Alpine Style Mountaineering Team「MOVE」

福岡市在住の会員を中心に、九州全域の岩、沢、氷のクライミング活動をしています。現在会員募集中(初心者大歓迎)

2017 11月 三倉クライミング

2017年11月08日 | 活動報告
2017.11/3-5
山域 広島県 三倉岳

参加者
シロクマ改、山本、久留米大山岳部現役部員(4年U君、1年Sさん、1年N君)

3日深夜出発でクラック天国、三倉岳に行きました。登った4-5日は天気も良くサイコーのクラック日和。
クラックが初めての大学生の若さに驚きつつも(特に胃袋笑)楽しいクライミングツアーとなりました。

2日間で登ったルート
門前払い5.7

5.9(名前忘れた...)

兵隊クラック5.10a

入門クラック5.9

くの字ハング5.10c


月一三倉!通いましょう!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 ヨセミテクライミング

2017年11月08日 | 活動報告
日程8/29〜9/13
山域 アメリカ合衆国 ヨセミテ国立公園
参加者 山本、久留米大OB K氏

ヨセミテへ行ってきました。
元々はエルキャピタンのノーズに登るために練習をしていましたが、一緒にビックウォール訓練していた先輩が諸事情で来れず、1人でワシントンコラムのサウスフェースに行こうとソロシステム訓練をしていたところ、久留米大OBのK氏が参加する事になり、ソロで登るはめにならずにすみました。

今回のメイン?はビックウォール入門という事で、ワシントンコラムのサウスフェースを考えていましたが、サウスフェースにアタックする前のナットクラッカーで余りの酷暑にやられて熱中症に...。真夏に南壁に取り付くのは再び熱中症になりに行くものだと思い、予定変更。以降は、日陰のエリアのショートルートやマルチ、標高の高いトゥオルミメドウスのマルチルートを登った。

8/29
飛行機を乗り継ぎ、サンフランシスコ空港に到着。レンタカーを借りるので右往左往、慣れない左ハンドル右車線で、ビビりまくりながら奇跡的にヨセミテへ到着。
ハーフドームビレッジに宿泊。

8/30
4時起床、5時頃からキャンプ4の受付に並ぶ。受付で無事7日間分のテントサイトを取得。
この日は、チャーチボウルエリアのビショップテラスに登る。

8/31
ナットクラッカーに登る
あまりの暑さにノックダウン。
九州の岩より暑くないだろうとたかをくくっていたが、乾燥しすぎて汗をかいていないのに水分を持って行かれる。壁の中の気温は37℃近くを指していた...。
2P目以降あまり覚えていない。トップアウトしたらフラフラだった...。完全に熱中症。


9/1
ワシントンコラム、サウスフェースの準備、偵察日だったが、昨日の熱中症にはまいってしまい、予定変更。
日陰のショートルートへ。
ミドルカシードラルロックの基部のエリアに登る。


9/2
ミドルカシードラルロックのセントラルピラーオブフランジーに登る。
非常に素晴らしいルートだった!今回のヨセミテクライミングで一番の収穫は、このラインに登れたことだ。



9/3
疲れたのでレスト日と言いながら、せっかくだからとエルキャピタンに偵察に、岩を眺めていたら、またもやせっかくだからと言い、岩に取り付く。
ノーズは混んでいたので、サラテをビックウォールシステムで登ってみる。良い練習になった!2P目を登っている途中で激しい雷雨に...。2Pが終わると逃げるように撤退。


9/4
トゥオルミメドウスのカシードラルピークへ。
トゥオルミメドウスは北アルプスのような気候で快適なクライミング!
そしてカシードラルピークは、これまた快適な5.6が続く、美しいルート、まわりの自然も美しい。
正直、自然を楽しみたいならヨセミテバレーより、圧倒的にトゥオルミメドウスか良い。


9/5
K氏帰国のために、この日はサンフランシスコ空港へ往復。一日中運転をした。

9/6
クライミング疲れと、昨日の運転疲れからダウン。キャンプ4の滞在期限なので一度キャンプ4から出なくてはいけない。再びハーフドームビレッジに宿を取り、キャンプ4以外のキャンプ場の偵察に行った。ヨセミテバレーから出たら良いキャンプ場が沢山あることが判明。
以降はキャンプ4では無くバレーの外のキャンプ場に滞在する事に。

