むーにゃんず

コーギー犬のむーす&10匹の猫がいる生活

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログお引越ししました。

2008-02-15 | 犬・猫
なんだか使いにくくて、
ブログ、変えました。

  ↓新しい”むーにゃんず”はこちら↓
http://51052213.at.webry.info/



きなちゃんの様子は、「きなぞう日記」にて。
http://18618473.at.webry.info/


きなちゃんが家に帰ってきたら
ブログ、どうしようかな。考え中です。



にほんブログ村 猫ブログへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

この記事をはてなブックマークに追加

久々の我が家のにゃんず。

2008-01-30 | 
もなちゃん、最近ちょっと甘えたいモードらしいです。↑



更新が全然できなくて・・・
体調も悪いし・・・

しかも、さっき苦労して更新書き終えて
アップしたらログイン切れてて(ありえないんですが!)
書いた記事がすべてパーになった。

これって、おかしい。
ログインしてから書いてるのに、なんでだ!


このgooブログが最近使いにくくて、
ウェブリブログに引越ししたいーーーー
でも、できるのかな?


最近の報告といえば・・・

もなちゃんの避妊手術が
18日に決定です。
あー・・・心配。


リズム感ばつぐん?な、もなちゃん。
CIMG6648


ホラー顔なもなちゃんに注目。
CIMG6614


相変わらず、わらびちゃんに睨まれてます、わたし。


しかし、強面のわらびちゃんは
意外とみんなに人気があるようだ。

おかしな組み合わせ。あずきさんと一緒。


そして、
ちょこにゃんはいつも、
わらびちゃんい甘えてスリスリして頭突きしている。
わらびちゃんは・・・無反応。笑。


一見怖い人が、意外と優しかったりすると、
かなりイメージアップなわけで・・・

同様に、
怖い顔したわらびちゃんが、
ちょこにゃんに頭突きされても怒らずに受け止めている、
そんな光景が、微笑ましいと思う、
今日、このごろである。



=きなぞう日記=
http://18618473.at.webry.info/



にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ソファーだいすきむーちゃん。

2008-01-20 | 犬 
前は愛用していたむーちゃんのソファーだが、
最近はあまり使ってくれないのよねぇ。

むーちゃんのそのソファー、
きなちゃんのお家に持ってっていいかしら?
向こうは何にもないのよねぇ。
買うのはちょっと、予算が足りないのよぅ。。。



あ。そうですか。


ちょっと、むーちゃんには大きいけど。。。
でも、よく似合っててかわいい(親バカ)



なんだか窪みにはまってて、いい感じですね(笑)

で・・・でも・・・

その顔はいかんやろー・・・白目怖すぎる!
深夜、パソコンに向かっていると
背後でグフグフと不気味な寝言が聞こえ、
振り返るとこの顔である。笑。





本日の動画は、ほとんどが尻。笑。

犬でも猫でもそうなのだが、
なぜか隙間に物を入れる習慣があるようで・・・
たとえば、
猫部屋のケージを動かすと下から大量にネズミさんが出てくる(笑)

むーちゃんも例にもれず、
いつもぬいぐるみを隙間に入れる。
なんで、わざわざここに?と思うのだが。
しかも、何度も、何度も。
それが、故意なのか、事故なのか・・・
それは本人にしか、わからない。

いや、きっと、わざとだ(笑)
CIMG6766
見事な尻ですが。。。(笑)


きなぞう日記、更新。http://18618473.at.webry.info/




にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

らぶりーもなか。

2008-01-17 | 
大きくなってきました、もなちゃん。
今、年齢は約6~7ヶ月ほど。
毎日、驚くほどの食欲で、最近なんだかコロコロになってきた。
でも、まだみんなよりは若干小さいので
なんだか、らぶりー。

箱になってる姿を見ては、「きゃーん、きゃわぃぃ・・・」と叫び・・・


にょーんと首を伸ばす姿にまた「きゃわぃぃ・・・」と呟き・・・


もなちゃんがくきゃ!と喋るたび、「いやーん!!!!」と叫ぶわたし。

もなかは、いつも私の近くに来る。
いつも知らない間に足元にいるので、時々蹴りそうになる。
そして、じっと私を見上げる。


なんてかわいいのかしら。
お手手がぷっくりしてて、
体格も丸くて、
たまらなくかわいいのだ。
毎日、
抱っこしてハグハグ。
膝にのせて、ナデナデ。
顔をこすりつけて、嗅いでみたり(笑)
もう、目の中に入れても痛くないとはこの事であろう。

とてもおてんばな、もなかちゃんは、
ぷりんちゃんが横切ると、
突然ぷりんちゃんの頭をバシッ!笑。
なんでしばかれたのか、わけがわからず、
普通に通りすぎる、ぷりんちゃん。
こういう光景も、微笑ましい。



3ヶ月ほど前のもなか。
CIMG4998
今よりはだいぶ小さい。


パルボ疑惑も無事解決し、
ワクチン後の変化もなく、
そろそろ避妊手術の準備にかかろうね、もなちゃん。


もなかのきれいなお顔は、わらびちゃん譲り。
目がよく似ているし、顔の輪郭もそっくり。

いつもわらびちゃんの視線を感じるのだが、
それは決して”愛”ではない。
警戒して私を観察中なのだ。

物陰から睨んでる・・・

いつも警戒・・・

何もしないって!
たまに、触るけど(笑)ぶっ飛んで逃げるのよね。

最近、下に下りてきて
みんなと一緒にご飯を食べるようになった、わらびちゃん。
私の存在をチラチラ確認しながらも、
私がいても食べてくれる。

いいなぁ・・・和みのにゃんず部屋。
10匹全員が、仲良し。


「むーにゃんず」は、
和やかなむーちゃんと猫部屋の話題のみにいたします。
きなちゃんがかわいそうで辛くて読めないし、遠のいてしまう・・というお声が多いので。。。
きなちゃんの報告は、別ブログでこれからも引き続きいたしますね。



