熟年男の歳時記

趣味のバイク、料理、DIYや旅行記を中心に日々の暮らしと感じた事など気ままに綴って行きます。

ホステルも悪くありません。

2017-07-11 02:11:30 | 海外自転車旅
今晩から3泊するザルツブルク市内のホステル"Muffin Hostel"
ユースホステルと違い、必ずしも学生や若者を主体にした宿ではなく、あくまでも相部屋スタイルのホテルで、中年世代の宿泊客も見受けられます。

とは言え、渡された部屋の鍵(キーホルダー)を見る限り、やはり若者を意識しています。


部屋は、3ベッドルームの相部屋。トイレ・シャワー付き。
後からやって来た同室客は、カナダ人の若者男性2人。1ヶ月の予定でヨーロッパをバス旅行しているとのこと。


規模の大きなホステルで広い裏庭もあって寛げます。
ここにいた学生風の若い女性に、ハローと挨拶されました。嬉しいですね、こんな爺さんに向こうから挨拶してくれるとは。




共用ルームにはパソコンテーブルもあり、ネットも快適に使えて作業が捗ります。


キッチンには、冷蔵庫、電子レンジ、皿など調理に必要な物は殆ど揃っていて自炊可能。


因みに、料金は1泊約4,000円。
ホステルとしてはやや高めですが、町の中心部まで歩いて行けるロケーションと設備内容からしてコスパはまずまず。ベッド数が多くなるにつれ安くなります。

相部屋が気にならないのなら、ホステルも一つの選択肢です。


『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴォルフガングでの予定取り... | トップ | 終日、世界遺産のザルツブル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。