weekly なんとなく again

身のぐるりの出来事をゆっくりと

@花辞典のような ④

2017-05-31 | 日記

      

              

都を忘れたわけじゃあないけど  ミヤコワスレを見て都を思い出すのもどうかと思う、まあいいじゃないの、皆、元気でいるんだから煩い婆がいなくて、

都なんて忘れてしまえとばかりに咲き揃いました!

 少し離れたところに色が薄めのミヤコワスレ ↓ も咲き始めてた、やはり忘れろ~ってか?フフフという感じだわ。

                

ミヤマヨメナという花もあるけど、これはどうなんでしょう?



       

マーガレット・フランスギク(ありがと~)も  白い風のように揺れてるところは圧巻!です、見飽きた感もありましょうけど、今しか盛りはありません

から again ということで。

                          



      

  

あちらこちらに咲く  カタバミ も、こうしてかたまって咲けば花ですわ!という感じ。

 

変化がなさすぎる毎日は平穏で、それはそれでいいのかもしれないけど、やっぱ何かがないとダメだなぁ、趣味も家事も介護もお座成りで、このところ、

満足感は得られなーい、ということで気分転換してみたら、

なんだか酸素が・・・いいな~見える街並みがかわるということは、まだまだ許容できる心もちがあるというこっちゃ!



        

                

咲き揃ったイチリンソウ ↑ も、向こうにニチニチソウやラムズイヤ―を従えて、なかなか見応えありますよ、なんたって這いつくばって草をむしった。

 

出かけることが億劫になり、それでなくても家事に追われスカッとしない日々が多かったので、久しぶりに遠方・趣味の会に出かけた、そこで7人ほどで、

ぁ―でもないこーでもないと赤ペンを持って原稿チェックをした、

いい歳の面子だから、意地の張り合いが多く、なかなか面白かった、自分のチョイ忘れを棚に上げて、ぉ他人様のことをあれこれ言って、遠方をいいこと

に、日ごろのストレスをそこで皆はき出して、

嫌いじゃぁないから集い、この仕事も出来るということもあり、同じ方向を向いてるせいもあって、大いに競争心をかき立てあいながら、一日を過ごして、

朝から夕方まで、そしてアフターで皆でひと息ビアタイムを楽しみ、電車に揺られて、気づいたらもう最寄駅、

タクシーで家まで帰りバタンキュウ~~~という、夢のような休日だった!若い頃ならまだまだ宵の口という時間も 「う―――疲れたぁ」年取ったなぁ皆。



         

                

ドラマ・風のガーデンで、倉本さんが  ラムズイヤ―を、確か、生まれたばかりの孫の耳たぶと表現してました(確認済み)ふわふわの感触と

淡い色がいい、

倉本さんの数々のドラマにリアルタイムで出合えたことがとても幸運で、そして今はやすらぎの郷で毎日、楽しめるドラマは作家さんだけのチカラじゃない

でしょうけど言葉がキラ☆。

 

長女たちの夏、

家に老いマダムを連れてきた長女、マダムの家に移動した長女、マダムを亡くしたばかりでその連れをお願いしてる長女、それなりに今はその介護方法

に納得して安堵、マダムと離れてて自分を責めてた長女、その連れをお願いして自分を責めてた長女、マダムと同居して単身赴任しながらも自分を責め

てた長女、いいじゃないの、

そんなに気負ってみたって自分が倒れたら元も子もない、せめて時々は自己解放して、遊ぼうじゃないの? 十分な老々介護ですよ、無理しないで、

したいことをしながら介護しようじゃないのさ、する気があるだけで十分です、

介護にだって休日があっていい、思いきり遊んでそしてまた介護に戻ればいいのだから、すかっ晴れな休日を過ごしましょうよ。



                  

                                 

この色が畑に広がると夏だ!と思えます、青空にはよく似合う、 ニッコウキスゲ 真っ向勝負!してみました、まだまだ途上ですけど。

                                       

映画館には行けないからせめてBSで観ました、哀しくも可笑しいそして家族の面倒くささや、あるいは捨てたもんでもないな~の話、どこにでもある

諍いはないにこしたことはないけど、あったらどう解決するかも醍醐味、ここまできたらそうそう結論を急ぐことはない、吉行さんの何とまあ可愛いこと、

大事だと言って欲しかっただなんて、橋爪さんがそのささやかな希望を叶えてあげたら・・・・どうなった?

土手などを含むアングルや家族のドタバタは、寅ちゃんそのものだったけど、なぜか胸にじーーーんと、日本人のこころです!みたいな安心感がじわ

この橋爪さんの言動の数々を見て笑わない方がいたらぉ目にかかりたい!必死だから尚更、オナゴは苦笑まじりに喝采を!吉行さん、やったね!!!