↓きなぞう日記 ←タイトル、そのまんまやん。

http://18618473.at.webry.info/





にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

不自然な体勢がすき。

2008-01-14 | 犬・猫
むーちゃん、そこ、背もたれの上ですが・・・


そ、そうですか。

座面に寝て、背もたれのクッションにもたれたら楽だと思うのだが。
こちらが良かれと思う場所と、むーちゃんの気にいる場所は
若干ズレがある。

そして、
見るからに苦しそうな体勢で寝る。


首、苦しくないのかしらん。



あ。今度は下向き。これも見るからに苦しそうなのだが・・・

不思議なむーちゃん。



さて・・・

先日のワクチン事件で、
にゃんずの信頼をまたもや失ったわたしであるが、

まろちゃんの態度がさらに冷たくなった。

そんな目で見ないでよぅ!

相変わらず、コタツに引きこもるにゃんず。

左はれもん、右はあずき。
覗き込むとサッと逃げてしまったちょこにゃんが
真ん中でチラッとこちらを覗く。視線が冷たいのよぅ・・・

それにしても、
我が家のキジトラーずはほんとによく似てて、
もなちゃんが大きくなり、さらに見分けがつきにくい。

くるみさんの左横の子は誰だろう。
あとで写真を見ると
顔が写ってないと飼い主ですら全くわからない(笑)


・・・きなちゃんの様子は・・・

体調はとても良好で、
心配していたシッポの傷も回復に向かい、
どうやら断尾はまぬがれたようです。(ホッ・・・)

パルボのキットでの再検査では、
ウイルスは陰性になっており、
ほぼ完治したと言えるだろう。
しかし、体内のウイルスは消えないらしく、
パルボキャリアとなる。
パルボを克服したきなちゃんはもう、パルボにかかる事はないので、
逆に免疫力もつき、強い子になって健康に暮らせることでしょう。
ただ、他の猫との接触は
なるべく避けたほうが良いとのこと。
ワクチンを接種していても、
絶対にかからないというわけではないらしい。
なので、
パルボキャリア猫同士で飼える、もしくは、
きなちゃんだけ1匹で飼ってくださる優しい方を
募集中です。

現在、獣医さんに預かっていただいているが、
一刻も早く、
狭い場所からきなちゃんを出してあげたい。
できれば、遊んであげたりもしたい。
お膝に乗せてあげたりも・・・


にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ  

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

にゃんず、ワクチン接種の恐怖体験の日。

2008-01-11 | 
本日、何と奇跡的に、全員接種完了。
往診に来ていただいた先生の手は何箇所も流血であったが(笑)
ほんとに、ありがたい事に
先生、看護士さん2人、計3人がかりで、
かなりの苦労をされながらも
何とかワクチン完了したのである。感謝、感謝。

ひとなつこいぷりんちゃんでさえ、
抱きかかえる私の腕をピチピチ大魚状態で逃げようとし、
私の腕にもグッサリと爪のあとが・・・
ほんとに大変な作業であった。
もなちゃんも、同じ状態。
くるみさんは、こたつの中で固まってるところを注射。

みかん、まろん、れもんは、
ひとつのベッドに潜り、震え、固まり、巨大猫だんご3状態。
意外と、そのまま一気に注射完了であった。

わらびちゃんは、逃げまくったが
ベッドに潜ったところを、
ごっつい手袋をした看護士さんが押さえ込んで注射。
中から、シャーーーー!!プシャーーーーー!!!!と声が。

そして、困難なあずきさん、
散々追いかけまわし、逃げまくり、こたつに潜ったところを、
四方を4人で塞ぎ、お尻が出てきたところを押さえ、注射。

そして、
ちょこにゃんは、部屋の角へ追い込み、
手袋した看護士さんがキャッチ。
しかし、おそろしく咬まれた。手袋も貫通するほどの歯。
ちょこにゃんは、
保護したときも、預かってくださったおばさんに大怪我をさせた実績が(><)
でも、何とか注射完了。

そして、
最後までできなかったのが、やはりうめ。
もう、逃げるのも必死である。
シッポは逆立ってふくらみ、
部屋中を死に物狂いで逃げる。
ベッドへ潜ったところを・・・と思っても、
他の子のようにじっとしてくれないのだ。

そして、何度も押さえる隙間から脱出し、
びゅん!と逃げ去り、
もう無理かもと、1度諦めた。
しかし、うめちゃんは、全くのワクチン未接種のため、
やはりここは何としてでも・・・
そして、粘り、注射完了。しかし、
液が全部打てなかったので、
結果3分の2ほどの量しか注射できなかった。
しかも、
初めてのワクチンなので、
やはり、もう一度2回目が必要だといわれた。


注射の瞬間、
うめちゃんは今まで出した事のないような声をあげ、
ものすごく怒り、ひっかき、咬んだ。
先生の手に、血がにじんだ・・・(おぅっ!!!)

