weekly なんとなく again

身のぐるりの出来事をゆっくりと

@花辞典のような ②

2017-05-24 | 日記

                       

地味なところで辛うじて残っていた  アマドコロ、こういう風に藪の中が面白い、藪にしてる分だけヒンシュクを買ってるわけだけど妙味ですよ、

この黄緑具合はなんとまあ品のよいこと ̄手前みそ!


 

   

 

色も姿も清楚な、また曇天にはよく似合う  丁子草 これはやはり漢字の表記が好きだ、しっくりくるので、花の名の覚書ということで。

 

農婆の安堵ってこういうことだろうな~と、草むしりしててコスモスの零れ種が芽を出してたのを移植して塊にした後で、このように雨が降ったら、

根着くな~と、いいな~些細なことを喜びにできるということは。


     

 

これは今季とても嬉しく咲くのを待ってた  エニシダ 蕊の遊びが可愛らしくて、晴れた日にもう一度撮り直して載せましょう。

 

花を頼りに書くわけじゃないけど、マダムは一日の介護の査定を言葉にする、ひゃーーーと思わないわけでもないけど、満足した時には 「ありがとー

お休みなさい」 不満足な時にはぉ言葉はありません、

まあ、私としては草に追われてるから、ちょっと独りにしちゃっただけだからいいのですけど、それにしましても大正マダムに振り回されてる昭和っ子多い

要介護度、要支援度に関係なく非常にシビアだ、これ、親だから容認できるのであろう。


          

                           

わずか一花か二花咲くところから始めた  ツルニチニチソウ、 今季はなかなかの咲き具合で、施肥無し水遣りなしですけど、自力で咲いたんです。

 

近くのコンビニによく買い物に行く、母と二人暮らしだからチョッとしたものは間にあう、今朝もヨーグルトを買いに行って籤を引いた、当たった!

恐縮だけどこの前も二本当たってる、「当たりました~」と言いながらスタッフさんは忙しいのに笑顔で言った、私は、「あらこの前も頂いちゃってぇ」

と言ったら 「籤運がいいんですよ~」またまたこぼれる様な笑顔で、やはりこういうひとからひとへの言葉は嬉しいものだ、

と言って籤運はいいけど、ついてる!と私も思うけど、なに運がイケないんだろうか?分かっております、ゥフフフフ。


     

              

こんなに黄色の園になろうとは ↑ ラナンキュラス・ゴールドコイン、気長に増えるのを待ってただけだというのに、継続はチカラ。

 

大正マダムと暮らし始めた昭和娘・友は翻弄されていた、寒さ暑さにも敏感で、ファミリーそれぞれに愛想をふりまくけど、皆現役で喧騒の中に暮らしてる

から、マダムの言い分にはお愛想で返す、すると「お愛想でかえすので真実味がない」とマダムからのクレーム、

「大正マダムは寂しかったんじゃないの?」 友は言った、友の母は50年前に夫に先立たれ、母は33年前に先立たれ、そう言われてみればそうかも。

でもまあ久しぶりに家族という暮らしに入った戸惑い、今までと違った暮らしにいきなり慣れろと言っても詮無いと、友は言葉を呑みこむようにしてると言う

それはいいけど疲れるから無理しないでよ ̄と私は言った。

我が大正マダムも今朝こう言った、玄関でデイのお迎えを待ってる時、いつものように帽子をすすめたら 「帽子は嫌いだ、年寄りくさいから」 へ?

