鍼灸セミナー・コンシェルジュ

関西で開催される鍼灸・東洋医学の勉強会を紹介しています。

このブログの使い方

時系列でセミナー情報をまとめてみました。勉強会スケジュール2010詳細情報へリンクしてあります。

カレンダー形式。(別ブログへのリンクです)Googleカレンダーの仕様で、携帯での閲覧はできないと思います。鍼灸セミナー・カレンダー2010

スケジュールやカレンダーでは単発開催の勉強会など完全に反映できているわけではありません。 最新情報は勉強会・セミナー紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オリエント夏季セミナー 2015

2015年07月23日 | 勉強会・セミナー紹介
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脉診流 子午鍼法 講習会 with 長野仁先生講演会 2013秋(神戸はり医術研究会 主催)

2013年10月04日 | 学生のための勉強会の歩き方
『脉診流 子午鍼法 講習会 with 長野仁先生講演会 2013秋(神戸はり医術研究会 主催)』

(以下、告知より抜粋)


◆日時: 平成25年10月14日(祝) 9:30受付開始

◆場所: 兵庫県民会館(303号室)

◆定員: 約90名

◆受講料: 一般5,000円 学生2,500円(学生証提示)

◆申込: 不要。但し、収容人数に達し次第、受付終了

◆内容: 【午前の部】   今一度復習しよう!脉診流 子午鍼法
      【午後の部・前半】21世紀鍼灸界の古典ハンター!長野仁先生 講演会
      【午前の部・後半】実践して確実に習得しよう!脉診流 子午鍼法


(以上、抜粋終了)

【特記】
3年制の臨床講座も、毎年4月開講で、新入生募集中!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鍼灸臨床、基礎理論構築の重要性、および鍼灸補瀉手技のテクニック (共催 滋慶医療経営管理研究センター)

2013年06月25日 | 勉強会・セミナー紹介
『鍼灸臨床、基礎理論構築の重要性、および鍼灸補瀉手技のテクニック (共催 滋慶医療経営管理研究センター)』
公式サイト★http://www.ocmt.ac.jp/taiken/sinkyu_seminar

(以下、公式サイトより抜粋)

東洋医療技術教員養成学科は、昨年度に引き続き平成25年度も勉強会を下記内容にて開催いたします。
今年度は中医基礎理論【特に臓腑学説】から鍼灸治療学への理論展開を中心に講座を開講いたします。
また追加講座として、東洋医療技術教員養成学科講師による特別勉強会も実施が決定いたしましたので合わせてご参加ください。

◆テーマ: 鍼灸臨床、基礎理論構築の重要性、および鍼灸補瀉手技のテクニック

◆会場 : 大阪医療技術学園専門学校 第4校舎

◆開講日: 平成25年 6月30日(日)・8月25日(日)・10月27日(日)

◆開講時間: 13:00~16:00

◆対象: はり師・きゅう師有資格者,鍼灸養成校学生

◆定員: 60名

◆受講料: 本校在校生・卒業生…無料 滋慶学園グループ在校生・卒業生…無料 その他一般…1,000円

◆講師: 金澤 秀光先生 (いおり鍼灸院院長・東洋医療技術教員養成学科講師)

◆紹介文 :
  鍼灸医学の要は補瀉法の臨床技術です。鍼灸医学は客観性を持った「学」と、主観的に裏打ちされた「術」によって成り立っています。
  的確な補瀉手技は立体的・リアリティーのある病態把握で精度が高まると考えます。
  今回、基礎理論構築の重要性を解説し、更に的確な補瀉手技のテクニックを解説します。

  さらに・・・本校の東洋医療技術教員養成学科の入試説明会を各日程の10:00~実施いたします(要予約)。
  説明会参加後、業界セミナーに参加される方は受講料無料となります。



(以上、公式サイトより抜粋)

【コメント】
伝統的な診断技術と数本の鍼で全身の「気」の量と偏りを調整する鍼灸術に興味がある方は是非!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鍼灸師のための特別講座・業界セミナー『論理的治療のための七星論』 (共催 滋慶医療経営管理研究センター)

2013年06月18日 | 勉強会・セミナー紹介
『鍼灸師のための特別講座・業界セミナー『論理的治療のための七星論』 (共催 滋慶医療経営管理研究センター)』
公式サイト★http://www.ocmt.ac.jp/taiken/sinkyu_seminar


(以下、公式サイトより抜粋)

東洋医療技術教員養成学科は、昨年度に引き続き平成25年度も勉強会を下記内容にて開催いたします。
今年度は中医基礎理論【特に臓腑学説】から鍼灸治療学への理論展開を中心に講座を開講いたします。
また追加講座として、東洋医療技術教員養成学科講師による特別勉強会も実施が決定いたしましたので合わせてご参加ください。