ひとまず、今日できることはやった・・・
あとは、今日から免疫が少し落ちるので要注意。
そして、ぐっと免疫が上がるのに1週間。
それまでは、全身消毒を浴びてから部屋へ入らなければ。。。

ショックが大きいであろう、にゃんず部屋。
今日はそっとしておこうと、
ウェブカメラで観察してみると
未だかつてないくらい、みんな落ちつきがない。

ただ1匹、みかんさんを除いて(笑)



よほど怖かったのか、
どこにいても恐怖心が抜けないのだろう。
全員が低くなり、部屋中をうろうろと、動きまわる。


しかし、みかんさんは・・・笑。
そういえばみかんさん、ノラ時代から、図太かった。



怖かったねぇ・・・


うめちゃん、びょーんと伸びて覗き込み安全チェック中。

もう、何もしないわよぅ!
でもこれに負けず2回目のワクチン、挑戦してみようね、うめ。


特に、うめちゃんは最後まで落ち着きが戻らない様子。
かわいそうに・・・
掃除しに行くと、今まで以上に私を怖がった。ショックだ(涙)


若干、落ち着きが戻ったにゃんず部屋。
CIMG6746
しかし、わらびちゃんはスローモーション。笑。


そして、3時間後

少し安心したのか、くつろぐ様子が・・・

あ。まろちゃん発見。笑。

デカいなーまろん。


みんなお疲れ様でした(^^)
今日はみんな、ゆっくりしてください・・・




そして、さらに1時間後・・・


完全に無防備(笑)


にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

きなぞう、もう大丈夫。。。

2008-01-09 | 
面会に行った。
ナデナデしたら、
ゴロゴロ鳴らしていた、きなちゃん。。。

今日のきなちゃん。
CIMG6736
バリバリとうるさい音が入ってますが、
感染防止のため、
カメラをナイロンで包んでの撮影だったため、
雑音が。。。
おかげで、すっごいゴロゴロ鳴らしてるきなちゃんの音が
全然聞こえないではないか(笑)



キットで再検査した結果、
パルボが陰性になっていた。
白血球も、ほぼ正常値。
これで、ほぼ回復は間違いないとの事である。
ウンチもころんと正常で、食欲もある。


もう、特別な治療はしてなくて、
整腸剤くらいだと。
「すっかり、ペットホテル状態ですよー」などと、
先生も少し笑顔が。

ただ、シッポの先を
自分で噛み切ってしまったところが、
化膿し、壊死しそうだと。
なので、しばらく消毒と抗生剤で様子を見て、
もしかしたら断尾の手術が必要かもしれないらしい。。。

かわいいシッポだったのに・・・

かわいそうに、次から次と、痛い思いをして、
なんて不憫なきなちゃん。。。
でも、命には全然別状がないのでひとまず安心。

とりあえず、
もなちゃんや、にゃんずのワクチンが11日、
そして、免疫が上がるまでに1週間として、
18日までの入院をお願いした。

パルボにかかったことは間違いないので、
体内にはウイルスがあることになり、
発症はしないが、キャリアという事だろう。
今回、パルボを乗り切ったことで免疫ができ、
今後、きなちゃんはパルボにはまずかからないらしく、
この先パルボでまた倒れることはない。
しかし、周りにはワクチン未接種の子がいると、
やはり感染してしまうらしいので、
きなちゃんは、うちでは暮らせない・・・
ワクチンをしていたとしても、
絶対かからないわけではないらしく、
かかりにくい、もしくは、かかっても軽くで済む、という事らしい。

きなちゃんの、行き場がない・・・

便のキットでパルボが陰性であったので、
沢山のウイルスを撒き散らすわけではないので、
きなちゃん1匹だけで、かわいがってくださる方が
どうか、見つかりますように・・・

かわいいきなちゃん、
ほんとに甘えたさんのかわいい子なのに・・・
ウイルスさえなければ。。。
ああ。連れて帰りたい!という衝動にかられてしまう。
膝にのせたらきっと、ずーっとゴロゴロ言いながら眠ったりするんだろうなぁ・・・

家に帰り、録画したきなちゃんの動画を何度も見た。
何度も、何度も、見た。涙・・・


どうか、
きなちゃんに幸せを与えてください・・・




・・・我が家のにゃんずの様子は・・・


うめちゃん、しんどくない?お腹、痛くない?


熱はない?食欲はある?

こんな思いが通じるわけもなく、
ウザがられている私であるが。。。


凶暴ノラたちに、冷ややかな目で睨まれる日々・・・

でも、元気でさえいてくれれば、それでいいのよぅ・・・

もなちゃんも、異常ないよね!

遊んであげられなくって、ごめんねぇ・・・

箱になってじーっとしてる姿をを見て、
ヒヤッとする日々。
げ・・・元気ないのかぁぁぁっ?て。

無邪気なアクビ・・・
CIMG6207
アクビ・・・のあとに、怪しげな咳!
んんん!しんどいのかぁっ!?とビクビクし、
様子を見て、あ、大丈夫か。

などと、
心が休まらない日々。




でも、なんだかんだいって、1週間。
今のところ、みんなに異常はなし。ホッ・・・

明後日のワクチン、
果たして何匹できるかな。
捕まえられるかしらん。無理そうだけど。。。

最初から諦めるより、まずは挑戦よぅ!


にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ にほんブログ村 犬ブログへ
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

にゃんずは今日も無事・・・

2008-01-04 | 
にゃんず部屋の異常をカメラでチェックする日々。
少しでも元気がない動かない子がいると、
え!!!ってなり、
よーく観察してると、熟睡しすぎて足がピクピクってなってる様子。
なんだ・・・ホッ。と、なでおろす日々。

わ!もなちゃん、めっちゃ伸びて寝てる(笑)

ずーっとこのまま伸びたまま。ププッ!