私はお洒落だと思って勧めてたんだけど、イヤだったとは、そっか~年寄り扱いはごめんだ!宣言の97歳だったのか、そういえば、私が草むしりに行く

と、なんとはなしに不機嫌だったのはそういうことだったのか、「私のエリアに侵入すな」とかね、ここに及んで自己主張ですね、心得ました。

とは言いながら 「靴は自分で履けない~」と言った。


お湿りが二日続いたので  この部分を移植ベラで解して、早咲きコスモスの種を蒔いた、あちこちに去年の零れダネが芽を出してたので時季かと。

          

 

                                               

こんなに増えるとは  オ―ニソガラム(オオアマナ)、これもまた一花二花から始めて、今じゃ十分に畑の中で咲くようになりました、ここまでの道のりは

大げさだけど遠かった。

 

お世話になってる介護の方が、「すごいですね ̄花、わたしも大好きで寄せ植えしたりして楽しんでるんです~」と仰るので、マーガレット+ゴールドコイン

を雨後に掘って分けてあげた、

とても喜んで「早速植えます~」と、送りの時にお持ち帰りをなさった、こういうことで何か通じ合うものが感じられた、花を好きじゃなきゃこうはならない。



 

 

               

まるでチュチュを纏うプリマのような ↑ ジャーマンアイリス、あざやかです、そして足元に咲く黄色の花  は。

    

              

黄色の花の蕊また可愛い  ジバシリ この花のどこまでものしていく強さに習いたい、雑草だからこそ惹かれる、ヒオウギズイセンの生えてるところ

まで、いいじゃないの花なんだからさ。

 

どっちかというとそうそう気長な性分じゃあない私、花はここまで続くとは思っていなかったし、周りもそのうち飽きるだろうとタカをくくり、虫だ蜂だ乱雑だ、

言いたい放題のようだったけど、事ここに至ったらそうそう文句を言っても効き目がないと諦めたようで何も言わない、

むしって捨ててしまうような雑草を後生大事に咲かせてるなんて気がしれないと、せせら笑ってるのが聞こえそうだけど、イヤ―――自由だべ。

こうなってしまったらやはり花畑十年説の本家長男の勝利だけど、咲かせたのは私だもの、こっちの勝ちだよ ってなんでこうも喧嘩腰なんだろうか?私

喧嘩は好きだけどそうそう買ったり売ったりはしない D以外は、じっくり熟成させてからじゃないと。性分はそうそう簡単には直らな~い!



 

  

 西洋ジュウニヒトエ  が咲き、                     ネペタ 葉っぱもそうでした、ありがと~

 

もしや花を育ててるのは私のストレスの行く先だったのか?何処に行っても何だかな~が多い私は何も言わずに咲かせて ̄咲かせて~と言いたい放題

それが罷り通ってきたので、こりゃいいんじゃない?とばかりに花に走った、

そう思えば思えないこともない、結局は愚痴ってみたところで事が解決するわけじゃあないんなら、自分で遣り過ごすには何かが必要だもの、私にとって

のそれは花~~~だぁ~ったぁ♪


                      

五月末日までに咲いたらバラを載せたい、一花でも、この曲は何度目かしら、世良譲トリオでなかにし礼+川口真ときたら私の聴き時にドンピシャ(古)

更には伊東ゆかりさん、ぁ―ーぁ懐かしいったらないわ、いい時代でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (20)   この記事についてブログを書く
« @花辞典のような ① | トップ | @花辞典のような ③ »

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ukiuki)
2017-05-24 21:13:32
色々な花に囲まれていいですね?
農婆をしながら、花と会話しているのでしょうか?
『花さん花さん、私は農婆なの?』
『ちゃうちゃう!あなたは農婆なんかじゃない!花たちはあなたを妖精だといってるよ?』
『お世辞なんか言わないでよ、だってわたしお婆さんだもん』
『ほら!あなたは直ぐ自分を卑下する、いけない悪い癖』

なんちゃって、こんな会話が聞こえてきました。
ukiukiさん こんばんわ (non)
2017-05-24 22:01:41
さすが作家さん!
キレイに物語ってくださって、
ありがと ̄と同時に^^; ほほほ。