9/7
自然の美しいトゥオルミメドウスをハイキング。
一人で滞在中はトレッキングをする予定だったが、一日であきてしまった。以降は一人でクライミングをする事に。ハイキングも楽しかったは楽しかったが...。
老後の趣味で良いかな⁇
テントサイトは、ヨセミテバレーとトゥオルミメドウスの中間地点辺りにある、ホワイトウルフキャンプ場に宿泊。気持ちの良いキャンプ場で以降はずっとホワイトウルフキャンプ場に泊まった。


9/8-10
キャンプ場でくつろぎながら、ボチボチクライミングに行く日々。トップロープを張れるラインをトポで調べて、トップロープソロでクライミングをする。こんな日々がずっと続けば...。


9/11-13
お土産を買い込み、ヨセミテを後にする。
レンタカーの返却でまた右往左往したが、なんとか飛行機に乗り込み、無事帰国。


総括
今回のヨセミテクライミングの感想としては、
「行かねばわからない。」
これに尽きると思う。

このくらいのグレードが登れたらヨセミテへ、と言う人もいるかもしれないが、ヨセミテは質の高いルートが様々なレベルで揃っている。
そしてそんな質の高いエリアで、質のクライミングをするから強くなれるのではないだろうか?

このくらい登れたらヨセミテ〜、ではなくヨセミテへ行くから強くなれるんだと思う。
もちろんこんな事を言う自分自身は、まだまだ初心者である事も自覚している。今回も初級ルートしか登っていない。
しかし初心者である私でも、ヨセミテに行くと決めたこの1年間、ヨセミテでの2週間、多少なりとも成長を感じるように思う。

漠然とクライミングをしていても自分の殻は壊せない。

具体的な目標(エルキャピタン、ノーズ)を定めたとき、目標が変わってしまったとき(ワシントンコラム、サウスフェース)、それぞれで見た事も触った事もないギアを、試行錯誤で扱って、足りないクライミング能力を必死に上げようと四苦八苦して、実際にたどり着いたらデカい壁に唖然とする。
その一つ一つが自分自身を次のステップへ導いてくれるのだと実感した気がした1年間だった。

人の山行についていくだけの山はやるな、自分の山をやれ。

ヨセミテを決意する以前に、先輩方からこんな言葉を言われた。
確かに経験者の指導があって、経験者にくっ付いて行くクライミングならば、もっと効率的で、もっと高いレベルのルートに登れたかもしれない。
今回はビックウォールシステムからクラック技術、アプローチまで、貴重な助言や技術の導入を教えて頂いた事もあったが、ほとんど試行錯誤からの出発だった。
しかし今思うとそれが良かったと思う。
社会人だから、時間が無いから、効率的に、と言う意見もあった。それも完全には否定は出来ない。それぞれの生活が有り、皆クライミングで生活をしているわけではないのだから。
しかし人に付いて行くだけでは、おそらく今回はヨセミテまで辿り着けなかっただろう。自分のクライミングをしようとする意志が有ったからヨセミテまで辿り着けたのだと思う。
そして手探りの中からの、右往左往、試行錯誤が、前述した自分自身の成長に繋がったのは言うまでも無い。

しかしながら今回1つもビックウォールルートをしっかり登れなかったのは、とにかく残念で仕方がない。登ったルートを見れば初級ルートばかり、初心者がヨセミテに行ったのだから当然と言われれば当然の結果だが...。
ヨセミテにズドンとそびえる、エルキャピタン!
それはヨセミテバレー内の他の壁とは明らかに異なる存在感で我々を見下ろしていた。
これを登らずしてヨセミテに行ったと、果たして言えるのだろうか??
この壁を見て登らない者をクライマーと呼んで良いのだろうか??
次はエルキャピタン。
これは決定事項だ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鉾岳 四月の風

2017年06月13日 | 活動報告
2017年6月5日

エリア 宮崎県 雌鉾岳
ルート 四月の風

参加者 山本、Kさん(ムーブ会員外)


雌鉾岳、四月の風ルートに行って参りました。
四月の風ルートは、下部を美しいトラバースから繋げて、上部のみを登った事が有りましたが、やはりルートは下から上まで繋げたい!
鉾岳の名ルートと名高い四月の風へGO!