全員ワクチンできるよう、
往診できる獣医さんを見つけた。
捕まえようとすれば、死に物狂いで逃げる、まろたん、れもたん。
がしっと捕らえても、暴れまくり、
とても猫袋に入れることなど不可能。

しかし、他人が来ると、
逃げることすら出来ないほど怖いらしく、
ベッドの中で震えて猫だんご。
硬直状態なので、ワクチン接種できるはず。

それにしても、まろたんのヘタレっぷりは、一向に治らず。

まるで暴漢に襲われる乙女のようなこのしぐさ。
オトコのくせにっ!!!!



れもたんも、近づいてくるくせに
目が合うとダッシュで逃げるのよねぇ。

れもたん、ほんとは甘えたいんだよねぇ。。。
でも、甘えられないトラウマをかかえている。


そんなれもたんの、甘える貴重な動画
CIMG6527
でも、ちょっと私が声を出しただけですぐ逃げるし。もう!

突然手を出すと必ず逃げる。
そーっと、しかも、下からゆっくりと手を、指を近づけるのがポイントである。
そして、根気よく、向こうから来るのを待つ。
CIMG6617
甘咬み、すりすり・・・かわいいっ!!!
ここで調子こいて、なでようとしたら、
速攻逃げてしまうので要注意。ナデナデしたいけどじっとガマン・・・



ああ。お願い。
みんな、病気にならないでねぇ。。。。



本日、きなぞうは、
下痢が治まり、ころんとしたウンチをしていたらしい。
そして、ご飯も食べ、元気にしているとの事。
なんだ・・・治ったか?そうなのか?と、かなり期待しているが、
詳しい検査を再度してみるとの事。
全くパルボらしい症状が出ないけど、
ほんとにパルボなのか?という疑問さえ出てきた。
でも、キットで陽性だったし、ウイルスは間違いなくいるのだろう。

早期発見でインターフェロンが効いたのかな。

とにかく、
きなぞう、今現在は元気です。ホッ・・・

なかなか私の体調が、完全に復活せず。
さらにあと2~3日、きなぞうは獣医さんに預かっていただくことにした。
うちのにゃんず全員の無事が確定するまで、
精神的なダメージが大きく、どうしても考えてしまい、胃にきている。
来週の胃カメラの検査も憂鬱なのだが。。。
きっと胃壁は大出血だと思う(笑)


今年は波乱の幕開けとなったが、
きっと乗り越えてみせよう!

全員の幸せを願って。。。。。

にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

にゃんず異常ナシ。

2008-01-03 | 
パルボ感染の危機で戦慄が走ったにゃんず部屋であったが、
1週間経ち、特に異常はみられない。


ぷりん、くるみ・・・ワクチン2回済み。

あずき、ちょこ、まろん、みかん、れもん、わらび、もなか・・・ワクチン1回のみ。

うめ・・・ワクチン未接種。

ほんとは毎年していれば、安心だったのに、
完全室内飼いだしと、甘くみていた、私の責任だ。
1回だけでも、してないよりはかなり防げるらしいが、
1度もしていないうめちゃんが心配。

そして、まだ幼猫である、もなちゃんが
1回しか打ってないのがやばい。
もう、自己嫌悪だ。


毎日注意深く観察していたが、
今のところ特に異常はなさそう。
感染の危険が全くなくなったわけではないが、
きなぞうは今、入院中で、
退院後は違う家で暮らす。
家の中はかなり消毒したので、
これで1週間異常がなければきっと大丈夫。

詳しい方に相談したところ、
感染するならもう最初の時点で感染してるはずなので、
今現在発症の兆候がないのなら
ほぼ、大丈夫だろうとの事。
一番危険なもなちゃんと、うめちゃんが、全く異常がないので、
私も少し安心している。
保護した日、きなぞうが、まだ下痢などの症状が出ていなかった事と、
怒ってキャリーから出なかった事が幸いしたと思う。

にゃんずの状態を観察しようにも、
私が行くといつも固まっているみかんさん、まろたん、わらびちゃん。
いつもと様子が違うのか、それとも同じなのか、
よくわからないのだ。

しかし!
そう、ウェブカメラという秘密兵器があるのだ!


私がいると、少ししか食べないので、
食欲がないのかと心配していたが
コタツから出てきて続きを食べている、うめ、あずき。




引きこもって出てこない、まろん、みかんさんも、
私がいないと出てきてる。




ちょこにゃんも、出てきて食べてる。
れもん、もなかも、元気に遊んでいる。
わらびも、普通にウロウロしてるし(笑)



みかんさん、残飯処理中。
ってか、すごい体型だ。将来、メタボが心配。。。



みんな遊んで元気。
よかった・・・



しかし、ぷりんちゃんが元気がない。
コタツの横の丸いベッドに入ったまま
ずっと出てこない。
ぷりんちゃんは、ワクチンちゃんと打ってるから、
まず感染はないとして、
私がよそよそしいのがショックなようだ。
万一、ぷりんちゃんを介してワクチン未接種の子に感染したらと思うと、
いつものように抱っこしてナデナデしてあげられないのだ。
手をペロペロ舐めてくれるのを
私が何度か拒んだのが、ショックだったらしく、
少し怒ってるな、とは思っていたが、
ここまで元気をなくされると、辛い。。。