でも真髄をついてるな~
面白い会話でした、
また明日から農婆・妖精もどきで、
楽しみまっせ。
Unknown (kazuyoo60)
2017-05-25 08:18:29
こんなに沢山のチョウジソウ、素晴らしいです。丁子草、漢字表記しないでもよいから楽な時もありますが、雰囲気は大事ですものね。
昔黄色一色の同じエニシダがありました。その前はホオベニエニシダでした。今は、自生のごく小さな苗が見つかっただけ、生きてくれるかは分かりません。
我が家のも同じ緑葉のツルニチニチソウです。茂らせる場所がないのに無理に植えこんで、わずかに花が咲いています。
ゴールドコイン、こちらも沢山ですね。1度は買ったことがあります。
オーニソガラム、オオアマナですね。
素晴らしい紫のジャーマンアイリスです。昔は沢山咲いた時期もありました。
日本の十二単ではなさそうな。ネペタ(キャットミント)?かもしれません。
http://www.yasashi.info/sisoka.htm
kazuyoo60さん おはよう (non)
2017-05-25 09:19:53
お出で頂きありがとうごございます。

丁子草は母の時からありましたので増えました、
チョッと感じっぽい花だと思うのよ、控え目だから。

お宅様でホオベニエニシダみせて頂いた気がします、
ほっぺが染まってるようなネ、
エニシダは消えたと思ったら、離れたところに出てました。

ゴールドコインは延びてゆきます、ちっちゃいところがいいわ。

さて花の名は忘れもしまして(笑)検索してましたけど、
なかなかでしたので教えて頂きありがと~
これからもよろしく願います( ..)φメモメモ
Unknown (福の神)
2017-05-25 10:29:06
今日は
日増しに青葉茂る頃、初夏の花達の百花繚乱 百花辞典ですね(^。^)此方の夏日にはブルーの丁子草やジャーマンアイリスは涼感ありです・・Thank you very much .(^。^)
福の神さん こんにちは (non)
2017-05-25 10:39:26
ウフフフ、この何といいましょうか積み重ねが華を咲かせた、
花咲か婆さん・妖精もどきでいいのではないかしら。

昨夜、BSでオナゴの酒場放浪記を観て、いやーーー爽快!でした、
飲むことがこんなに楽しいだなんて、しかもオナゴが、
以前も観たことがありましたけどやみつき(笑)
類様も忘れはしませんけど、
オナゴの飲みっぷりがいいのは気持ちよかったわ。
花園に君臨する? (ジョバンニ)
2017-05-25 14:07:54
まるで花園に君臨する女王様のように、
1つ1つの花の名前にとても詳しいですね。
それだけに長年苦労して育てたのでしょう。
美しい花園に秘められた汗の結晶の物語。
ジョバンニさん こんにちは (カムパネルラ)
2017-05-25 15:44:34
イヤ~母にひざまずき、花の足元をむしってる、
僕でございますわ~

花の名は皆さんに教えて頂き埋めてきたようなもので、
消さなきゃよかった過去ログ ̄と今更ながら^^;

確かに汗はながしましたがここまできたら、
面白いと思えます。
猛獣使い (片割れ月)
2017-05-25 17:52:57
花も賑やかならばコメ欄もにぎやかですね(*^^*)ポッ
大正マダムの話題ですか、上手に扱わないと機嫌が悪いし甘やかすと良い気になるし…

<聖五月チュチュを纏ひしプリマかな> 駄句である(_ _;)…パタリ
片割れ月さん おばんです (non)
2017-05-25 18:42:59
ホンとにありがたいことで、コメで本音を吐露出来る、
記事では一応、恰好つけてありきたりのことを書きますけど、
コメは会話ですから、相手あっての楽しさということで。

大正マダムは私を翻弄してます、
私の性分を百も承知ですからね、
産みの親ですもん(笑)
腹黒連ではありますけど、親にはからきし弱い、
この素直で分かり易い娘なんて、マダムにしたら一ひねり、
まあいいでしょう、私はいい娘で通しますのよ。

>聖五月・・・唸りました、いいですね~
・・・・心のうちを秘めつつ舞ひぬ と〆たいけど^^;

コメントを投稿