天気は抜けるような青空、ビレーをしていると一緒に登るKさんが天まで登って行くかのよう!
心地よい六月の風も吹き最高に気持ちが良い。
ルートは5.10台のスラブは厳しくヌンチャクを掴みました。
クライミングの技術的には、先日行った広タキスラブ左ルートよりずっと難しい。
スラブ登りの修行をしようと決意した。

1P目 Kさんリード
グレードは5.10a A0で、2箇所のA0との事だが...。2箇所どころかフォローの山本はカムA0までした。ステンレスハンガーで安心。

2P目 山本リード
5.9。途中から何故かステンレスハンガーが無くなり、錆びたリングボルトになる。しかもリングボルトになってからの方が難しい。ハンガーだったらとか思いながら、チキンなハートに火がつきビビる。

3P目 Kさんリード
難しくは無いが、ノーピン、立木も無く、クラックも無い。丸々1Pランナーが無い。

4P目 山本リード
ちょうど良い?スラブ登り。

5P目 Kさんリード
5.10a。山本は躊躇無くヌンチャク掴みました。

6P目 山本リード
美しいトラバースのピッチに合流。四月の風、上部の特徴的なフレークを目指して。スラブ登り、この位がちょうど良い?

7P目 Kさんリード
フレークをレイバックで。以前は草が生えてフレークに指が入りにくかったが、今回は指が入りやすかった。楽しいピッチ。

8P目 山本リード
核心?の5.10bのスラブ。新装日本の岩場には5.10bとなっているが、宮崎の岩場では5.9?。
スラブというかフェース?出だしは厳しくヌンチャクを掴む。上の方は動きが面白い。

11:45クライミング開始〜15:50クライミング終了。登り始めが遅かったが、意外と早く抜ける事が出来た。
クライミング終了後、鹿川庵に宿泊予定が、自衛隊のレンジャー部隊の方達が泊まっていたので、仕方なくツェルトビバークする事に。
最高に楽しいビバークでした笑
ツェルトに入った記憶が無い。


翌日は酷い二日酔いで、サメ肌スラブを1P登って帰福。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年GW合宿~大人のキャンプin鹿川~

2017年05月30日 | 山行報告

日程:  5/6~5/7

エリア: 大崩、比叡山

メンバー:シロクマさん、山本助教、ふぐ調理師

5/6

当初、前日からの二泊三日での合宿予定が、はっきりとしない天気で沈殿回避の

ため、登攀日和を狙ったが、朝からすっきりしない天気。

予定では、午前中、比叡のサマーホリデー83をふぐ調理師がオンサイトし

午後から、テンカラ師範の手解きを受ける予定であったが、熊本に入り高森の

手前からひどい霧に雨。高千穂に入っても霧雨に曇天。日之影に入り、雨こそ

は降ってないが、濡れた岩壁を想像し、テンカラ師範の一声「延岡の釣り具屋

行こ!」テンカラの1日が決まったが、延岡方面に行くに従いいい天気に。

ここで再度、テンカラ師範の一声「広タキ行くか?」で広タキスラブへ転戦!

大崩方面に車を走らせ、美人の湯を過ぎ、しばらく行くと左手に空き地があり

そこに車を止め、数分ほど戻ると左側に藪林を切り開いたようなところから

アプローチ。なるほど、テンカラ師範曰く、Ⅵ級はあるというアプローチ!

帰りが思いやられる。奥の梯子を上ると取り付き。

1P 40m 山本助教

出だしが若干湿っているので慎重に行く。

左上気味に直上すると終了点があるが、その右上5m程にも終了点があり

こちらで切らないと50mロープでは次の終了点まで行けない。

2P 50m ふぐ調理師

1P終了点から右上していく。途中の水線のコケ付きを横断しなければならないが、

いやらしい。あきらかに、それまでのフリクションとは違うので用心!

上の写真、段差を乗り越えてから2~3m程が核心!手は全く無い!

粗めの結晶を探して素早く乗り移ろうとするが、粗い方が結晶が崩れ易く

爪先の下から粒子の粉が吹き出し滑りそうな感じになる。(小股でジワリ

ジワリ行かなければならない)

茶化た円形のくぼみに手が届いたら一安心。

3P 50m 山本助教

3P目、ここでルートを間違えたら、とんでもない事になるので注意。

左上の草付きを目指して行く。

4P 10m 山本助教

草付きの上の立ち木で切る。

5P 10m ふぐ調理師

10m程左へ下降気味にトラバース。スタンスは有る。要吟味。

小テラスでピッチを切る。

6P 40m ふぐ調理師

直上し、ルーフの下を右上。太めの立木でビレー。上部は浸み出し等で意外悪かった 

懸垂4回で取り付きへ。途中、師範のテンカラタイムをはさみましたが、

気配が無いので、温泉、買い出しを済ませ、今宵のキャンプ地、鹿川へ。

21時頃、設営完了、宴会開始!