もう少しだけ、ガマンしてねぇ、ぷりんちゃん。。。

明日、もなちゃんを獣医さんに連れて行き、
検査してもらってからワクチンして
さらに免疫が上がるまで1週間。。。
その間は、油断できないのだ・・・。


もなちゃん、めっちゃ喋ってる。
CIMG6620




本日のきなぞうは、
血便が出ていたらしい。
しかし、自分でご飯を食べ、
特にグッタリしている様子もなく、
わりとご機嫌にしているとの事。
シッポだけでなく、オシリも咬んでいたみたいで、
エリザベスをつけられ、隔離中。
下半身の微妙な麻痺が、くすぐったいのか、気持ち悪いせいで、
咬んだのかもしれない、と先生は言っていた。


気の休まる時がない私であるが、
何とか食欲も戻りつつある。
体調は回復に向かっている。
頑張らねば。


にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

きなぞうの運命

2008-01-01 | 
暗い玄関で、ひとり寂しい仔猫。。。
かわいそうな、きなぞう。

まだ仔猫で、甘えたい盛りなのに、
お母さんは横にいない。
触れて抱っこしてあげることもできない。

夜中に、何度も鳴いている声が聞こえる。
そのたびに目が覚め、胸が苦しくなり胃が痛くなる。

ずっと警戒していたきなぞうが、
昨日初めて、グルグルグルグルと喉を鳴らした。
私がゲージの横に行くと、
グルグルグルグル・・・・・
そして、ラテックス手袋をつけ、
なでてやると、気持ちよさそうに
顔を、頭を押し付けてきて、ゴロゴロゴロゴロ・・・・


昨日、自分のシッポを噛み切ってしまったため、
出血がなかなか止まらなく、
とりあえず包帯で圧迫止血をし、
元旦に開いている獣医さんを必死で探し、
連れて行こうと思った矢先、私がダウンしてしまった。
大晦日の夜中から
恐ろしい悪寒と頭痛と吐き気にみまわれ、
体を起こすこともできなくなり、
自力でご飯をたべないきなぞうに、口の中に流し込んでやらねばならないのに、
起きれなくて苦しくて、しんどくて寝てしまい、
そして何度もうなされ起きて、
フラつきながら、明け方きなぞうを見に行くと、
なんと、自分でご飯を食べてくれていた。。。
まるで、私の苦しいのがわかっているかのように。。。
そして、そばに行くと、ゴロゴロゴロ・・・と鳴らす。
間を細めて、じっと私の顔を見る。

昨日巻いた包帯は、
きなぞうが自分で取ってしまったようで、
なぜかゲージの上の段に、すぽっと抜けた状態で置かれていた。
かなり血が出ていたようで、血まみれであるが、
シッポの出血は昨日よりは治まっているよう。




よかった。これで、回復するに違いない。。。
あとは、シッポの治療と、正月明けに検査し、数値を見て
今後の方針を考えて・・・

私は多分、寒い玄関に薄着で消毒液を浴びていたため、
風邪をひいたらしい。
吐く・・・頭痛・・・空腹すぎて、さらに胃がムカつき、傷む。。。といった
最悪の状況であったが、
幸い、少し楽になってきた。
とはいえ、今もムカつきはあるし食欲はないが。
明日朝までにもっと楽になればよいのだが。

最悪な正月である。
でも、きなぞうの運命がかかっている。
寝込んではいられないのだ。。。


にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

きなぞう、帰る。

2007-12-31 | 
獣医さんが正月の3日間いらっしゃらないらしく、
どうしても預かれないといわれた。
まだ、自力でごはんを食べないらしいので、
だれかが診てやらねばならなくて、
悩んだ結果、家に連れかえった。

病状は、インターフェロンを3回投与し、
800まで下がっていた白血球は2800に上がった。
とはいえ、平均値は18000~6000なので、まだまだ低いのだが。
そして、少し歩けるようにもなったのだ。
画像を見てわかるように、
ゲージの上の段に、自分で上がったのだ。
パルボの特徴である、高熱、下痢や嘔吐も、
結局は1度もなかった。
主に、唾液や排泄物からウイルスがまかれるらしいので、
下痢がないのは、かなりの救いである。

でも、ウイルスを持っているのは確か。
きなぞう自身は、きっと治ると思うし、
ある程度まで元気になってくれそうな希望は出てきた。

しかし、パルボキャリアとなる。

きなぞうは、うちで暮らすことはまず、不可能であろう。
保護ノラで捕まえるどころか、触らせてもくれないうめちゃんが、
ワクチンをしていないからだ。
老猫だし、心配なのだ。

ほかのにゃんずも、ワクチンが今年まだだったり、
1回しか出来てない子が多い。
今、抱っこできる子は全員すぐにでもワクチンを、と思ったが、
獣医さんによると、
急には効かないし、逆にワクチンによって免疫力が最初
一時的に落ちるため、その状態でパルボ感染したらヤバいらしい。
なので、やはり隔離を徹底し、
様子を見て大丈夫!ってなってからワクチンする事にした。

私の責任だ。
出来る子はしっかりワクチンするべきであった。。。
完全室内飼いで、清潔にしているので安心だと思っていた。
一生の不覚・・・



考えた結果、知り合いに空いている部屋を
貸していただく事になった。
しかし、一時的である。何年もは無理。
そこで暮らしながら里親様を待つことになるだろう。
だれもいない部屋でほとんど1匹で過ごす事になるきなぞうが
不憫でならないが。。。

だれか、きなぞうをかわいがってくださる里親様は
いらっしゃらないだろうか。
きっと、性格のかわいい、いい子になるだろうに。
パルボでさえなければ、
我が家で幸せに暮らせた子なのに。。。


家に帰り、数時間がすぎ、
様子を見に行くと、
きなぞう・・・血が!

