weekly なんとなく again

身のぐるりの出来事をゆっくりと

@花辞典のような 8

2016-10-09 | 日記

                                                   

誰にでもあるでしょう、美しくも儚い夏の日の恋、そうしてひとは大人になってゆく のよね。

               

                                  

真っ白い小さな花があちらこちらに咲いてる  ミゾソバ、色違いも咲いてる  この裏の土手がなんとなく好きだわ。

                             

母には従弟、従妹がいて、年の頃は私と同年代に近い、それでも「浮き姉さん、浮き姉さん」といって慕ってくれる、顔を忘れたにしても

時間をかけて話すと、思い出すから不思議だ、

その従妹の一人(Mちゃんとする、母の名前を逆さにして名づけた)から電話があって、その夫が半身不随になったと言われた、70代半ばというに、

母の従妹はその連れ合いを介護する身となったという、私は言葉を呑みこんだ、

が、Mちゃんは思いのほか明るく 「その身をチョッと不自由にしたくらいで残してくれたからありがたいのよ、そして顔はつやつや、車いすでも自分のこと

は自分でするし、私が出かける時は、ショートに率先して行ってくれるし、その代わりに、私は食事のことを気にかけてるのよ、暗く生きても時間は同じ、

なら明るく楽しく過ごした方がいい、介護保険はぉ年寄りのためばかりにあるんじゃないの、介護する身のためにもあるんだから、nonちゃんも、時には

休んで都下に行ったり、旅をしたり、趣味をして、自分をも活かさなきゃダメだよ、それにしても独りで大変だね~」

最近、労わられたことがなかったからズシン!ときた、同じ時間を過ごすんだから、そうそう、先行きを楽しみに過ごそう~っと、旅への約束をした、

時には血脈の思い出話もいい歳になったんだな~。

                                                  


 

                            

ホントに咲き残りの  シモツケソウ、色違いで、このようにいつまでも見られるということがいいなぁ。

 

主婦の仕事は止め処なく、今なら洋服のクリーニング+出し入れ、そしてカーテンの洗濯、布団の冬仕様、食器の出し入れ、台所の掃除、片づけ、

風呂場の漂泊(してどうする?漂白)、人数が多ければ多いほど仕舞いが大変なのよ、 

そして鉢の掃除と家への搬入、夏草の引いたのを一所にまとめて、コスモスの茎を始末してこぼれ種の落ちるであろう地面の片づけ、多年草の縄張りの

確認と種まきetc.

数え上げたらキリがない、灯油のポリの外側を洗って乾かして、支柱を立てて雪除けをして、ぁ――ーぁ、てんてこ舞い、これが今では楽しく出来るように

なったので、伊達に13年を経たんじゃないなぁとつくづく思う、

継続はチカラだと、洗濯機がピーピーと鳴って早く干せ~と呼んでいる ふふ。


 

                        

花を終えた順番に球根から、ヒガンバナの葉が  ぞくぞく出始めた、地植えにして施肥をして、来季はどうしても咲かせてみたい、

あ!これはこれで家の中という手もあるかな、家で咲いても彼岸花。

 

一生懸命生きたであろうお年寄りが集っていた、デイ&ショート&グループホームの避難訓練の様子を拝見した、胸がしめつけられた、そこには95叔母

が、グループホームでお世話になっている、個室を開けると、叔母はベッドに横たわっていた、避難訓練には参加できない様子で、しかし、私の顔を見て

「nonちゃん~久しぶりだねーーーずい分遠くなってしまって(会えないという意味)残念だ」と、低い声で言ったので、私は耳元で 「また来るからね~」と

言ったら、目を輝かせて 「ほんとにまた来てね」と、言った。

母方実家に、従妹が婿を取り、叔母はその世話になってるから、私があまり出過ぎたことはしないように気をつけてる、のでなかなか会えないが、

今度また行って見ようかな~と思ったりした、

叔母の人生はそれこそ物語で、意のままに生きて、何の苦労もせず、祖父母(私からの)に可愛がられ、叔父(私からの)に庇護され、嫁に行き、

3、4日ほどで帰り、実家暮らし、冬の間にはコタツでその半生を追ってみようかな。

 

母は家にいて私と暮らして、どう思ってるのかな~と思っていた、こんなこと言うのはなんだが、周りはぉ願いした方がいいとか言ってたが、私は家だ!

