熟年男の歳時記

趣味のバイク、料理、DIYや旅行記を中心に日々の暮らしと感じた事など気ままに綴って行きます。

漸く天気回復、チロルの風景を堪能しながらラッテンベルクへ

2017-07-17 01:52:40 | 海外自転車旅
雨のため3連泊を余儀なくされたローファーのキャンプ場を発って、今日はラッテンベルクという町近くのキャンプ場にチェックイン。
ローファーからは一部自転車専用路が設けられていたものの、大半の区間は車と並走、路側帯からはみ出さないように緊張を強いられたものの、途中ではチロルならではの風景を堪能することができ、快適なサイクリングでした。











路側帯の幅はせいぜい50㎝程度。


ローファーから約70キロ、ラッテンベルク(Rattenberg)の町に到着。
銀の産出と交易で栄えるも、17世紀には銀鉱の枯渇により町は錆びれたため、その後発展することなく、中世の面影がそのまま残されている町ということで、インスブルックへの中継地がてら立ち寄ることにしました。

旧市街は狭く、数分で通り抜けてしまう通りに面して中世の家屋が連なっている程度。


ガラス工芸が盛んな町で、土産物店には造花や花瓶など珍しいガラス細工の品々が並んでいます。




イン川に架かる橋から望む元修道院を改装したアウグスティーナー博物館。


今晩のキャンプ場は町から山間に2キロほど行った、近くには湖もあるロケーションの良いキャンプ場です。


夕方になると続々とキャンピングカーが訪れ満杯状態。この時期は、静かなキャンプ生活という訳には行きません。


『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日も雨で1日停滞 | トップ | 標高差合計約700mのきつ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。