うーん、アイコンチキンと歌ったからチキンを入れたシリーズだけど今回は、チキンがもしなくても、そのまま商品として成立したかも知れない気がする、チキン自体がおいしいだけにチョイもったいないか・・・

そういえば、もう一度コメットを買ってきたぜ、再チャレンジ、阪神にレッドスター赤星がいたがうちにはブラックスターこと、ブラックコメットが登場、ほかは更紗のコメットだけど、びゅんびゅん泳いでいる、だけど、まだえさをあんまり食べてくれないのが気がかりだ・・・少しでも食べてくれれば安心なんだが。

それと、お外の番金の小赤金が抱卵しました

生まれるかどうかわからんが見守っていこう。しかし、手を掛けずに一番ほうってある番金が一番元気になるって言うのも面白いもんだ。

ココに記事を書いてください。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

定例ワイン会10月

2010-10-21 11:46:35 | インポート

テーマ「牡蠣とシャブリを楽しむ♪}

1、モロー・ノーデ・プティ・シャブリ07 ブルゴーニュ、シャルドネ100%

料理:生牡蠣のシャンパン・ジュレ

2.ドメーヌ・ド・ラ・ムリエール・シャブリ07 ブルゴーニュ、シャルドネ100%

料理:スモーク牡蠣と色々キノコのピザ

3、ウィリアム・フェーブル・シャブリ08 ブルゴーニュ、シャルドネ100%

料理:カキフライ、タルタルソースと共に

4、キュべ・デ・パキ・シャブリ08 ブルゴーニュ、シャルドネ100%

料理:カキとホウレン草のクリームソースのパスタ

最初に飲んで美味しいものだワインはと思ったのがシャブリだったので今日は飲み物は楽しみにしていました、1本目は、柑橘類、特にグレープフルーツのような香りを強く感じました、さっぱりとした味わいで飲みやすいという感想、生カキと合わせると香りがレモンのような感じになるワインの香りにびっくりしました。

2本目はやはり喉越しすっきり、水を飲むようにくいくいと・・・・違う違う!!!

硬質の水を飲んでいるようでミネラル分たっぷり感じました。スモークカキとピザソースの相性が新鮮でした、ミルキー感がソースとマッチしていておいしかったです。

3本目はこれぞ、シャブリのワインという感じでオイリー感ただよう、香りと味わい、石の香りを思わせるような飲み口、こういうのが一番飲みたいシャブリでした。堪能

料理のカキフライ、ざっくりカットした卵が入ったタルタルが美味なり、カキフライにたっぷりつけて食べたら、美味しすぎます。かりっかりで美味しかった。

4本目 これも、石を感じさせる香りに、ほのかに香るミントのような感じを味わえました。オイリー感がないぶん3本目よりもかなり飲みやすかったかも。料理は生パスタでキッタラというもの見た目も食感もうどんぽいしっかりとした食感たべごたえずっしりトマトのクリームソースとカキの香りもあいまってとっても美味しいパスタ、もふもふと食べてしまいました、ゆっくりたっぷりと美味しく飲んで食べて変えてきました。

デモなんか、疲れていた気がする。

ココに記事を書いてください。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月定例日本酒会

2010-10-14 12:19:10 | インポート

テーマ「ひやおろしを楽しむ♪」

1、翠露 純米酒 辛口秋あがり(長野県)

料理:焼き茄子のアンチョビソース、銀杏のピンチョス

2、龍勢ひやおろし八反錦中取純米原酒(広島県)

料理:西洋ゴボウと白海老のかき揚げ

3澤姫 純米吟醸ひやおろし生詰酒(栃木県)

料理:秋鮭のチャンチャン焼き

4、ひやおろし 特別純米浦霞(宮城県)

料理:栗とキノコの炊き込みご飯

1本目は飲み口がすっきりしていて、まさに淡麗と言う言葉がぴったりの味でした、料理のなすのおこげの部分が香ばしくアクセントになり、ホワイトソースにアンチョビとニンニクが利いていておいしかったです、コレを食べた後にのむお酒がすこし酸味を帯びていてまた違う味わいになりました。

2本目は原酒と言うことで米の香りが強く、ビターチョコレートのような香りも少し感じられました、色は白ワインのようなやや黄みがかった色でしたが、味はまさに濃いの一言アルコールの甘みも感じられしっかりとしたつくりでおいしかったです、白海老も殻ごとでおっきいまんまのかき揚げ、とってもからっとあがっていておいしかったです、お酒の濃さもかき揚げと食べることでマッチしていました。

3本目は一本目に近い味わい2本目が濃すぎて味わいがなくなっていたのかな?ちょっと残念に感じたが、はらすをつかったチャンチャン焼きのみそのあじとはらすのこってりかんをかき消すすばらしいさっぱりかんをもったお酒に感じました。

4本目は2本目よりはそうでもないが、こくのあるやや濃い目のお酒やはり甘みを少し感じ栗ご飯の栗の甘みと似たような甘みを感じました。

また、いろいろオプションがあり 「昇龍蓬莱 特別純米」 「三井の寿ひやおろし 秋純吟「ポルチーニ」吟のさと100% 「庭のうぐいす 純米吟醸酒」の3種類をいただきました。

昇龍蓬莱は軽い口当たりと甘みを感じものすごい飲みやすいお酒でした。冷やして飲むのにぴったりでした。 ポルチーニ、名前からしてキワモノだろうと高をくくっていたけれど、吟醸香がすばらしくたっていて、喉越しがまるでオブラートのように溶けていく感覚がありました、後味が少し残ったのは、ポルチーニなのか? 庭のうぐいすは甘くてほんと飲みやすいお酒でした、吟醸香もあってまだまだ、知らないお酒っていっぱいあるんだなぁとつくづく思う一日でした、が帰ってきてかなりくたばってました。

ちなみにオプションですが神奈川県と福岡県のお酒でした。

ココに記事を書いてください。




 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加