そう言って引き受けたのを、悔いたことはないのを、今日も実感して帰ってきて、デイから帰った母を迎えて、改めてこれでいいと思った。

 

母は車いすで避難訓練に参加していた、が、私をまじまじと見つめて 「どうしてここにいるの?」と言うような表情をしていた。

みなさんのご面倒を頂いて生きてることについて、母も叔母もどんなにか時折り、哀しいな~~とでも思うのかと感じて、帰りの車の中ではちょっとほろり

老いて生きるって難儀なんだな~。


 

                                                      

マンサクの木の下に置いて、とりたてて気にかけたわけでもないが  フリージアの葉が出ていた、育つということはこういことで、家の中に入れとこう、

去年、咲いたところを友から貰って花を楽しんだのだ。

 

今朝の寒さはもはや冬、植木の鉢を家の中に入れててよかったわ、さて陽のさすところに、暖かい所を、といえば母の部屋の廊下にある台に並べて、

気分を変えてあげようかな、色々な花が咲くと名を訊ねる機会も多くなるだろうから。


 

             


                

風に倒れても美しさを競うように咲いてるコスモス、そして種をも同時に育ててる、風にも雨にも負けず生きてますね~

こういうスタイルをそのままにおくのも好きなんです。

 

                                            

休日の家で映画ということで、ケーブルさまさまです、なにせ近くに映画館もない、農村ですから致し方なしです、夏草が静かになってくれたから。

ゥ―――ン、分かったようで分からなかった、発展途上国への支援?人はどうあるべきか、優しさかなぁ。

                                             

また方向転換して、何度目でしょうか?まあいいやね、この二人の会話を楽しみましょう。

 

二人の会話といえば私の暮らしが殆ど家で、たまに趣味の会に出ると、ひとに疲れる、というのは自分の発した言葉を思い返し、言わなきゃよかった!

そう思うことが多いので、静かに家で独り遊びをしてる方が無難なの、

この前の会で、思いがけない反撃(私はこうみえて、見えない、見てない、話してないかぁ、反撃にはめっぽう弱いのよ)に出くわし、きっとその長年の友も

そんな感じで言ったんじゃあなかったろうけど、お互いに歳をとってしまって(71歳・同級生・17歳からのつきあい)融通性の欠如により、お互いに一歩も

譲らない事態に、でも思いましたよ~その時、あーー周りのひとたちもウンザリしてるんだろうな~と思い、「分かったよ~そういう意味だったのね」と、

優しく引いたら友も気が済んだみたいで 「分かればいいのよ」と、押してもダメなら引いてみなーってホンとだったわ。


 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (28)   この記事についてブログを書く
« @花辞典のような 7 | トップ | @花辞典のような 9 »

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美しくも儚い恋 (ジョバンニ)
2016-10-09 22:49:55
僕にはありません。
悲しくて届かない恋ならいっぱいあります。
秋の夜は長い。少し冷えてきました。
いい夢を見たらいいのですが、
アちょうど今雨が落ちてきたようです。
Unknown (ドナヒュー)
2016-10-09 23:06:01
「夏の日の恋」
トロイ私でも、この曲を秋に聴くと、心に沁みます。
いい選曲でした!ありがとさん!
ジョバンニさん おはよ~ (カンパネルラ)
2016-10-10 01:58:26
届かない恋は美しい、
だから心に残るのではないかしら?
寒くなってきましたのでご自愛を、
そしていい夢をと思います。
やっと雨が上がりました。
ドナヒューさん おはよ~ (サンドラ)
2016-10-10 02:01:20
ククク~なかなか楽しいコメですわ、
時には美しい曲でも聴かなきゃ、
心も枯れるというもんよ。
Unknown (igagurikun)
2016-10-10 08:26:50
おはようございます、
コンペイトウのような花を咲かせるミゾソバ
色違いがあるとは・・・見かけたらよくみてみます、
igagurikunさん おはよ~ (non)
2016-10-10 08:45:17
私も最近気づきました、
桃色の方は背が低く白の方は背が高かったです、
よく見るととても可愛いです。

寒さが厳しくなります、
ご自愛くださいね。
Unknown (凪々)
2016-10-10 09:53:03
ミゾソバ、優しい花模様は息を呑むかのようです。
彼岸花、来年咲くといいですねぇ~!
Unknown (kazuyoo60)
2016-10-10 10:54:50
蕎麦の花、ミゾソバの花、どちらも可愛いです。ソバの名前が共通なのは似てるからですね。
ヒガンバナの葉、我が家のも出てるはず、見てきましょう。
凪々さん こんにちは~ (non)
2016-10-10 11:07:08
これを雑草と刈っていたことを、
残念に思いましたので、来季はもう少し一面に、
ヒガンバナにも挑戦!します。
kazuyoo60さん こんにちは~ (non)
2016-10-10 11:09:40
花が似てると私も思います、可愛い!!!
ヒガンバナが咲いたのをいいな~と思いながら、
西の方々の花を見せて頂きました、葉が出てましたでしょ?

コメントを投稿