日々、日常

日本酒、ワイン、プロレスや興味のあるライブ鑑賞の感想です。

5月日本酒会

2017-05-13 13:25:49 | 日記
1、澤の花 純米吟醸 花あかり(長野県) 日本酒度:-2 酸度:1.6
2、津島屋 純米吟醸 幕開け(岐阜県) 日本酒度:非公開 酸度:非公開
オプション 酔鯨 特別純米酒(高知県)
      北島 生酛純米 雄町(滋賀県)
料理:茄子の味噌炒め
  :鯵の梅マリネ
  :牡蠣の和風グラタン白味噌風味
  :ウニのクリームリゾット


1本目のお酒は絹糸のような香りで繊細さがある、フルーティーで瑞瑞しい甘さのある口当たり、メロンを思わせる爽快感のある甘さが際立つ一品、料理と合わせると、甘さが鳴りを潜め硬質ですっきりとした後味の良い、辛みが現れるのが不思議。
 2本目は吟醸香が強い、フルーツというよりもナッツ系の香りで香ばしい、飲んでいくと最後ののど越しで甘みが出てくる、麹香もかなりある、アルコール度もやや強く感じられるずっしりとお腹に来る重めのお酒。肉と合わせたいなぁ・・・
オプションの酔鯨はやや乳酸菌、ミルクやヨーグルトを思わせる香り、米の香りと酸味がやや強く前面に表れているお酒、冬場に飲んだほうが合いそうなお酒。
 北島、吟醸香はかなりある、チョコレートのような香りか?濃い甘めの香り、のど越しすっきりの中にいい具合に米香が混じっていて、あっさりとしたお酒でした。
 料理のお茄子はまず最初にオリーブオイルの香りがまず顔をだし、その後ゴマ油の香ばしい香り茄子は柔らかで食べやすい、最後に味噌の香りがふわっと表れて美味!!
 2品目は鯵に結構酢がきつめに乗っていて、梅の香りはあんまりなかったかな?でも鯵に脂がのっていて身の引き締まった感じがうまい、おつまみ。酒の肴じゃい!!
 3品目は和風?グラタンです、チーズがカリカリで香ばしい焦げ目が食をそそる、牡蠣の味が濃くて存在感が良い、心憎い演出でニョッキが入っているのが牡蠣の触感とぷにぷにのニョッキの食感との対比が面白い、味噌は~・・・どこ?
 4品目は濃い目の味わいウニの風味がしみ込んでいて尚且つ結構スパイシーなので、最後の〆なのに食をそそる味で美味しかったでいす。
最近のお買い物
榊一郎「パラミリタリーカンパニー」
そにしけんじ「猫ピッチャー6巻」
荒川弘 田中芳樹 「アルスラーン戦記7巻」
原泰久「キングダム46巻」
熊之股鍵次「魔王城でおやすみ3巻」
森川ジョージ「はじめの一歩117巻」
近衛龍春「加藤嘉明」
本郷和人「真説戦国武将の素顔」
二木謙一「その後が凄かった!関ケ原敗将復活への道
ゆず「ゆずイロハ」
ポルノグラフィティ「THE WAY」DVD
等々

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月ワイン会「フランスワイン... | トップ | 5月ワイン会「スペインワイン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。