◆テーマ: 論理的治療のための七星論

◆会場 : 大阪医療技術学園専門学校 第4校舎

◆開講日: 平成25年6月23日(日)・平成26年2月2日(日)

◆開講時間: 13:00~16:00

◆対象: はり師・きゅう師有資格者,鍼灸養成校学生

◆定員: 60名

◆受講料: 本校在校生・卒業生…無料 滋慶学園グループ在校生・卒業生…無料 その他一般…1,000円

◆講師: 新城 三六 先生 (新城針灸治療院 院長、東洋虹彩分析研究会 主宰、東洋医療技術教員養成学科講師)

◆概要 :
  鍼灸臨床技術の上達の秘訣は、直後効果を明らかにする思考性の努力が大切です。
  鍼灸斯界に於いて、臨床技術が高い人は常に「何故か」という疑問を持ち、常に的確な診断法と新しい治療法を研究しています。
  今回、「七星論での臨床方法とその理論を解説」、「七星論での経絡筋力テストの解説」、
  「そのツボが何故効くのかを実験で検証」、「補寫の手技は鍼灸技術の特権であることを確認」を行います。

  さらに・・・本校の東洋医療技術教員養成学科の入試説明会を各日程の10:00~実施いたします(要予約)。
  説明会参加後、業界セミナーに参加される方は受講料無料となります。



(以上、公式サイトより抜粋)

【コメント】
そもそも七星論って何?と思われる方はまずはこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第40回 東洋医学夏季大学 2013

2013年06月17日 | 勉強会・セミナー紹介
『第40回 東洋医学夏季大学 2013』
公式サイト★http://www.hyogo-am.or.jp/CCP028.html


(以下、公式サイトから一部抜粋)

◆日時:2012年6月30日(日) 10:00~16:10 兵庫県民会館 パルテホール
          7月7日(日) 10:30~16:10 中華会館 東亜ホール
          7月21日(日) 10:30~16:30 兵庫県民会館 パルテホール

◆会場:兵庫県民会館 パルテホール
     中華会館 東亜ホール

◆カリキュラム:公式サイトのPDFを参照

◆参加費:会員 3,000円、鍼灸師養成施設学生 3,000円、
      会員施術所職員・兵庫鍼灸専門学校卒業生 5,000円
       会員以外の方 10,000円

◆申込みは公式サイトからメールでどうぞ(会員は申し込み不要です)

◆主 催:社団法人 兵庫県鍼灸師会

◆後 援:兵庫県、神戸市、社団法人兵庫県医師会、学校法人兵庫医療学園
      NHK神戸放送局、神戸新聞社、サンテレビジョン、医道の日本社

◆第40回 東洋医学夏季大学のお知らせ
 東洋医学夏季大学は、おかげさまで第40回目の節目を迎えることになりました。
昭和49年に誕生した当大学は、阪神大震災の年も途切れることなく今日まで至っております。
こうして継続して開催することが出来ましたのも、兵庫県、神戸市をはじめとする
関係各位のご助力並びに県民の皆様の鍼灸に対する期待の賜物と存じます。

 今回の一般講座のテーマは、「疼痛の鑑別と鍼灸治療シリーズ」として「腹部」をとりあげ
臨床において遭遇しやすい疾患、メカニズム、不適応疾患の鑑別、そして鍼灸治療を学べるように企画いたしました。
また、公開講座は40回記念講演として「エコロジー」をテーマに、鍼灸に造詣の深い漫画家の赤星たみこ氏を迎え、
ご自身の実体験を交えてお話いただく予定です。併せて「エコロジーな医療、小児はり」と題し、会長の惠美公二郎が講演いたします。
 県民の皆様の健康づくりに役立てば幸甚に存じます。
 暑い中での学習となりますが、継続は力なりと申します。
自らの豊かな臨床を目指し、皆様がご健闘される事を願い、ごあいさつといたします。

(以上、抜粋終了)


【コメント】
毎年恒例の兵庫県鍼灸師会主催の東洋医学夏季大学。県民向けの公開講座も開催されます。
今年も著名な先生が参加されるようですので、是非カリキュラムをチェックしてみて下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

このブログについて

当ブログはセミナー情報の共有を目的としております。現時点では大阪在住の鍼灸師が非営利で管理しています。

ネットや学校の掲示板で公開されている情報を掲載していますが、当ブログでの公開に問題があればメッセージでご連絡下さい。掲載を中止します。

当ブログでは主催者様からの情報提供を歓迎しています。公序良俗に反するものでない限りは基本的に掲載させていただきます。

現時点では経営セミナーについては掲載を見送っております。情報提供が多かったり、読者様からの要望があればカテゴリー作成を検討します。