ゲージが血だらけなので驚いて、
でもパニックになってはいけないわ、
ちゃんと防護してから触れないと。。。とオロオロしながら
ナイロンをガサガサとかぶり、手袋をして
きなぞうの点検を。。。
すると、なんと、ストレスからか、自分のシッポを咬んでいる。
シッポの先から血がいっぱい出ている。
なんてこと・・・
ゲージの外まで、血が飛んでいる。
少し元気になってきたため、
狭い場所で閉じこもっていることが辛いようだ。
昨夜も病院で、ペットシーツをビリビリに破いていたらしい。

それだけ体調が治ってきてるってことだろうか。

とにかく、早く部屋を変わり、
落ちついた環境をととのえてやらねば。。。

今日から3日間・・・

怖い。。。
正直、他の子への感染が、非常に怖い。
もなちゃんは、まだ仔猫だから。。。
うめちゃんは、ワクチンをしていないから。。。

部屋数の余裕もなく、
仕方なく玄関にゲージを置く。
そして、電気ストーブをあてて、毛布を入れた。

キャリーは外側を消毒し、ナイロン袋へ入れきっちりと結ぶ。
玄関は床を全て消毒し
衣服は菌がつくと怖いので、
裸で素足に厚底サンダルといったマヌケなかっこに、
使い捨て手袋での、きなぞうの世話。
そして、注射器でごはんを口に入れ、
スポイドで抗生剤を飲ませ、
全て済んだらまた周りを消毒。
そして、自らも消毒を浴びて足の裏を消毒で浸したあとから、
そにまま風呂場へ行きシャワーを浴びる。
てゆうか、この消毒、キツイ!
全身、肌がボロボロ(涙)

そして、新しい着替えをしてから、2階へ上がる。

それでも怖い。。。

万一と思うと。。。


猫部屋へ行き、ご飯をあげ、水を入れ、トイレ掃除して、
そそくさと出る。
怖くてにゃんずに触れない・・・寂しいけど、仕方ない。


ぷりんちゃんが、悲しそうに私を見る

しかし、振り切って部屋を出るわたし。
しばらく、ガマンしてね。。。

きなぞうを何とか世話し、
新しい部屋へ移し、
それから10日~2週間くらい、じっくりとにゃんずを観察し、
異常が見られなければ、ひとまずクリアー・・・



・・・ウェブカメラにて・・・

母、わらびちゃんに甘える、もなか。



兄、まろんに甘えるちょこにゃん。



母みかんに甘える、れもん。


みんな、幸せに暮らせてよかったねーって思っていたのに、
こんな脅威が来るとは・・・

今の和やかな生活が、ずっと続きますように・・・


にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

もなかの幸せ。

2007-12-30 | 
ここ数日、ハードな内容ばかりで
気が滅入ってしまいそうなので、
今日はちょっと、ほのぼの系で・・・

今年はもなちゃんの運命の年であった。
うちの玄関に現れた親子、わらびともなか。
この子はきっと、とても運のいい子なのだと思う。

まず、捕獲がスムーズにわらびと一緒だったこと。
そして、病気が何もなかったこと。
そして、まだ小さかったため、馴れさすことができたってこと。

そして、かわいいもなちゃんは、私のハートをがっちり掴んで
里子に出せなくなったってこと。笑。


そうねぇ・・・いろいろあったわねぇ・・・



あたりまえぢゃない!ずっと一緒よぅ!


この鳴き声に、ノックダウン(←ノックダウンて!笑。)
CIMG6528
ほんとに、カメラが嫌いらしく、
特にムービー撮影で長くじーっと迫ってこられるのがイヤなようだ。
いつも文句を言いながら
露骨にイヤな態度で逃げる(笑)


もなかは、かわいい性格になった。
決して咬まないし、爪も立てない、
ハグハグし放題だ(笑)
膝に乗せてもじっとしてるし、
足の肉球や指がぷっくりしてて
もう、たまらなくかわいいのだ。。。

しかし、こんなもなかが豹変する時がある。
それは、リアルファー使いのねこじゃらしや、ポンポン。


では、豹変し、怖いもなちゃんを・・・
CIMG6466
うぅぅぅぅ・・・とうなって、シャーーー!って声、全てもなちゃんの声です。
しかも、マジでパンチ来ます。
背中の毛も逆立って・・・

なんだろうか。
本物の毛ってのが、野生の本能を呼びおこすのか。
普通のねこじゃらしでは、
もっとかわいく遊んでくれるのだが。


明日は、もなちゃんもワクチン接種しようねぇ。
病気、怖いからねー・・・

にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

きなぞう、感染。

2007-12-29 | 
きなぞう、まさかのパルボ感染。

保護して病院で検査を受けた結果、
パルボの疑いがあると宣告されたのだった。

まだ症状はは出ていないが、
白血球の数値が、異常に低すぎる。
昨日の1200から、今日は800まで下がった。
ありえない数値。
普通は、18000~少なくても6000くらいだそうだ。
下痢、嘔吐、熱が出ていないので、
どうか間違いでありますようにと祈っていたが、
詳しい検査とキットで、
今朝、結果がほぼ確定。

脊椎の中枢神経損傷もあるので、
その治療のための注射でステロイドを使用しているのだが、
パルボを悪化させる恐れありなので、
いったん治療を中段しなければならない。
しかし、脊椎損傷の治療は時間との勝負。
今すぐ治療しないと、一生半身不随になってしまうからだ。
しかし、命に別状がないなら、
当然先にパルボを優先するべきだろう。
まだ症状が出ていないので
インターフェロンでの治療をはじめると効果が見られるかもしれない。
でもひどい症状が出てからでは遅いらしい。
なので、今すぐに治療を。。。!

