熟年男の歳時記

趣味のバイク、料理、DIYや旅行記を中心に日々の暮らしと感じた事など気ままに綴って行きます。

やはり自転車旅はキャンプに限ります

2017-06-30 02:34:12 | 海外自転車旅
チェコ・ブルノでのホテルを最後に、一昨日からキャンプ生活を再開。
ポイスドルフのキャンプ場は、環境面で今一でしたが、昨日より滞在しているウィーン郊外のキャンプ場は、静かなことに加え、木陰があってサイトも広々、実に快適です。




キャンプ生活の良さの一つはコミュニケーションが持てる事。
ホテルに泊まっていると、他の宿泊客と会話を交わす機会は皆無ですが、キャンプ場では自転車旅をしている者同士、簡単な会話を交わす機会もあり、一人旅にとっては話をする貴重な機会。

因みに、昨日隣にやって来たフランス人チャリダー3人組と会話を交わし、10日ぶりに短時間ながらも、話す機会を得ました。

因みに今日は、サイクリングがてらウィーン市内へ。

ウイーン市内を流れるドナウ運河沿いの壁はアートの世界。落書きの域をはるかに超えています。


中にはカタカナと思われる作品も。


ペインティングに精出す若者の集団。


こちらでは、限定された場所に限り、壁へのペインティングが認められている様子。
これも芸術の一環ということでしょうか。

何しろ地下鉄の出入り口がこれ。日本では考えられない光景です。


花屋の店頭を飾る色鮮やかな花々。日本より鮮やかな花が目立ちます。


市立公園に建つヨハン・シュトラウス像。
運悪く、丁度中国人の団体がやって来て、入れ代わり立ち代わり像の横に立ってで記念撮影。
こちらが待っていても、全くお構いなし。この写真を撮るまで5~6分待たされました。


12世紀から16世紀にかけて建造された「シュテファン寺院」


財政難で途中までしか建設されなかった北塔は、エレベーターで昇れます。




最後は、美術史博物館でブリューゲルの作品を中心に絵画鑑賞。


建物の内部も見事な装飾が施されていて一見の価値あり。特に階段付近の装飾や天井フレスコ画は見事です。


観たかったブリューゲルの作品の一つ「バベルの塔」


美術史博物館を最後に、小雨の中キャンプ場へ。
今晩は、出来合いのボリュームサラダと手製サンドイッチ、そして久しぶりにワインで晩酌。
こちらはパンの種類が豊富で美味しいので、毎日チーズとハムを挟んでサンドイッチ。塩分量が気になりますが。



『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一路ウィーンへ | トップ | 自転車旅でキャンプのデメリット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。