 大人のキャンプ、宴の跡。

5/7 

本日の予定ルート、四月のカメ だったが、前日の疲労に飲みすぎに寝不足

で、若干食傷気味のスラブに追い打ちをかけるようなドスラブに二の足を踏んで

いたところに『ゴロゴロ~!』雷。カメの途中で雨が来たら最悪ぞということで

下に降りて、サマホリと上野クラックを登ることに。

サマホリ

1P 45m ふぐ調理師

終了点直下10m程はピンが無い。左上ぎみに行けば終了点が出てくる。

2P 40m ふぐ調理師

カムを慎重に取っていく。

3P 40m ふぐ調理師

右に迂回し、直上。

山本助教とニードル

ふぐ調理師

次週、山本助教リベンジ予定のムササビファミリールート

おっそろし~。

 頂上を踏み、登山道へ。途中から上野クラックへ。

山本助教がトップロープをかけてくれ、ゴチになった。

空間に放り出される様な高度感、よくこんなところ行けるな~と思いつつ

レイバック!

途中、何度もレストしつつ何とか終了点へ。リードは絶対無理だ~。

これで10b?おかしいんちゃう?次はシロクマさんの番。おかしいんちゃう?

どうしてスラスラ登れるかがわからん。コレが取れたらどう何の?お腹のコレが・

・・。最後に、助教がもう一回登って比叡を後にしました。帰りは、日之影温泉

につかり、3人そろってチキン南蛮定食を食べ合宿を終わりにしました。

シロクマさん、撮影係にキャンプ道具一式有難うございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日向神タワー 第一ルート ~気が付けばオンサイト!~

2017年04月30日 | 山行報告

※日程 2017/4/22

※エリア 日向神

※メンバー シロクマさん、岡部

※9:30 日向神駐車場集合 

10:00前、シロクマさん登場。『日向神タワー行くんだろ?』

『えッ?』何も予習してませんけど~・・・。

トポ図をもらい、あわててスマホを開き取り付き確認。

何とかなるかもしれない『第一ルートにしましょうか~?』と進言。

『うむっ、苦しゅうない。』模様。

登攀具を整え、いざ取り付きへ。立派な取り付き入口までは探したが、そのまま

テープに導かれるまま取り付きへ。

『おい、ずいぶん立ってるな~?』

と、木の幹にトポ図発見。『ショートもあるのか~?』

『おい!これはびっくりフェイスぞ!』と来た道を引き返し、本来の取り付きへ。

気を取り直し

1P 10a  岡部

特段、難しいところもなく典型的日向神マルチの10a

2P 10c 岡部

他の表記を見れば、10dだの11aだのあったが、10cを信じてトライ。

『あそこに見えてるのが終了点ですよねぇ?』『あれは、隣のコースぞ!』

『いきなり違った。聞いててよかった。』2P目、しばし直上し、

ピンの位置を確認しながら、右へトラバース。トラバースしてからが核心!

若干、かぶってきているが、スタンスがしっかりしているため傾斜は気にならない。

が、ずっと居れる態勢でもない。意を決して上がり込まないといけないが・・・。

『お~い!そこ、カムが入らんか~!』『えッ!どうしてそこから見えるん?

登ったことあるんちゃう?』と思いながら、今まさにカムを選別しょうとしていた

ところ▽の凹角にキャメ♯0.5が決まった。

気休めに、頭上にある岩の割れ目にX4をセットし、一段上がり込み、

左手で取っているサイドプルに左足を乗せ、ハイステップで立ちこむ。(風に煽られそうで怖かった)

あとは、左手奥にあった薄いカチを握りこみジェードルを登りあがった。

3P 10a 岡部

核心を終え、ホットして登っていたところ思わぬ伏兵が・・・。最後の、マルんとしたスラブに手がかりが無くしばし思案。甘いホールドでだましだまし乗りあがり終了点をスル―して、その2メートル上の立ち木でビレー。そのまま、懸垂2回で取り付きへ降りました。

『オンサイトやなぁ』『でで、ですかねぇ』オンサイトなんて他人のため

にある言葉とおもっていましたが・・・。ま、取り付きのアプローチこそは

オンサイトをのがしたが、登攀でオンサイト出来て良かったです。

3ピッチとは言え、非常にスリリングで満足感を味わえる好ルートでした。

ルート整備に携われた方々、どうも有難うございました!

午後からは、道端エリアで11台のスラブで相当粘りましたが、相手に

されず、『体重がすべてを解決してくれるんだけどなぁ~』と、シロクマ

さんの至言が出たところで日向神を後にしました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加