先生「しかし、費用が少々・・・」

私 「いくらかかってもかまいません。すぐやってください!」

とにかく、最善の方法で!とお願いした。

もしも歩けなくなっても、
私が一生めんどう見てあげるからね、きなぞう・・・・

今回、ムリしてでも保護できたことが、
きなぞうの運命を変えた事になる。
あのまま保護できなければ、どちらにせよ発症し、死んでいただろう。
ワクチンをしていない仔猫のパルボは、普通まず助からない。

きなぞうも、ワクチンしてない仔猫。
でも、こうして今、保護され治療を受けている。
少しでも希望があれば、信じて頑張ろうと思う。

現在、入院中である。
食欲はなく、自らは食べない。
注射器型のスポイドで、口に入れて食べさせると、
食べてくれるが、
今のところ、嘔吐はないとのこと。

今朝、面会に行くと、
丸い目で私をじっと見る。
昨日よりも、恐怖心が少し取れたようで、
毛布に潜ったままだったのが、少し出てくるようになった、とのこと。

隔離病室にて、本日のきなぞう

ガラスで覆われた部屋の外から。
うちのにゃんずへの感染が怖いため、
触ってあげることも、中に入って近づくことすらできない。悲しい。。。

でもきなぞう、私は諦めないぞぅ!!!!
がんばろうね。絶対助けてあげる。





さて。やることがいっぱい。

きなぞうのパルボ疑惑があがった時に、
とにかく触れたもの、きていた衣服、廊下、部屋の床は
すべて消毒し、捨てれるものは全部捨てて。。。
エタノールでは死なないパルボ。
病院でもらったビルコンでの消毒だが、キツくて
手の指紋がなくなってしまいそうだ。。。
拭いた床もはげてツヤがなくなってしまった。
パルボには”バイオチャレンジ”でも効くと聞いたが、本当かな。
もしそうなら助かるんだが。。。
だれか情報知りませんか???


今いるにゃんず、ノラ保護だったため、ワクチンを1度しかしてない。
なので、触れる子は全員、
今年中に予防のためワクチン接種をしておこう。

そして、一番の問題。それは、あんこちゃん。
感染している確率が高いからだ。
最近ちょっと食欲が落ちた。。。しかも、昨日から見てない。

どうしたものか・・・




そして、我が家のにゃんずニュース。

もなちゃんの避妊手術の日が、1月の10日に決定。
あー。。。これも心配。。。

今日も、意味不明の声を発する。笑。


にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

きなこの命。

2007-12-28 | 
薄暗くなったころ、玄関を出ると
きなこが足をひきずっていた。
ひきずるというより、下半身が麻痺ってるかんじ。
驚いて、でも驚かすといけないので慎重に、
そーっと見てると、いつもはサッと逃げるきなこが、
「シャーーーーー!」と怒って、でも腰がくだけている。
うゎ、うゎ、どどどど、どないしたん!
そっと、タオルで捕まえようとしたら、前足だけでずるずると
高さ20センチほどのレンガをよじ登り、向こう側へ落ちた。
そう、わずか20センチの高さが登れない状態。
ノラ猫にとって致命的。
しかも、もし事故にあったなら内蔵を損傷してるかもしれない。


そして、家と家の隙間わずか10cmほどの、
どこからも高い塀で覆われている場所で、うずくまってしまった。

前足だけで、下半身をひきずるようにして
奥へ、奥へと逃げていく、きなこ。
もう、どうしようもない。

見えない中、カメラだけをつっこんで、
手探りでフラッシュをたく。
そして、なんとか位置を確認。

画像はかなり明るく修正しているが、実際はこんな暗さ。

カメラのフラッシュも届かない場所まで。。。

唯一、窓があるが、ルーバー式なので見ることもできない。
ルーバーの隙間からカメラを入れ撮影したら

いた!

すると、表にいたあんこちゃんに異変が。
ものすごくうなって、シッポがぼわぼわに膨らんでいる。

そして、中を撮影したら、
知らない大きな猫が、きなこをいじめているではないか!

↑かなりデカい猫さんが、きなこに唸っている。

寒い夜。あの怪我で、この隙間からは出れない。
今夜、ほっといたら、きなこは死ぬかもしれない。
もしも雨など降ったら、確実に死ぬ。

そして、思い切って消防署に電話をしてみた。
何か、情報をもらえるかと思ったからだ。
そしたらなんと、
消防署の人たちが、かけつけてくれた。
しかも、消防車で。
最初5人くらいで、なんやかんやと増えて
最終的には7人くらいになっただろうか。
全員同じカッコなので、よくわからなかったが。

しかし、ただ事ではない人の気配、声に、きなこはますます奥へ。

我が家は、四方八方高い塀に囲まれて、
壁と塀の隙間はわずか10cmちょっと。

うちの窓のルーバーをはずして、何とか棒かなにかで
表へ出そうとするのだが
なんせ、隙間が狭くてよく見えない・・・
しかし、猫ちゃんに関しては素人さんの人たちばかり。
人が怖くて逃げているのに、大勢で大声で喋られるので
脅えてしまって・・・
(でも、助けてくださってるのに責められないし・・・)


