日々、日常

日本酒、ワイン、プロレスや興味のあるライブ鑑賞の感想です。

11月ワイン会

2014-11-20 10:29:17 | 日記
1、ラブレロワ・マコン・ヴィラージュ・ヌーボー2014 シャルドネ100%
 料理:ブリとアボカドのブルスケッタ
2、ガレス・ガメイ・スパークリング2014 ガメイ100%
 料理:鳥砂肝と冬野菜のエスカルゴバターソテー
3、ラブレロワ・ボージョレー・ヌーボー2014TOMORROWLANDデザインラベル ガメイ100%
 料理:骨付き鴨肉とキノコのマスタードクリーム煮
4、ドメーヌ・ド・ボージョレー・ヌーボー2014 ガメイ100%
 料理:ギアラとペンネのアラビアータ


オプション ピエールポネルボージョレヌーヴォー
      ピエールポネルボージョレヴィラージュヌーボー

恒例の新酒が出ました!!1本目は良く白のボージョレーと間違えて伝えられるマコネ地区の新酒いつも聞いてはいたけど初めて飲みました。先月のシャブリと同じ葡萄を使ったワインだが、シャルドネらしくグレープフルーツっぽい香りがあって飲み口はレモンのような酸味の立つ味わい、新酒っぽくやや舌がぴりぴりとした感覚がありました、シャブリのように硬質なイメージはなくやんわりとした、口当たりと飲み口でした。
料理はパンの香ばしさが風味となってうまし、アボガドのもさっとしたクリームのような食感と身の引き締まったブリのゴロッとした身が漬けにしてあって味がのっていて、すごくマッチ、パンとの相性もグッド!!

2本目は色合い鮮やかなロゼスパークリング、香りは食用葡萄のような甘い香り、飲むと苺のような甘酸っぱいがサッパリとしていて喉越し抜群のスパークリングしゅわしゅわ~
料理は蓮根ぱりぱりの歯ごたえ、大ぶりにカットされたエリンギの食感とふんわりバターの香りがお気に入り、更に鳥の砂肝の柔らかさがすごいことに、まるで鶏肉のように柔らか、砂肝特有のゴリっとした歯ごたえはなく食べやすい、ちょうど良い塩分ものっていて、ほいほいと口に入っていくおつまみ、爪楊枝にさして日本酒のお通しに欲しいかも・・・

3本目はようやくのボージョレー、しかし、飲み口は軽やかで軽快だが、そんなに上立ち香はなかったかな、飲むと甘みを感じて、最後に桃のような香りが残りました。ボージョレーのようには感じられなかったかな?
料理は鳥のボリュームがすごい、まるで一足先にクリスマスが来ちゃった感じ。何でこんなに柔らかいの鴨なのに、と思えるほどにほろほろ崩れるように食べられる、クリームがまろやかに纏い、絡んで美味、キノコの香りもうつっていて美味しいソース、パスタを絡めて食べたいくらい、満足な鳥

4本目はなんというか、マグネシウムや鉄を思わせる金属臭をまず感じました。飲むとラズベリーのような甘酸っぱい酸味がある、飲み後の残り香が土っぽい、感覚でした。
料理はピリッと唐辛子の辛味の利いた、アルデンテのペンネにトマトソースが良い具合に絡まって美味しく食べられました。ギアラのホルモン感が好きな人には好きな食感かも、ペンネの中に入っていても一人がんばって主張していました。

オプションピエールポネル 一番、自分が思っているいかにもなボージョレー、苺っぽい香りに、飲んでやや甘みも感じられ、すごく軽い、イタリアワインのサンジョベーゼのような軽さを感じさせる、最後にややマスタード臭もあったかな?

ピエールポネルヴィラージュ しっかりとしたと言うイメージか?やや渋みのタンニンを感じられ、あとに残りボディーを感じられる、じっくり煮込み料理とかにあわせて飲むと良い感じのボージョレーでした。

最近のお買い物
CD いきものがかり「GOLDEN GIRL」
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月日本酒会「しぼりたて... | トップ | 12月ワイン会「ニューワー... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ボジョレー解禁 (ササキ)
2014-11-20 13:43:20
個人的には女子向けのガメイスパークリングと、オプションのピエールポネルのボジョレーヴィラージュが印象深いです。← ありがとうございますU+203CU+FE0E
来月は、参加できればグランヴァンに。
早いですね…一年(^^;;
Unknown (酒屋。)
2014-11-20 22:24:14
今年は例年のボージョレーぽい、苺フレーバーのものがすくなかったですね~、来月は日本酒グランヴァンにワイングランヴァン、ニューワールド・・・強制参加なのかなぁ・・・お財布に厳しいなぁ年越せんよ・・・

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事