日本インターネット映画大賞ブログ(gooブログ)

日本インターネット映画大賞Twitterつぶやきまとめブログです

2013年度日本インターネット映画大賞外国映画部門ブログ投票専用場所(gooブログ版)

2014-01-18 23:59:59 | Blog投票者一覧リスト
投票者の皆様へ

現在投票を受け付けておりますが、今年よりホームページ並びにメインブログのサーバー移行により昨年と異なるサーバーで運営しております。

しかし投票を受け付けている中でブログからトラックバックを受け付けている中でgooブログなど複数のブログでトラックバックがシステムの問題上受け付けられないという問題が発生しました。

今回移行したメインブログの設定上即表示できない機能になっており投票者側から受け付けたのかを確認することができない状況になっております。

ブログサービスによってはトラックバックの送受信の有無を確認可能なサービスもありますが無いブログサービスでは確認が取れません。

そこで今回の事態を受けましてこれまでTwitterのつぶやきまとめサイト並びにTwitter投票受付一覧で使用しておりますgooブログをお借りしてgooブログ等の緊急受付場所として設置する事に致しました。

gooブログの仕様ではトラックバック並びにコメントを即表示する設定にして投票者がその場で確認できるように設定致しております。

gooブログでもトラックバックを受理しない場合は申し訳ございませんがこちらのコメント欄にその旨をお伝え頂ければこちらスタッフでその件につきまして対応致します。

2013年度日本インターネット映画大賞外国映画部門ブログ投票専用受付場所(gooブログ版)

現在こちらで受付確認ができているブログサービスは

livedoorBlog

ココログ

OCN Blogzine ブログ人

はてな

NetLaputa Blog

以上のブログサービスにつきましては現在までは受理できております。

以上のブログサービスでも即確認されたい方につきましてはgooブログでも投票を受け付けます。

新年早々投票者に多大なご迷惑をお掛けした事を深くお詫び申し上げます。

今後とも日本インターネット映画大賞をよろしくお願い致します。

日本インターネット映画大賞運営委員会

応募の詳細については、日本インターネット映画大賞オフィシャルサイトをご参照ください。

[作品賞投票ルール(抄)]
◾選出作品は3作品以上10作品まで
◾持ち点合計は30点以下。ただし投票本数が3本の場合は30点(10点×3作品)とする
◾1作品に投票できる最大は10点まで


-----------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「           」    点
  「           」    点
  「           」    点
  「           」    点
  「           」    点
  「           」    点
  「           」    点
  「           」    点
  「           」    点
  「           」    点
【コメント】

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [           ] (「        」)
【コメント】

【主演男優賞】
   [           ] (「        」)
【コメント】

【主演女優賞】
   [           ] (「        」)
【コメント】

【助演男優賞】
   [           ] (「        」)
【コメント】

【助演女優賞】
   [           ] (「        」)
【コメント】

【ニューフェイスブレイク賞】
   [           ] (「        」)
【コメント】

【音楽賞】
  「           」
【コメント】

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ○×賞】
   [           ] (「        」)
  「           」
【コメント】

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
-----------------------------------------------------------------

投票を簡便化するため、少数作品投票専用の簡易テンプレートを作成しました。
もちろん通常のテンプレートをご利用いただいてもかまいません。
次の条件で投票される方は、こちらのテンプレートを利用されることもご検討ください。
◾作品賞の投票数は3作品のみとし、同一配点(10点)とする
◾部門賞のコメントは記入しない
◾私が選ぶ○×賞へは投票しない

-----------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票簡易テンプレート 』

【作品賞(各10点)】
「           」
「           」
「           」

【監督賞】[           ] (作品名「        」)

【主演男優賞】[           ] (作品名「        」)

【主演女優賞】[           ] (作品名「        」)

【助演男優賞】[           ] (作品名「        」)

【助演女優賞】[           ] (作品名「        」)

【ニューフェイスブレイク賞】[           ] (作品名「        」)

【音楽賞】[           ] (作品名「        」)

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
-----------------------------------------------------------------
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2013日本インターネット映画... | トップ | 1月18日(土)のつぶやき »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラックバック受け付けません (まてぃ)
2014-01-12 09:07:13
「このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。」
と設定されているため、TBが反映されないようです。
この条件の削除をお願いします。
まてぃさま (日本インターネット映画大賞運営委員会)
2014-01-12 10:11:53
ご指摘ありがとうございます。

条件をさらに緩和致しましたのでよろしくお願い致します。
Unknown (sakurai)
2014-01-16 21:42:22
セデック・パレについて。
あの映画は、単なる前後篇と言うくくりには当てはまらないと思います。
第一部、第二部という分類になってますし、二つに分けて考えるべき作品ではないと感じます。

一応、二つに分けて採点しましたが、ぜひご一考下さい。
セデック・パレにつきまして (日本インターネット映画大賞運営委員会(スタッフP))
2014-01-16 22:49:52
>sakuraiさま

この度投票頂きましてありがとうございます。

今回の修正の件につきましては別のスタッフによる修正のお願いですので私自身が回答するのは難しい所なのですが、当映画賞ではシリーズもの並びに前後編(1,2,3含む)をすべて前編なら前編を1作品扱いとしているので今回の回答となりました。
私はセデック・パレという作品を鑑賞していないので作品に対する回答を代用いたしますと、昨年公開された劇場版 SPEC ~結~が良い例なのだと思います。
この作品sakuraiさまのセデック・パレ同様1作品として扱っても不思議でない内容です。
漸ノ篇と爻ノ篇が1つでも十分作品として成り立つのですが決定的な違いがあるとすれば1作品で2作品の料金を払うという事ですね。
これが休憩を挟んで同じ料金で1作品として上映するなら1作品として扱っても良いと思います。ただ1作品にするとSPEC ~結~漸ノ篇&爻ノ篇で200分なので観る側は疲れますね。
あとこれは個人的な見解となりますが同じ映画作品でも前半は良かったけれど、後半はいまいちだったという映画もありますし、その逆もあります。
故に余計区切って上映するなら作品を区切って評価するのは普通なのだと感じます。
ちなみに私自身の評価ですがSPEC ~結~漸ノ篇&爻ノ篇では漸ノ篇が高くて爻ノ篇は低く評価しました。
1つの作品として前後半も同じ評価だったという人はあまりいないのではないかと思うんですけれどね。

あわせて読む