そして、きなこはとうとう反対側へ。そこも、隙間が10cmほど。しかも、どこからも入れないのだ。

そして、時間的に、もう皆様戻らなければならないとのこと・・・
火災が起これば急行しなければいけないというのに、
来てくださった事に感謝しなければならないのに、
やはり諦めきれない私。
皆様、ほんとに、ものすごく頑張ってくださった。
でも・・・

ふと、思った。反対側から行けば、すこしスペースのある場所になる。
そこへ追い込まれてきてくれればと。
隣の敷地へ入り、鉄の槍みたいな怖い塀を乗り越えようとする私を見かねて
消防隊員さんが、かわりに登ってくださり、確認したら、もう少しで
こちら側に来そうだと!
追い込み、そしてスペースのある場所へ追い込み、下に下りて
ついに確保してくださった。素手で。(スゴイ)
下半身を引きずっているため、捕まえることができたのではあるが、
咬まれて怪我までされ、ほんとに申し訳なく。。。

消防車が止まり、ご近所のおばさんも息をのんでみてくださっている中、
「確保しましたーーーっ!」という声に歓声があがった。

ブラボー!!!消防隊員!!!

寒い中、部屋着のまま、3時間ほど外にいただろうか。
でも、寒さは感じなかった。そんな余裕はなかったからだ。


キャリーに入れられ、ロープで引き上げられるきなこ。
「ありがとうございます!ありがとうございます!」とお礼を言った。
よかったですねーー!と、喜んでくださり、
どれだけ困難な状況でも
最後まで誰一人として文句ひとつおっしゃらなかった。
そればかりか、自分の事のように一生懸命に・・・

去ってゆく消防士さんたちの姿が、まるで映画のワンシーンのように見えた。



そして、夜間ではあったが、
獣医さんに急患で診ていただき、命には別状がないとのことで、
ひとまずホッとした。
ただ、下半身が麻痺。少しの段差も越えられないほど。
歩かせると、ほふく前進のよう。
レントゲンでは特に内臓や骨には異常はないが、今のところは・・・である。
見た感じはヘルニアを患った子に似た症状だが。
つい今朝までピンピンしていたのに。。。
今日のところは、点滴をし、注射して、検便して
ついでにフロントラインして爪を切ってもらった。

ちなみに、
きなこはオトコだった(笑)
名前、”きなぞう”にしようかな。

明日、詳しい検査をするため獣医さんに行くが、
とにかく今は興奮していて「シャーー!」と怒り、
近づくと「うぅぅぅぅ・・・」と唸る。
ごはんも受けつけないようだ。

CIMG6598


怖い思いをしただろうに・・・
殺されるかと思ったはずだ。
今夜は、とりあえず、暖かいお部屋で
ゆっくり寝かせてあげよう。。。


消防隊員様に、感謝、感謝。
そして、世の中捨てたもんじゃないなと思った1日であった。


にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

騒々しい年末の予感

2007-12-26 | 犬・猫
新しいソファーが気にいったようだ。





あまり楽そうには見えないが、
コーギーはこういう姿勢が好きらしい・・・


そして、隙間に鼻を突っ込むのも、好きなようだ・・・





どう見ても
挟まって苦しいようにしか見えないのだが。





寝顔が天使だ・・・(親バカ)



実は、ぽてちゃんが行方不明。
もう1週間以上、姿を見ない。
写真を見せて聞き歩いたり、ご近所さんに尋ねてみたが、
だれも見てないようだ。


写真を見ると泣けてくる。

悪く考えないようにはしているが、
急に消えてしまったので心配。

どこかで誰かに世話してもらってるのか、
保護されていることを願うばかりだ。。。


こんな思いをするのなら、
いっそ家を借りて保護するべきだったのか。
しかし、経済的にどう考えたって無理だったのであるが。

希望は捨てずに待ってみよう。
ある日、ひょっこり帰ってくるかもしれないし・・・


さらに、あんこちゃんの捕獲失敗という大失態を。
信頼が水の泡となったわけで・・・
自己嫌悪な私であった・・・
反省してるのでどうか責めないで・・・

それ以来
警戒して出て行ってしまったあんこちゃんが
ある日、玄関のスリガラスごしに中を覗いていた。
 笑!
戻ってくれたのねぇ。おかえり。。。


年明けに、あんこ捕獲、再チャレンジは難しいと思うが
頑張ってみようと思う。


そして・・・




胃癌検診に、ひっかかってしまった。
至急、再検査を・・・
って、このせわしないときに!!!


だから、まだ決まってないから!


って、死ぬわけないから!笑。


だいじょーぶよぅ!
みんなを残して、どこへも行かないわよぅ!!
行くもんですか!(オロオロ・・・)←実はちょっと不安

美人薄命ってゆうじゃない!って友人に言うと、
それは20代の人が言うセリフだと(笑)
おぬし、その倍は生きとるがなっ!とな。 うーん・・納得。 
それ以前に、たいして美人でもないし(笑) 


多分、ストレスが原因の
胃潰瘍かなんかよ。
最近、よく痛くなってたのよねぇ。
ぽてちゃんが行方不明になったのが相当堪えたらしい。
でも、胃癌家系だから、念のために検査してこよっと。

そういえば、今かかってる整体の先生が前に、
骨格を見ながら腹部を触診し
「胃、きっと悪いですよ」と言ってた。
スゴイ先生だ。


とにかく、もう年末。
慌しい出来事で落ちつかないのである。

でも、年越しは
ダウンタウンガキ使SPで年越しよぅ!
笑ってはいけないシリーズ、
毎回、腹がよじれるほど笑う。 ププ!


にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加