                                        

やはり暑くなってきました、夏です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (20)   この記事についてブログを書く
« @花辞典のような ③ | トップ | @花辞典のような ⑤ »

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ukiuki)
2017-05-31 21:11:30
「都忘れ」もいいけれど、
たまには「田舎忘れ」もしなくちゃね?
そこの居心地を良くするためには、
バランスが肝心だよ。

さぁ~、何時でも行動を起こそうぜ!
ukiukiさん こんばんわ (non)
2017-05-31 21:27:10
今ね、またまた家族はつらいぜ!を見て、
橋爪さんに重ねる方々、方々を思い、
大笑いはしないけど、苦笑してたところよ、

そうなのよ~居過ぎれば居たで目障りだろうし、
だって元気すぎて腹立たしいだろうし(笑)

東にしてみたら楽しくて田舎暮らしだと言うしね~
いいとこ取りといわれてる私だし、程ほどにするわ!
Unknown (kazuyoo60)
2017-06-01 08:56:27
大量の都忘れ、素晴らしく元気で綺麗です。我が家のはこんなに場所をやれま千が、今年は元気に咲きました。
ミヤマヨメナの改良種が都忘れとどこかで読みました。たぶん同じ藤色の同じ姿と思われる花、枯れてしまいましたが、ピンクの方は生きています。
マーガレットがこんなにですか。もしかしたらフランスギクかもしれません。
イチリンソウの群生も、可愛い花です。
ラムズイヤー、また消えたかな?、探してこなくてはです。

これだけ沢山の蕾です。ニッコウキスゲをご自宅でですものね。
Unknown (ゆすらうめ)
2017-06-01 16:59:39
母がはっきりしてる時は、まだよかったんですが今の状態では兄妹に頼めない状況で8か月前に4日ほどお泊りをお願いしたら母は遠慮したのでしょう、お風呂も洗濯も断って着た切り雀状態で義姉も強くは言えなくて、食事は気を効かせて作ってくれたと言うのに白いご飯とみそ汁だけを口にしたと言うのです。普段と違う環境は嫌だと言う事で預かる方も大変で私は自由には動けなくなりました。ケアハウスのお泊りも練習すればいいんでしょう。ところが、それを私が躊躇してるんです。ノンちゃんの経験の少し後ろを歩いてると言うところです。
こんにちは! (浅黄の空)
2017-06-02 01:32:15
「家族はつらいよ」は見ましたが、字幕がないため、ほとんど理解不能。でも、動きから推察することができました。この推察がいつもトンチンカンなのですが、これも難聴という病のせい、と周囲もあきらめている様子です。
橋爪役のズボンや靴下の脱ぎ方を見ていて、いずれ騒動になるという予感は当たりましたが・・・。
年齢と共に、シルバー川柳の「なんでかな 妻と言う字を 毒と書く」にムフフフと笑えるようになったりして・・・お元気で。
kazuyoo60さん おはよ~ (non)
2017-06-02 07:25:56
又もや雨で外の事は何もできないいちにちになりそうです、

ミヤコワスレは可愛い花ですよね ̄ピンクがあるんですね、
嫁菜と小さい頃には聴いたことがありますけど、

マーガレットの名もいいけど、フランスギクという名も洒落てますね、
晴れたら葉っぱとかをみてみますね、ありがと!

イチリンソウは母の植えた花ですけど、こうなってみると、
ますます心がひかれます、

ラムズイヤ―もピンクの花が咲いたらまた載せましょう、
ニッコウキスゲはやはり母で、私は最初はユリだと思っていたのよ(笑)
ゆすらうめさん おはよ~ (non)
2017-06-02 07:37:45
初めのころは母も二番手・三番手の所にも行ってましかけど、
やはり迷惑をかけるという気持ちがあったようで、私はいつも、
気がひけていましたけど、そうも言ってられない私の用事もあったりして、
東とこっちを行ったり来たりしてました、さすがにどの家でも、
母が居にくい事情というものが出てくるので(母のためにぉ支払いはしてたのですけどネ 笑)
足が遠のくようになりました、
そして叔母がぉ世話になってるケアハウスに併設されてるデイ・ショートへと、
優しく大事にして貰えるのでだんだん慣れていき、常連さんになれたということよ、
こんな言い方はどうかとも思いますけど、徐々に・・・でした、
一番難儀な時期だと思いますよ~分かります、あなた様をもお大事に。
浅黄の空さん おはよ~ (non)
2017-06-02 07:48:26
先ずはぉ具合察しますと言葉も・・・とは思いますけど、
長年の誼で、明るくぉ元気にお過ごしの由何よりです。

あの騒動を観てて思いましたけど、
オナゴの強じんな、しかし静かな決心のようなものが、
ひしひしと迫ってくると、オトコはやはり動転するのね~

俺様が居なきゃ生きてらんないべ?と思いこんで何十年も過ごしてきて、
突如、宣言されたらそりゃあ約束が違う!と叫びたくもなったでしょうよ、

そこを忖度出来りゃあいいんだけどさ、まあ結果OK!
Unknown (igagurikun)
2017-06-02 08:39:31
おはようございます、
都忘れ 目が覚めるような鮮やかな色合い
見事ですね、
都を離れて30数年経ち忘れてしまいました
igagurikunさん こんにちは (non)
2017-06-02 11:14:05
色と名前がしっくりしてなかなかよく育ちました、
丁子草と並んでますのでこれまたいい色合いです。

忘れちゃいましたか~私は神奈川に30年間住んで、
子育てやら家事であっと言う間に、
今は娘がその後に住んでます、ファミリーで。

私たちは都下に住んで、そして母のことで、
行ったり来たりが、14年め、忘れそうで忘れない微妙な(笑)

コメントを投稿