熟年男の歳時記

趣味のバイク、料理、DIYや旅行記を中心に日々の暮らしと感じた事など気ままに綴って行きます。

チェコのキャンプ場は期待薄、一週間先まで宿予約

2017-06-17 00:34:51 | 海外自転車旅
今回の自転車旅の楽しみの一つは、ヨーロッパの快適なキャンプ場で過ごすことにもあるのですが、チェコのキャンプ場に関しては、目的が叶いそうにありません。

日本と同じように、チェコではキャンプ自体が根付いていないのか、それとも民主化されて未だ30年ほどしか経っておらず、キャンプを楽しむ余裕が無いのか、理由は定かではありませんが、チェコのキャンプ場は、日本よりましかも知れないものの、フランスやドイツ、オランダに比べると、環境や設備面で遥かに遅れています。

因みに、今滞在しているプラハのキャンプ場、旧市街から2キロほどとアクセスのいい場所にあり、口コミ評価でも一番のキャンプ場で設備も充実していますが、余りに狭くて他人の家の庭でキャンプしている雰囲気。
家族経営のキャンプ場で、アットホームな雰囲気も悪くありませんが、少々気を使います。

奥は、オーナーの自宅と手前はお子さんの遊び場。


これから先もキャンプの予定でしたが、環境・設備を調べている内に、泊まる気が失せてしまい、結局プラハを出てから1週間先まで宿を予約しました。

後は最後の訪問国、オーストリアに期待です。

因みに、今日はプラハ城を見物。
歴代王の居城で、9世紀半ばに建築が始まり、14世紀になって漸く今の姿が完成したそうで、内部には大聖堂、王宮など多くの建物が建っています。


衛兵の交代式、正午のセレモニーは音楽隊が加わって10分以上続く大々的なもの。


門前に立つターミネーターのような衛兵のおひとり。
顔つきも印象的ですが、がたいが凄い。


中庭に入ると圧倒的な迫力で迫ってくる「聖ヴィート大聖堂」


ムハが手掛けたステンドグラス


約2トンの銀が使用されている「聖ヤン・ネポムツキーの墓碑」
これだけの銀が使われるとは、よほど凄い聖人だったのでしょう。


旧王宮のホールバルコニーから眺めるプラハ市街の景色も綺麗です。


プラハ城の中で一番古い教会「聖イジー教会」


結婚式を終えた新婚さん専用の超ロングリムジン。日本の道路では走行不能です。


プラハ城は、市内の数ある観光スポットでも一番人気のようで、入場まで長蛇の列でした。


『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 余りの人混みと暑さで観光切... | トップ | アライテント・エアライズ1... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (天星人語)
2017-06-17 21:30:08
日本でも、昨日の午後、宇都宮ではひょうが降ったとニュースでした。

さて、プラハ。個人旅行でも行ってみたい都市です。衛兵さんも印象に残っています。
家内からは、かっぱらいが多いと、消極的反応が続いています(笑)。
心配無用です (mountriver01)
2017-06-17 23:21:00
プラハ入りして丸3日経ちますが、当初やや不安に思っていた治安に関しては、取り敢えず今のところ気になることはありません。
ただ、人混みが凄いので出稼ぎスリが紛れていることも十分考えられ、気は抜けません。
とにかく、観光客が多いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。