mouton's cafe

第二幕

徒然

2017-07-16 17:30:12 | モノ

視力の悪化(老化)が進んできたので、普段使い用の安いリーディンググラスを試しに買ってみたものの、精緻に作られた鯖江のレンズとはまったく比較にならない。鯖江の1/10以下の値段だから仕方ない(笑)。靴と椅子、そして眼鏡はいいモノが必要という理屈通りで、悪いレンズは視力を更に悪化させる。鯖江は高いので財布に堪えるが身体を壊しては元も子もない。

 

将棋の天才、藤井聡太君が幼稚園の時に受けた教育法「モンテッソリー」が話題になりました。内容について書くと長くなるので割愛しますが、この教育を受けるには、それなりに稼ぎのいい父ちゃんが必要になるので、そうした環境に恵まれなければ、そもそもこうした高等教育に触れる事は不可能になります。

自分がガキの頃は金持ちも貧乏人も一緒くたで、戦後のGHQによる財閥解体下の昭和の日本では明治維新より更に四民平等が実現した感じのする平和な時代でしたね。子供はなんのストレスもなく伸び伸びと学び、大いに自然と戯れ遊んだものです。

そうした昭和の古き良き時代の教育は自然とモンテッソリー的だった気がしますが、少なくとも私は天才になれませんでした(笑)。

 

親指の骨折からの回復途上ですが、そろそろ自転車の外乗りを再開したくなり、スビードの出ないファットバイクを納戸から引っ張り出して遊んでます。健康にいいはずのスポーツも時に害悪を及ぼします。人生太く短くではなく、細く長くが大事なようで..

 

本当は「梅雨」のはずですが、今年はまったく雨が降りません。ここでは天然の雨水だけを頼りにしているので、肝心の雨が降らなくては野菜が大きく育ってくれません。乾燥に弱い加賀太胡瓜は全滅。他の野菜もこのままでは枯れそうです。天気予報ではこの先も雨の予報はありません。今年は諦めました(笑)。それにしても最近の天気は超アンバランスです。降れば嫌って程大量に降って災害になるし、降らないとまったく降らずに農家を困らせる。昔は、日中暑くても夕刻になるとザッと一雨降って涼しくなるもんでした。天気にも情緒が感じられたけど、今は無慈悲です。

 

3Dな首振りに釣られて衝動買いした扇風機。どんなに世の中が進歩してもこのアナログさが好き。別にプラズマクラスターは要らないけど。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

徒然

2017-06-23 15:24:00 | パン作り

前回の投稿からかなり時間が経ってしまいましたが、なんとか元気にやっております。内臓は特に元気なのでワイン部や日本酒部を催して仲間と共に楽しんでます。

唯一、身体上で病んでいるのが「右手の親指」。

若気の至りで骨折してしまいました。

全治一か月(笑)。

骨折しようが何しようが、農事暦は否応なく野良仕事を押し付けてきます。

タイミングを逃すと、野菜は育たなくなるので、仕方ありません。

指に治療用の金具が刺さった状態なので、細菌感染には極力気を付けながら...

二台目のダイソン。

吸引力が増し、軽量化が功を奏して取り扱いが楽になりました。

以前、体調を崩して死線を彷徨ったピノでしたが、今はおかげさまで元気!

 

いよいよ老眼鏡が必要になってきました(笑)。

鯖江でいいデザインを見つけました♪

さて、

利き手に怪我をして使えないのは何かと大変ですが、あと一週間程度で完治する予定です。

パン作りも暫く休んでます。

仕方ないので市販のパンを購入して色々食べ比べてますが、

惜しみなく良質な原材料を使った自家製のパンが最も旨いということを深く実感させられました。

決して趣味で作る私の腕が本職のそれを凌駕してる訳ではなく、

市販のパンは価格競争に巻き込まれながらも「儲け」を出さないと成り立ちません。そのため多くの妥協をする必要があります。それでも腕のいい職人は原価が安くても美味しいパンを作ります。

しかしどんなに頑張っても本物の素材を使って作った味には敵わないようです。B級品の小麦や乳製品では越えられない壁があるんだというのが良く分かりました。

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ゼロ和

2017-05-24 14:29:14 | 映画

 

久しぶりに映画館に足を運びました。

娯楽性に欠けるこの手の映画には目がありません(笑)。

カナダの鬼才ドゥニ・ビルヌーブが、異星人とのコンタクトを描いた米作家テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を映画化したSF映画です。さっそく原作を読むことにします。

予想通り大変面白く且つ、色々と考えさせる内容でした。サウンドも配役も派手さはありませんが、内省的な主人公と地味な出で立ちのエイリアンとの絶妙のバランスが取れていると思います。

個人的に、美の壺観賞マニュアル的には、あのエイリアン文字をどう解釈するのか? 非常に気になるところですが...

北朝鮮問題の行方によっては、最悪第三次世界大戦へ進む危険性を孕んだ、今の緊迫した世界情勢と深くリンクしています。

ジョディ・フォスター主演の「コンタクト」を彷彿とさせますが、あの頃は今よりずっと平和でしたね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

陶炎祭

2017-05-05 12:21:29 | 陶芸

地元の陶器市に行ってきました。 

 新しいデザイン。

 今回私が求めたのは花器ではなく「酒器」。

 それも利き酒に供するための安ーいもの。

 

   ↑ いつか欲しいと思ってますが、いつになるのか(笑)。

+

 いつものことですが、花より団子。

 

 陶器そっちのけで食に走ります(笑)。

 +

 そんな訳で今回買い求めた酒器(御猪口)がこちら。

 その殆どはB級品です。 

壊れても惜しくない安価な御猪口ばかり。

 でも、ひとつだけいいモノをゲット。

+

菜園では絹さやが収穫♪ 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

徒然

2017-04-29 11:42:06 | 食・レシピ

 

ひさしぶりの「いつもの食堂」。

日本酒を届けたついでにご馳走になりました。

大将に選んでもらったのは静岡の初亀。

タケノコが食べたかったけど、残念、この日は出てこないんだなぁ?

と思ったら...

ハマグリとタケノコの土瓶蒸しが出ました(笑)。

ワインも良く合う。

角煮。

日本酒にするか、ワインにするか大いに悩みながらの、楽しいひとときでした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加